2016/2/7

縁起もの  

ワンダーデコールで,2016年のイヤープレートを買いました.

クリックすると元のサイズで表示します


イギリス感覚なので,ちょっとコワイくらいリアルさが追求されています


でも,カエルは日本でも縁起の良い生き物と考えられていますよね.

カエルグッズをお財布に入れたり,旅や病気のお守りなど・・・

「無事カエル」とか,「お金カエル」,「若ガエル?」etc・・・



昨年初夏,鎌倉の古我邸でメンテナンスしているときもカエルをたくさん見たので,何だか縁が深まったような気がしました.

小さな庭の入口に飾りました.

「自分にカエル空間の守りガエル」ですカエル

2

2016/2/1

ウメ春気分  

梅春とは,ファッション業界用語のようですが,本格的な冬ものを過ぎ,春到来と言うにはまだ寒い時期に出回るちょっと厚手の生地で色は春物の洋服達のこと.

今のやまめの気分もちょうど梅春といった感じです.

先月末で5年7ヶ月間お世話になったアルバイト先を退職し,今週からしばらくの間フリーで庭の冬仕事に精を出す予定です.

アルバイト先は「解散」という経験したことのない事態に陥って,当初は精神的にかなりきつい状態でしたが,終息に向けて作業していく中で何とか折り合いをつけていく事になりました.

「とんでもない!」と思うことも多々あり,自分は何も出来ず,理不尽な出来事に翻弄されているような腹立たしい気持ちも残っていますが,人の出会いに恵まれ,園芸の世界をより深く知ることが出来,結果,自分の引き出しは増やすことが出来た気がします.


この5年と7ヶ月の間に・・・

夢や情熱を持って頑張っている人をたくさん見てきたので,いつも背中を押されて励まされているような気がしたものです.



出会った人や経験に感謝しつつ・・・・,次!

前を向いてどんどん進みます.

今度は自分が,持っている力を発揮できるように頑張る番です.

昨年は全く手に取る気になれなかった,スケジュール帳を買いました.

どんな一年になるのかな・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり暖冬なのか,早めに咲きそうなバイカオウレン.

クリックすると元のサイズで表示します

3年目のジギタリスの葉を縫って,顔を出してきた素敵色のビオラハート
4

2015/12/24

ホッと一息  

あと数日で2015年が終わってしまうということが,実感として迫ってくる今日この頃・・・

大掃除,適度・・・適当・・・?

年賀状,まだまだ・・・・

他に何しなきゃいけなかったかな・・・


このまま2016年を迎える準備ができるのか・・・不安



でも,それはさておき,

とりあえずクリスマスっぽい雰囲気を味わおうと,シュシュのクリスマスケーキ,予約しておきましたバースデーサンタ

クリックすると元のサイズで表示します


二人でぺろりと食べられるのは,やっぱりこのお店のケーキだけかも

甘すぎず,ずっとおいしいと感じながら完食.

ろうそくの炎も癒し効果抜群です.

1

2015/12/17

絵本の世界へ  

少し前に,映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」を見に行きました.

何か,癒されたかったんだと思います



昔から,サン=テグジュペリの挿絵は大好きです.

原作の水彩の繊細なイメージを大切にするため,和紙で出来たパペット人形を作ってストップアニメーション手法の映像で表現されています.

その人形や背景もやわらかな色彩の水彩絵の具が用いられました.

そんな世界に浸りきって,映画を見終わった後は,絵本を読んでいたような気持ちになりました.


映画はマーク・オズボーン監督が本当に原作を大切に思って,世界観を壊さないようにストーリーや表現方法に心を砕いたのが伝わってきました.

3Gとストップアニメーションの対比から,本の物語と現実の世界がつながっていくのですが,映画の中で女の子が物語に夢中になっていくのを見て,やっぱりもう一度,原作読もう・・・と思いました.


現在,横浜高島屋で,監督公認の「リトルプリンス 星の王子さまと私」展が開催されています(24日まで).

映画制作の前に入念に考えられたキャラクターイメージや絵コンテ,原作の世界観を表現するために選び抜かれた色の世界,実際に使用したパペット人形やメイキングなど,盛りだくさんな展示でした

ものすごくたくさんのアーティスト達が関わっているのですが,ストップアニメーションなどは,16分の作品に15ヶ月費やしたそうです.

クリックすると元のサイズで表示します


展示物は映画製作スタッフがこだわり抜いただけあって,見応えがあるものばかりでした.

手作りの情熱が伝わってくるものは,どの分野でも見ているだけで楽しいですね.

ところで会場には小さめのバオバブの木が展示してありました.

クリックすると元のサイズで表示します


こんな木が星一面に生えたら,たしかにあまりうれしくないかも・・・

2

2015/12/12

不安な一日  

昨日は12月とは思えない暑さでしたね

あるアンビリーバボーな出来事に見舞われて,昼から夕方まで温室のような室内でひたすら不安な気持ちを抱えつつ待つ・・・という体験をしていました.

暑くて頭がボーッとして気持ち悪くなりそうでした〜

夕方の空は,そんな気持ちにピッタリの怪しい景色でした.

クリックすると元のサイズで表示します



0

2015/12/6

久々の参加  

先日,日本ランドスケープフォーラムのイベント,第47回JLF風景探偵団「神楽坂の階段のある二つの風景を巡る」に参加してきました.

やまめは見てませんでしたが,何年か前のフジテレビ系ドラマで「拝啓,父上様」の舞台になった裏路地などを,ゆっくり時間をかけて自由にブラブラする・・・・という,あいかわらず緩くてほんわかする会なのでした.

久々にお会いする人たちと,とりとめもない会話をしたり,空をぼーーーっと見たり,路地の料亭の坪庭を覗いたり,ヨーロッパの石畳のような狭い道で映画のセットの中にいるような気持ちになったり・・・

短い時間でしたが,リフレッシュ出来ました.

神楽坂と言えば,毎年仕事で来ていたのに,会場と駅の往復しかしなかったものですから・・・
その思い出を払拭して,良い思い出に換えてしまいたい気持ちがどこかにあったかも.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

石畳の道って,歩いていて楽しい.

狭くて先が見通せなくて,塀で囲まれていたりすると,ついつい視線が上へ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

夕日に輝くちぎれ雲が流れていきました.

クリックすると元のサイズで表示します

どんづまりの個人のお宅に続く階段には,サルビアの門冠り仕立て.

クリックすると元のサイズで表示します
このお店の看板?は,木にぶら下がっているように見えるね・・・なんて言っていたら,木も含めてアートでした.

今度,入ってみたいなぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します
先のドラマの中で,黒木メイサがリンゴをころころ落として,二の宮くんが拾ってあげる・・・というシーンをここで撮影したそうです.
もう,この構図そのものが舞台セットみたいですよね.

寒い日で寸胴に炊き出しを作って振る舞ったという料亭のおじいさんとの立ち話も楽しいオプションでした.

ほんの少しだけ,神楽坂をかいま見て,その土地の空気感を感じ,さほど寒くもない微風の中をゆったり歩いたりのんびり会話して,なぜかとても満ち足りた気分になったのでしたハート





1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ