2019/7/12

ミショウキシア・カンパニュロイデス  植物

先月末に園芸店で初めての植物に出会いました.

10pはありそうな大輪の白い花.

ホタルブクロを想起する姿なのですが,花びらが思い切り反り返って,花芯が飛び出して何となく昆虫の口を思い出すようなグロテスクさも併せ持つ,とても個性的な花でした.

クリックすると元のサイズで表示します


花びらを取り除いた姿を考えると,古典的な火星人にも見えてきます・・・宇宙人

学名:Michauxia campanuroides

キキョウ科

原種の原産地:イスラエル,トルコなど

花期:初夏〜秋

性質:多湿に弱いので,日本では短命な多年草扱い.耐寒性には優れる.

クリックすると元のサイズで表示します

地植えにすると大株になり,たくさんの花が咲くようです.

クリックすると元のサイズで表示します

ツボミはホタルブクロにそっくりです.花びらの裏にあたる部分もよく見ると毛に覆われています.

クリックすると元のサイズで表示します

後ろ姿.なかなか粗い毛で被われていることが,よくわかります.

実際,庭に植えてみたいかというと,う〜ん・・・・と,何故かちょっとためらいと苦笑いが浮かんでしまったのでした宇宙人


2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ