2016/12/26  19:56

父と子の旅路 (小杉健治著)  読書暦

君には難問だが、逃げずに立ち向かうんだ」弁護士の浅利祐介は所長の沢田からそう告げられた。その難問とは、祐介の両親を惨殺した死刑囚の再審を担当するという酷いものだった。その死刑囚は唯一生き残った祐介の行く末をことのほか案じていたという。それがなにを意味するのか。驚倒の事実が…。 2003年1月刊行 再読
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ