2016/11/27  22:08

12年目の再読  日記


新刊本を購入しなくなってかれこれ10年になり、主に小説だが図書館を利用している。ただ、ベストセラーになるような作家の小説は、1年は待たなければ順番が回ってこない。

暇潰しのための読書なので新刊にこだわることなく、お気に入りの作家のものや題名に惹かれたものを図書館に予約して取り寄せることにしている。出歩くことができないので時間つぶしには活字を追うことに専念している。

このところは予約している本の順番が遙か先で手も無沙汰であったが、12年前に新刊で読んだ好みの作家の検事小説を手にしたら筋も忘れてしまっているので新鮮味がある。面白さに見せられてシリーズの3冊目を読んでいる。

文庫版は活字が細かくハードカバーを読むようにしているが、視力の衰えもあって長時間になると文字が霞んで見にくなり疲れる。

一度読んだ小説を再読することは、これまでなかったことである。
1

2016/11/22  23:57

第三の容疑者 (小杉健治著)  読書暦

かつての甲子園のヒーローが、老夫婦殺害の容疑で逮捕された…。人びとの哀しい跫に止まらぬ涙! 事件の謎を解き明かす検察小説。検事・沢木正夫、第2弾。『小説推理』連載を単行本化。 2005年5月刊行

再読
0

2016/11/22  20:26

熟睡していたんだぁ  日記


目覚時計の音で、9時に目が覚めた。
早朝の震度3の揺れも気づかないほど熟睡していたようだ。寝たのが3時、小説を読み耽っていた。

眠気が取れないのでいつもだと二度寝するところだが、14時に巣鴨の歯科に予約を入れてあるのでそれは許されない。

出かけるからには無精ひげを剃らねばならない。髭剃りと眠気覚ましに風呂を沸かして入る。早めに
昼食をすませて、予定通り13時に巣鴨へ向かった。
帰宅したのが16時半。

歩いていて腰の痛みが強い。痩せたからコルセットが会わなくなったのかとも思ったが、睡眠不足がその原因かもしれない。よく眠った日は比較的和らいでいるので〜。

0

2016/11/20  19:48

食が細ったなあ〜  日記


今日はいつものブッフェランチ会だ。コミュニティをたち開けて今度の1月9日で満5年、今日の会で49回になる。このランチ会を催して211人の方々と出会うことはなかった。このコミュニティを始めたのは妻を失った一年後だが、ネットでのやりとりとこのランチ会のお陰で傷心からの立直りが早かった。
独居老人の綴る日記は決して楽しい読物ではないだろうが、体調の悪い時の日記では心配してもらったり励まされたりして、孤独感から何度も解放されたことやら〜。

ただ、ランチ会の日の夕餉はいつもにまして侘しい。食事は一人で摂るよりも人と共にが楽しい。「家族」というものの良さを体感するのも食事時かもしれない。

以前はランチ会の日の夕食を食べなくてよいくらいの満腹感を味わったものだが、近頃は一度に食べられなくなったこともあり、今日も18時頃になると空腹を覚えた。炊き残しの飯がない。これから炊飯するのも億劫なので、保管庫に「サトウのご飯」があったので食べることにした。副菜は金曜日にヘルパーに作ってもらったすき焼きをメインにして食した。3日続けての同じ副菜だが、これは毎週のことである。

自炊ができない我身が情けないが自業自得だ。

0

2016/11/18  23:23

公訴取消し (小杉健治著)  日記

商工ローンの社長が殺された。被疑者の自白に検事・沢木正夫は納得できないが…。医療過誤の闇を抉る事件に警察・検事のメンツが絡む。一事不再理の壁、二度のどんでん返し! 2004年5月刊行

再読
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ