2017/8/27  14:38

刀傷 (小杉健治著)  読書暦

ある夜、刀傷を負った侍の手術に往診した幻宗と新吾。翌朝、再び屋敷を訪れるが「怪我人などおらぬ」と門番に追い返される。一方、順庵の患家では、内儀と手代が駆け落ちする騒動が持ち上がっていた-。青春時代小説「蘭方医・宇津木新吾シリーズ」第6弾。 2017年8月刊行
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ