2017/4/9

濃いピンクのサクラ2  造園

全国都市緑化フェアは,今年横浜で行われています.

港周辺〜山手のガーデンネックレスエリア,ズーラシアの近くの里山ガーデンが会場になっていて,先週,一部見学に行ってきました.

6月上旬までやっているので,残りのまだ見ていないところは後日行こうと思っています.

ガーデンの様子は後で紹介したいと思うのですが,先日,濃いピンクの桜について書いたので,桜つながりのこと,書こうと思います.

これは,「ヨコハマヒザクラ」寒緋桜が交配親のサクラは,濃いピンクのかわいい花を咲かせるようですが,「横浜」とつくのは初めて知りました.


クリックすると元のサイズで表示します


寒緋桜と兼六園熊谷の交配で,下向きに咲く濃いピンクのカンヒザクラと,ボリュームがあり,縁がピンクがかったヤマザクラ系統のケンロクエンクマガイのそれぞれの特徴を受け継いだようです.

作出は1972年頃,品種登録は1985年,横浜市港北区の白井さんによるもので,実はあちこちで毎年見かけていた濃いピンクのサクラはこれだったのか?と,思いました.

そして,

クリックすると元のサイズで表示します


「ミヤビ(プリンセスミヤビ)」
大島系ヤマザクラと寒緋桜との自然交配のようです.

埼玉県さいたま市大崎で発見された品種で,皇太子妃雅子様のご成婚記念に名付けられたそうです.


「陽光」も植えられていました.

クリックすると元のサイズで表示します


10日ほど前に埼玉で見かけた濃いピンクのサクラ,「陽光」かな・・・と思ったのですが,やはり「陽光」で合っていそう・・・,と思いました.

クリックすると元のサイズで表示します


1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ