2011/6/28

キャスケード  フラワーアレンジメント

日曜日はローラン先生のフラワー教室でした.

久しぶりにブーケ・キャスケード,滝の流れのようなウェディングブーケを作りました.

基本は何でもスパイラル.

これは何となく出来ているようなのですが,最近スランプで,美しく出来た〜と思えることがありません

3年も習っているのに表現出来ないなんて,情けないやら,悔しいやら・・・

先生のデモはいつも簡単そうで完璧なフォルム.

クリックすると元のサイズで表示します


花が下に向かって連続して流れていきます.

クリックすると元のサイズで表示します


教室で作ったやまめの作品.

手元は丸く,流れは1つの緑の流れになるように.

それが目標だったのですが,手元はいびつに,流れは二つに・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ローラン先生に,

「ゼヒ,イエデユックリジカンカケテ,ヤリナオシテクダサイ.ソシテ,ワタシニ,ツギシャシンミセテクダサイ.マッテマス

と言われ,何故こんなに出来ないのか悲しい気持ちになりました.

ローラン先生曰く,スパイラルは出来ている,けど,大きくて全体がよく見えにくい花束なので,バランスよく全体を見ることが出来ず,どうしても部分的に集中してしまいがちだからアンバランスになる,ということでした.

家に帰って夜10時過ぎ,全部バラしてやり直しました.

手の温度でシナッとなってしまった葉物や何故か折れてしまったバラもあり,果たしてどうなるのか自信がありませんが,


クリックすると元のサイズで表示します


ちょっと首を左に曲げて見てくださいまし・・・


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


教室で作ったときよりもダランとせずに,いい角度でキャスケードになったとは思いますが,もう少し花のキャスケードにしたかった・・・・

でも,やり直す時って最初からやるよりずっと効率的で素早く出来るものですね.

やはり何事も練習と研究あるのみなんですね.
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ