2018/10/30  22:06

出たり入ったりの一日  日記


7時前に起きた。
洗濯日和なので起き抜けに洗濯機を回し、その間に風呂に入った。
10時に炊き上がるように炊飯器をセットして、外出の用意をする。

9時20分になって、今日が受取期限の予約本を図書館に受取に出掛け、通り道の郵便局で所用済ました。帰路、スーパーに寄って調味料などの補充の品を求めた。

昼食を済ませて、持ちきれなかった米を購入しに再びスーパーに出掛け、帰りに花店でいつものように百合とミニ観葉植物を買って帰った。

15時になったので、整形外科に診察に出掛け、調剤薬局で処方薬を貰って帰ってきた。16時30分を過ぎていた。

夜は、日本シリーズのテレビ観戦で落ち着けたが、出たり入ったりの忙しない一日であった。
購入したミニ観葉植物
クリックすると元のサイズで表示します


2

2018/10/30  12:26

辻斬り始末 (小杉健治著)  読書暦

田宮流抜刀術の達人で三味線の名手・矢内栄次郎は、湯島で辻斬りに遭遇した。一方、御徒目付の兄・栄之進から、旗本屋敷での謎の女中失踪事件の探索を依頼されるが、栄次郎にはふたつの事件がひとつの形にみえはじめ…。シリーズ「 栄次郎江戸暦 S」 2018年10月刊行
2

2018/10/20  1:30

怠惰な毎日が倖せだ  日記

ここ半月ほどブログの更新がおろそかになっているが、ともかく正午前後に起きる習慣がついてしまい、読書と野球観戦で一日がすぎてしまうので更新どころではなかった。吉田修一の小説「国宝」上下巻は引き込まれてしまった。

過去のブログを読んでみると、この季節は体の怠い日の記述があったがことしもその例に漏れない。
用心のために医師の処方した感冒薬を服用している。動きが鈍くなるのは体調が思わしくないのではなく老いのしんこうであろう。
1

2018/10/14  16:42

宴の前 (堂場瞬一著)  読書暦

4期連続で当選し、今期限りでの引退を決めた現職県知事の後継者が選挙告示前に急死。後継候補を巡る争いに、突然名乗りを上げたオリンピックメダリスト、地元フィクサーや知事のスキャンダルを追う記者の思惑が交錯し…。 2018年9月刊行
0

2018/10/12  12:55

暗闇のふたり (小杉健治著)  読書暦

紙問屋の若旦那、春太郎が何者かにかどわかされた。「身代金一千両」の文が届いたものの、金を払うこともなく、春太郎は無事に戻ってきた。続けて起こった足袋問屋を狙ったかどわかしでは、若旦那が亡骸となって見つかり…。 シリーズ「人情同心 神鳴り源蔵 H」 2018年9月刊行
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ