2019/5/30  23:15

親父の十手を受けついで (小杉健治著)  読書暦

辰吉は、十手持ちだった父・辰五郎と折り合いが悪く、家を飛び出していた。
忠次親分や妹の凜に心配されながら、仲直りを拒み続けて数年が過ぎていた。が、賭場での揉め事が原因で、人殺しの嫌疑をかけられてしまう。
一方、引退していた辰五郎に、ある大店の跡継ぎが入れ込む楊枝屋の女について調べてほしいとの依頼が舞い込む。父と息子の事件はやがて絡み合って、二人は思わぬ敵と対峙するのだが……。 親子の絆と人情を描いた傑作時代小説シリーズ 「親子十手捕物帳」 の開幕! 2019年5月刊行
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ