2018/3/22

コンビネーション  鎌倉

花壇では植栽して大きくなった植物と,もともとそこにいた「雑草」と呼ばれることが多い植物たちとのコラボレーションが見られるようになりました.

植えたものが大きく育って花芽をつけている,ということは雑草たちも生命の輝く瞬間を謳歌している,ということですよね.

冬の間にすっかりその存在を忘れるところでした・・・・´Д`汗



ホトケノザ,こんもり繁ってクリスマスローズやチューリップたちと競演しています.

クリックすると元のサイズで表示します


ビオラの間からひょっこり顔を出していたツクシ.

クリックすると元のサイズで表示します


質素でよく見ないと見過ごしてしまいそうです.
でも,ツクシはツクシの役割を果たし,雑草たちは自分の名前を人に知られていなくても関係なく,次の世代に淡々と命をつないでいく営みを見せてくれます.


毎年そのことを思い,命の流れを意識するのが春です.



鎌倉のお庭にはシラユキゲシが雑草なみに繁殖しています.

時々本当に雑草扱いされて間引かれるほど蔓延っていますが,この清楚な花は人を惹きつけてやみません.

クリックすると元のサイズで表示します


あんまり丈夫なので,人の都合でちょっぴり邪険に扱ってしまうことも.

反省,反省.


1
タグ: 古我邸



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ