2019/8/12  9:41

おとっつあん (小杉健治著)  読書暦

父からの手紙』の著者が、親と子に通う情を描き出す時代小説新シリーズ「八丁堀赤鬼忠孝譚」!

因縁をつけられて父親を無為に殺された高井伊八郎は、加護藩からひとり、江戸に仇討ちに出てきていた。憎き仇の名は、竜崎又右衛門。長らく仇を見つけられぬまま、行き倒れた伊八郎が助けられ意識を取り戻すと、そこは多くの恵まれない生い立ちの子どもを引き取って育てている、忠孝園という施設だった。そして、忠孝園を運営する有徳の士・祐源は、話に聞いていた父の敵、又右衛門と面影がそっくりだった――果たして、祐源の正体は善人の面をかぶった極悪人なのか? 自分が祐源を斬ったら、遺された子どもたちはどうなる??様々な黒い噂も耳に入り、伊八郎は真実を突き止めるべく、祐源に近づこうとするのだが――

さまざまな人生模様が交差する人情時代ミステリ!  2019年7月刊行
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ