2015/2/22

園芸シーズン突入  イベント

今日は東京ドームで開催されていた世界ラン展2015と,池袋サンシャインシティで開催されていたクリスマスローズ展が最終日でした.

これから数多くのイベントが開催され,園芸大好きな人たちと接することも多くなります.

知らないうちにそんな人たちや丹誠込められた植物たちからエネルギーをもらっているのかな〜と,思います.
まだまだ自分が出来ることがたくさんあるんじゃないかと.

ラン展には18日に行ってきました.

今年の日本大賞は神奈川県座間市座間洋ランセンターの加藤さんでした.

デンドロビューム スミリエ ‘スプリット オブ ザマ’

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


2011年に落雷によってハウスが損壊し,主力の株を失い廃業を考えたほどの事があったにもかかわらず,周囲の人たちの支えと2012年のラン展で出会ったこのランによってもう一度挑戦する気持ちを奮い立たせることが出来たのだそうです.(読売新聞)

復活への情熱がこもった作品なんですね.

他のコンテスト作品も1鉢の部門から大型のディスプレイ部門まで,相変わらずランに対する熱い想いがあふれていました.

ゴージャスな顔ぶれにはお腹いっぱいな気がしてきましたが,中にはこれもラン?と思ってしまう奇抜なものや地味すぎるものもあり,その奥深さには興味が尽きません.

今回は日本初公開のランの妖精「オルキス」がもう一つの目玉.

クリックすると元のサイズで表示します


よく見ると妖精?がたくさんぶらさがっているような花.ちょっとコワイのもランらしいです.


クリックすると元のサイズで表示します

タコににたもの

クリックすると元のサイズで表示します

チョウチョににたもの

クリックすると元のサイズで表示します

ミノムシににているもの

クリックすると元のサイズで表示します
魚が腐ったような悪臭がするもの

クリックすると元のサイズで表示します

何かが鎌首をもたげているようにみえるもの

クリックすると元のサイズで表示します

もう,どうやって花がついているの?といってしまうもの・・・・

植物なのに昆虫や動物的なイメージを投影してしまったり,装飾的な,人工物のような質感を感じたりする,不思議なラン.

きれいな花もたくさんあるのに,最後は「不思議・・・」と感じる方に興味が向いてしまうのでした.

1

2014/11/13

庭の悩み  イベント

今日は花七穂でお茶を飲みながらお庭の悩みについてアドバイスをする・・・という初の試みをやってみました.

日常のわが家の庭の悩みを忙しい生活の中で少しでも解決して,素敵な時間を持ちたい!と考えている人はきっとたくさんいるのでしょうね.

終わってみれば2時間ずっとしゃべり続け,頬のあたりが筋肉痛になりました.

知らないうちに緊張していたのでしょう・・・

今までにこんなに続けてしゃべったことなどなかったかも知れません.

でも,終わってみれば楽しい時間でした.またやってみたいなぁ.

悩みは尽きないものの,これから庭好き,植物好きの人が増えていってくれるかも知れません*^_^*

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
10日前に創った寄せ植えたち,落ち着いたようで,少し大きくなったりもしてそうでした.バスケットの寄せ植えは,上から見るとリースのようです.



2
タグ: 花七穂

2014/11/9

懐かしい時間  イベント

母校の学園祭に行ってきました.

バスから手作りのアーチが見え,歩いていくと宿根草の見事なフロントガーデンが出迎えてくれました.

クリックすると元のサイズで表示します
伝統のアーチは,本職の看板職人が造ったのかと思うくらいのクオリティ.

クリックすると元のサイズで表示します
グラスとサルビアとパンパスグラス・・・大型のものを大きく使えるって気持ちがいいなと思いました

クリックすると元のサイズで表示します
授業で樹木医のO先生が治療したサザンカ,すっかり元気に復活!

クリックすると元のサイズで表示します
あの,日本橋花壇デザインショーで優秀賞になった作品の模型も飾ってありました.

クリックすると元のサイズで表示します
今年はコンテストや図面の発表ではなく,お客さん参加型のワークショップをやっていました.例年より人出が多く大盛況だったので良かった,良かった*^_^*


やまめが学校に通っていた頃とは,色々変わっている事も多く,その変化が羨ましくもありますが,当時と全く変わらない恩師や先輩,後輩に出会えて,懐かしい気分に包まれました.

一言ずつでも,挨拶だけでも・・・と言葉を交わしている内に,大幅に予定時間をオーバーしてしまいました.

学校自体が元気なことが確認できて,うれしい気持ちにもなり,疲れも飛んで,自由が丘の園芸店に移動.


2時をまわってしまったので,まず腹ごしらえ.

クリックすると元のサイズで表示します
サーモンとスクランブルエッグのパイ,good

クリックすると元のサイズで表示します
メインの目的地,ブリキのジョーロに行ってきました

3

2014/10/27

日比谷ガーデニングショー  イベント

日比谷のガーデニングショーのコンテナガーデン部門でいくつか素敵だなと思った作品,というか植物の組み合わせを紹介します.


クリックすると元のサイズで表示します

手作りの器に,赤,黄,緑の3色がテーマカラー.

寄せ植えですが,コンテナガーデンの名のとおり,ガーデンという景色を創っています.

画像をアップで見ると,活け花のように計算された枝使いを伺うことが出来るのですが,何がどのように植えられるとこのようになるのか,複雑に組み合わされて一つにまとまった世界になっています.

コンテナガーデン,奥が深いです・・・


クリックすると元のサイズで表示します


こちらも形と色で魅せる作品で,花ではなく葉が主役なんですね.

ライムグリーンのジャスミンと,様々な表情を持つコリウス,暗めの葉の上で自由に出ている銀葉が明るさを添えています.

葉の組み合わせだけでここまで表現出来るんだ・・・もっと勉強しなければ

クリックすると元のサイズで表示します


こちらの明るいコリウス,9月頃寄せ植えにしてみようかと思って,手に取ったものの,何と組み合わせたらいいのかわからなくて諦めたヤツです.

なるほど〜

今度参考にしたいと思います.

クリックすると元のサイズで表示します


こちらは,このようなガーデンショーの華やかさからいうと異質なのかも知れませんね.

盆栽のようなシンプルなコンテナガーデン.樹木だけでの潔さ.印象に残りました.

クリックすると元のサイズで表示します


華やかという意味で印象に残ったのは,赤と金属的な鉛色.でも,よくよく見ると,野菜がたくさん使われていて,キッチンガーデンっぽくなっているのでした.
野菜を自在に扱えると,コンテナの応用力が高まりそうです

クリックすると元のサイズで表示します


もう一つはアイデアとストーリー性.これはもう,オブジェです.

小学校の帰りに寄り道した,あの広場,空き地,秘密基地・・・そして,学校の花壇.

そんな場所に生えているかのような寄せ植えですね.

人それぞれの感性に触れることが出来て,今回は得るものが多かったなと思います.

やはり上級者の作品というのは,単純に「寄せ」て「植える」だけでなく,その個体の魅力を最大限に生かしているものだなぁと,つくづく感心してしまいました.

2

2014/10/26

日本橋花壇  イベント

先週見てきた日本橋のはな街道花壇デザインショウの作品の数々.

せっかくなので,母校の作品以外のものも少し紹介したいと思います.

クリックすると元のサイズで表示します


こちらの作品,真ん中に細い流れと小さな池のようなものが造られています.なんと横にはソーラーパワーによって自家発電するポンプが仕掛けられているようでした

クリックすると元のサイズで表示します


なるほどー.実際,水がちゃんと,いい感じで流れていました.

この大通りで花壇を造って,展示期間1ヶ月・・・というと,現実的な悩みとしては,期間中の水やりをどうするのか,ということですが,こんな装置で水やりすることも考えられるんだ・・・と,思いました.

実際,花が枯れこんでしまっている作品も出ていて,水やりの苦労が忍ばれます´_`



この前も書いたのですが,花壇作品の間隔があまりにも空いているので,その間に三越本店屋上にある「チェルシーガーデン」を見学に

クリックすると元のサイズで表示します


初めて行ったのですが,考えていたよりずっと広かったのと,山野草やグッズ類も充実していたことに満足.またゆっくり来たいなぁと思いました.

ちなみに,ここで鉢の中から根詰まりした植物を出すための道具を衝動買いしました


さて,また花壇見学の続きです.

色々制限のある区画に工夫を凝らした作品が展示されていたわけですが,やまめがいいなと思ったのは,この,里山風の花壇です.

クリックすると元のサイズで表示します


野菜と秋の風景を表現する草花を上手に組み合わせて,農家の庭のような自然な雰囲気が,都会の真ん中にある不思議.でも,こんなホッとする風景が逆に新鮮に感じるのかも知れませんね.

クリックすると元のサイズで表示します


野菜は,深く知れば知るほど,味だけでなく形状,色の魅力にはまりそうな気がします.

クリックすると元のサイズで表示します




そして,また寄り道.

パソナの壁面緑化です.秋に見るのは初めて.

クリックすると元のサイズで表示します


いい感じにわさわさと緑が繁っていました.

赤い実はピラカンサかな・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ハナセンナ(カッシア)の黄色が目立っていました.
こういう環境に耐えられるんですね・・・

クリックすると元のサイズで表示します


バラの季節に来たことなかったので.やっとバラを見ることが出来ましたハート

クリックすると元のサイズで表示します


京橋付近で,TOKY SQUARE GARDENというビルの緑化が素晴らしかったので,ついでに紹介します.

クリックすると元のサイズで表示します


こまごまと何か工夫することがどうなのか・・・と,思わず疑問を感じてしまう,宿根草たちの迫力.
どうせ花壇を造るなら,短期間のショウではなく,長い時間かけて緑のボリュームを育てるのが街の緑化としては理想的なのでしょうね・・・

クリックすると元のサイズで表示します


樹木の足元には,蛇篭のような植えマスで,ミニミニ壁面緑化みたいな構造の緑.

クリックすると元のサイズで表示します


立体的でアートな空間になっていると思います.

2

2014/10/23

日本橋と日比谷  イベント

ひどい鼻風邪になり,2日間家でおとなしくしていました・・・風邪
やっと今日の夜になって,何かをする気力が戻ってきたようです.


今週の月曜日,日本橋で開催中のはな街道10周年記念イベント花壇デザインショウと,日比谷公園で行われている第12回日比谷公園ガーデニングショー2014の見学に行ってきました.

今年は両方のイベントで,母校の後輩たちが賞をいただきましたクラッカー

日本橋の方は「優秀賞」,日比谷はライフスタイルガーデン部門で最高の「東京都知事賞」です.

やまめは新しく出来たCOREDO室町を見に行っただけで,日本橋の街を歩くこと自体,初めての経験でした.
はな街道のHPからは新日本橋から京橋駅までの2kmの間をに,47作品から選出された15作品が展示されていることがわかりました.

母校の作品は,三越前駅から近いYUITOの目の前だと聞いていたので,そちらから京橋に向かって歩いていくことにしました.

これが,母校の作品「風詩花伝〜江戸・市松・秋の風〜」です.

クリックすると元のサイズで表示します

1m*5mなので,なかなかうまくカメラに収まりません・・・

クリックすると元のサイズで表示します

日本橋という土地を意識して江戸から続く文化の象徴に市松模様を取り入れ,文化が生まれ,花開いて自然と共存する様を絵巻物のように表現したそうです.

クリックすると元のサイズで表示します

学生たちが一生懸命制作したことが伝わってくる作品です.
細かいところまでこだわっているなぁ・・・
そして,とても丁寧に美しく作り込んでいると思いました.

とても忙しい学生生活の中で,2つのガーデンショウに挑戦でき,結果を出せたことは,きっとかけがえのない思い出になるに違いないですね.


作品はよかったのですが,日本橋の花壇デザインショウ,もうちょっと・・・・と思ったこといくつか.

日本橋の花壇デザインショウは初めてでしたが,(ひょっとして10周年記念となっているので来年はやらないのかも知れません),平日だったせいもあるのかもしれませんが,何か特別なイベントをやっているというPR感が全くないのに驚きました.

パンフレットも日本橋ほぼ初めてのやまめにはどこでもらえるのかわかりませんでしたし.

歩道を歩いている人たちが,注目するにはあまりにも花壇と花壇の間が離れすぎているし・・・・2kmを左右の歩道で15だと,片方は7つの花壇しかないので・・・

むしろデザインショウの花壇より,街並み緑化のマリーゴールドの花壇がものすごく存在感を発揮していました.

高さ制限があって細長いので,遠くから見るとマリーゴールドにかくれてしまっていることもしばしば.

デザイン花壇を1区画にもっと集中した方が盛り上がりそうだな・・・と個人的に思いました.

クリックすると元のサイズで表示します

建築物の存在感が大きく,道路が広いので余計にひとつひとつが遠い・・・



続いて日比谷に移動.

雨がポツポツ降ってくる中,急ぎ足で廻りました.

母校の作品.ライフスタイルガーデン部門「秋日のまどろみ」

クリックすると元のサイズで表示します

ことらは日本橋の作品とは違って,やわらかい優しい風が感じられますね.
黒のフレームの作り込みと角度が効いています.

クリックすると元のサイズで表示します

ふわふわ・・・さわさわ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

秋色でしっとり落ち着いた植栽ですが,ダリアの華やかさが大人っぽい雰囲気を創っていると思います.


今回のガーデンショウは,結構驚く作品もありました.

発想がすごいものも.

他にどんな作品が気になったか,次に紹介したいと思います.



2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ