2018/5/31  17:23

AX (伊坂幸太郎著)  読書暦

「兜」は一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない恐妻家。引退を考えながらも爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受け…。全5篇を収めた連作集。『小説野性時代』ほか掲載に書き下ろしを加えて単行本化。 2017年7月刊行
1

2018/5/29  22:07

赤ちゃんに大泣きされた  日記


整形外科の3時からの午後診に行く前に図書館に寄り、帰りに4階からエレベータに乗った。ドアの閉まる寸前にベビーカーに赤ちゃんを乗せた若い母親が乗り込んできた。ボクを見つめる赤ちゃんをあやしていたら、泣きだしたが母親に頭を撫でられると泣きやんでまたボクを見つめるので、再びあやしてたら前よりも激しい大声で泣き出した。参ったなあ〜。
多分、人見知りだと思うのだが、そんなにボクの顔が怖かったのかといささかめげた。夢に出なければいいけど・・・。

整形外科には受付開始の15分前に着いたので、外で数人の後に並んだ。杖を持参したので立ちんぼも何とか持ちこたえた。

きょうは8時に起きて洗濯し炊飯して午前を過ごし、午後は2時過ぎから図書館、整形外科、スーパーを一回りして4時半に帰宅して、洗濯ものを取り入れた。

夜の楽しみのプロ野球も贔屓のチームが辛勝して、ご機嫌である。
2

2018/5/29  17:53

烈火の裁き (小杉健治著)  読書暦

材木問屋「飛驒屋」が与力の高坂を抱き込み、源蔵を陥れようと画策。源蔵は植木職人・升吉殺しの下手人として時蔵をお縄にするが、時蔵は升吉が殺された晩、高坂と会っていたと言う。取り違えで源蔵はお役差し止めとなり…。シリーズ「人情同心 神鳴り源蔵 G」2018年4月刊行
1

2018/5/25  16:33

採血をした  日記


きのうは8時には起きていたのだが、パソコンの前に座しても眠くて読みかけの小説を手にする気力が失せていた。おまけに目眩には至らなかったが頭が朦朧として、室内を歩くのも足下が覚束かなくて伝え歩く始末であった。湿気を我慢していたが、夜になってエアコンで除湿したらいくらか良くなった。高い湿度には心身ともに参ってしまう。

一晩寝ると回復するだろう思って朝を迎えたがそれほど状態は変わっていない。出掛けないほうが良いかと思ったが、二週間目の内科診察日なので無理を押して出掛けた。自転車を走らせると気持ちもしゃんとする。

毎年春先に血液検査をするので、トースト1枚を食べて行ったのだが採血をしてもらった。異常があっても精密検査はしないだろうから、気休めだけだ。

このところ、読書、ワイドショー、相撲と野球で退屈しないで一日を過ごすことができる。
3

2018/5/21  18:55

横着になったものだななぁ〜  日記


日常使用する調味料や雑貨は定番として予備を保存している。雑貨類のほとんどは得意の通信販売を利用しているが、調味料はスーパーで購入するようにしている。

以前は小忠実に調味料の残量をチェックしていたが加齢とともに大雑把になり、今日はヘルパーに「ほんだし」と「つゆの素」がなくなったことを告げられた。予備の品は置いていなかった。

こうして、横着になり忘れっぽくなって、とどのつまりはどうでもいいやと投げやりになるのだろうか? 嫌だイヤだ。

今のところ、蛆はわいていないが・・・。



2

2018/5/20  22:49

半パン半袖じゃあ寒くて〜  日記


最高気温が続いた週初めに部屋着を半パン半袖にし、気温が下がってもそのまま過ごしていたがいかんせん肌寒くて長ズボン長袖に着替えた。湿度も低くなって、今日は扇風機の出番もなかった。
気温の高低のない日が待たれる。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ