2017/4/30  9:59

これは参ったぞ  日記



二日続けて眠ることなく朝を迎えた。
小難しい小説を溺読していて寝そびれ夜明かしだ。それでも午前10時に寝床に潜り込んで4時間は眠ったろうか朦朧としていた脳内も晴れやかになった。それから今まで居間に居座っている。

炊飯のタイマーを10時にセットしてあるので、朝はトーストと牛乳で腹拵えとばかりにオーブントースターと電子レンジに電源を入れた。3分経過したが食パンは半焼けで、牛乳は温まっていない。一瞬、恐れていたことが来たか参ったなと覚悟した。

なにしろ我が家の家電機器は20年から30年前の製品である。余命幾ばくもないのでそれまでは故障などして買替を避けたいとかねがね念じていたのだが・・・。

なんだか「パチン」という音が聞こえたので電源ブレーカーが落ちていた。元に戻して、オーブントースターと電子レンジの電源を入れるとやはりブレーカーが落ちる。そこで、電子レンジだけの電源を入れてみるとタールテーブルが正常に稼働し始めた。これは参ったぞと出費を覚悟したがなんとか助かったようである。

眠気覚ましに朝風呂に入りさっぱりして、飯も炊けたようなのでヘルパーが届けてくれた塩鮭で食事にしよう。
1

2017/4/28  23:13

食べ損なった塩鮭  日記



金曜日の調理はローテーションを決めてあるのだが、珍しくローテションを離れて冷凍してあった生姜焼用の豚肉と塩鮭3切れを三日分の夕餉のメインとして調理してもらうつもりであった。たまには変わったものをヘルパーに頼んでみようとのおもいからである。

調理をしていたヘルパーさんが「えらいことしちゃった」謝ったので何事かと思ったら。ガスレンジで焼いた魚を焦がして無残な姿になったという。三切れとも食べられないようなので捨ててもらうこ
とにした。やってしまったことは仕方がないから気にしなくてよいと言ったが・・・。

三日間の夕餉の一品と朝飯のおかずにと思っていたが、当てが外れてチョットばかりガックリした。
0

2017/4/26  18:17

「東京二十三区女」 (長江俊和著)  読書暦

「私が探している場所は、ここではありません」 フリーライターの原田璃々子は、民俗学の講師だった先輩・島野仁と東京二十三区を巡り取材をしている。板橋区を訪れた2人は、自殺の名所、高島平団地に向かうが…。 2016年9月刊行
0

2017/4/19  5:05

眠れぬ夜のブログ  日記



昨日はクリニックに行く予定がないし、ヘルパーの訪問日ではないので買物に行かなくてもよい。
終日、今の定位置に座ってパソコン見たり、小説を読んだりしているだけで疲労が蓄積するのか何もやることがないと怠惰になるのか、10時からほぼ2時間ごとに目が覚めるのだが、炊飯をしないと食事に有つれないのに促されて、床から飛び起きたのが17時10分だった。

18時からのプロ野球のテレビ放送を見終えてからは、小説の続きを読み始め23時半を過ぎたのでいつものように睡眠導入剤と精神安定剤を服用したが、いっこうに眠くならない。この眠剤は2時間しか効用が持たないから3時になって総合感冒薬を服用してみたが眠くならないので、こうしてブログを書いて睡魔を待っている。

今日は11時頃に内科クリニックで診察を受けて処方箋を書いてもらうつもりだが予約しているわけではない。帰りにスーパーに寄って魚でも買って煮付けでも作ってもらおうと考えている。
1

2017/4/16  20:58

果鋭 (黒川博行著)  読書暦

右も左も腐れ狸や-。元刑事の名コンビがマトにかけたのは、パチンコ業界。出玉の遠隔操作、極道顔負けの集金力、警察との癒着…。我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。『函館新聞』等掲載を加筆修正。2017年3月刊行
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ