2013/10/31

日比谷ガーデニングショー  イベント

今日,日比谷公園ガーデニングショー2013は最終日でした.

その一週間前から開催された丸の内ガーデニングショーは,設営も台風の影響を受けて大変だった上に,次の台風の接近によって予定会期を一週間早めて24日に撤収という事態となり,作品を設営した方々には,本当にお気の毒でした.
きっと夏くらいから色々と準備を進めてきたことと思います.苦労や悔しさなどひとしおの思いがあったことでしょう・・・

さて,日比谷の方も設営時に台風の影響は大変心配されたと思いますが,幸い結構逸れてくれたので,せっかくの作品がボロボロにならずにすんで,本当に良かったと思いました.

やまめは開催3日目の日曜日に見てきたのですが,知っている方々の作品もたくさん出ているので,楽しく見学してきました.

気になった作品を紹介したいと思います.

まず,ライフスタイルガーデン部門で東京都知事賞を取った作品.

クリックすると元のサイズで表示します
a part of life(せいかつのいちぶ)  Karon art garden

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


細部に至る工夫,雰囲気,小物・植物の使い方全部,好きです.




次はガーデン部門.

クリックすると元のサイズで表示します

東京都知事賞 “楽縁” 積水ハウスグループ/積和建設東東京梶E積和建設神奈川

さすが,住宅メーカー,資材も重厚感あふれていました.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

金賞 integrate,cointegrate 〜つながりあう〜 株式会社 柳島寿々喜園

裏と表のテイストの違う庭の対比が面白く,よくまとまっているなぁ〜.
植物の使い方も上手でした.

クリックすると元のサイズで表示します

銀賞 THIXOTROPY (有)季織苑 

以前お仕事を一緒にさせていただいた造園会社さんなので,一瞬とても懐かしい気持ちになりました.

コンテナガーデン部門 

クリックすると元のサイズで表示します

静寂 柳澤三千子さん
コンテナもハンギングも,たくさんの方達が可能性を求めて創意工夫しているので,そこが見所のひとつですね.
1
タグ: 日比谷公園

2013/10/27

気になった植物たち  イベント

もう半月以上前の事になりましたが,幕張メッセで開かれたガーデンEXPOに行ってきました.

最新のトレンドや情報を知るというのが大きな目的ですが,これからの自分に関わるかも知れないことも,関わらないかも知れないことも,業界の中に何があるのか,アンテナを張っておくことが大切です.

なので,あわせて開催されていたフラワー関連,エクステリア関連,農資材関連のEXPOも,頑張って全部のブースを見てきました.

ところどころのブースではちょっと突っ込んだお話をしたりして,現在自分が欲しい情報をゲットできて大満足.


でも,単純にディスプレイや新品種の植物たちを見るのは楽しかったので,今日はそれを紹介したいと思います.

クリックすると元のサイズで表示します

オーストラリア原産の植物や,こんな感じのオリーブの古木とかを扱っている会社のブース.

日本ではなかなかここまでのオリーブは見ませんが,イタリアとかで古木になってまな板にしているような木はこんな感じの幹になっているんでしょうね・・・

クリックすると元のサイズで表示します

会場では花以外に目立っていたトマト関連のブース.
その中の一つ,大きな金魚鉢型(巨大ワイングラス型?)の容器からきれいなお姉さんが色々な種類のプチトマトをすくって試食させてくれました.お姉さんの髪にもブースにもプチトマトのアレンジが沢山してあって,ディスプレイにも力を入れていたブースでした.

クリックすると元のサイズで表示します

インドネシアの植物紹介ブース.
よく日本でも見かけける,竹を組み合わせた置物なども展示.

花なのか,萼なのか,よくわからない珍しい植物たち.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

これは各県の植木協会などのブースが集まっているところで.
ムラサキシキブの実がぎゅーーっと固まったような木.
宝石の木,と書いてありましたが.

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは珍しい花弁のキクとカーネーション.
キク,カーネーション,バラは花屋さんの3種の神器,必須アイテムだと学校で習いましたが,やはり品種改良も力を入れているようですね.


南国イメージのハイビスカスの新品種.

クリックすると元のサイズで表示します

これ,かなりかわいいと思いました.
メルヘンチックな花の咲き姿.

クリックすると元のサイズで表示します

逆にこれは・・・
思わず本物の花ですか?と聞いてしまったハイビスカス.
特に右側の花の色は苦手です・・・
絵の具をヘタに混ぜてしまうとよくこんな色が出来ていたなぁと思う花色.

渋いアレンジメントとかに使われるようになるんでしょうか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

生花祭壇の紹介ブースまでありました.
目はヒマワリ,花は茶色っぽいキクを立体的に配置.
良くできている・・・

クリックすると元のサイズで表示します

その数日後に池袋サンシャインで開催されたダリア展ではダリアを使った富士山のディスプレイ.
こちらは花首だけをネットに固定したもので,特殊な処理をしているので水揚げ用の仕掛けも必要のないものでした.

生花をそのまま接着させるだけで数日間保つならば,制作する手間がかなりスピーディで楽になりますね.


4時間ほど見て回って,肩に食い込むほどのカタログ・パンフレットを担いでへとへとになって歩いていたら,農場資材のエリアでは農産物を加工する機械の展示ブースがいくつかあり,何とアイスの試食が出来たのでした

クリックすると元のサイズで表示します

これはブルーベリーをトッピングしたヨーグルトアイス.
今までの人生でこんなにおいしいヨーグルトアイスを知りませんでした〜ハート

他のブースでもアイスをいただいて,すっかり元気を取り戻して無事帰宅の途についたのでした.

1

2013/10/25

ジャックランタンの最後  イベント

20日に作ったジャックランタンハロウィン,ブログでも紹介しましたが,4日間,ミニキャンドルに火をつけて楽しむことが出来ました.

ただ,作ったときに先生が「3日間くらいしか保たないんですよ」と,おっしゃっていたとおり,3日目までは何とか無事でした.
が,4日目の夜に灯りを点そうとヘタを持ってふたをあけると,ふたの内側もカボチャ本体の内側もカビの黒い点々がたくさん発生

ぎょぎょっ汗としました.

よぉ〜く観察すると,カボチャ表面にも3センチくらいの白い盛り上がりが出来ていて(これもたぶんカビ),くり抜いた三角形の目の内側からは,1センチ近い繊維状のものが見えていました.
まるで睫毛のように・・・・ドクロ

たぶん,カビの菌糸でしょう・・・

翌朝,ビニールにそっとくるんで撤去しました.

ハロウィンはまだ来ないのに,いち早く終わってしまいました

ジャックランタンを作るまでは,カボチャだから1週間や10日は保つんだろうと勝手に考えていましたが,意外と短命なオブジェだったんですね.

色々な形や色・模様のカボチャを丸ごと並べておく方が長持ちして飾りにはいいということがわかりました.

ランタンは直前に作って楽しむべきものなんですね.

ちなみにやまめが作ったような単純な顔のジャックランタンではなく,カービングという手法でカボチャの皮の厚みを利用して凹凸を活かしたレリーフを彫り,複雑な絵柄を表現する方法があるそうです.

機会があったら見てみたいなぁと思います.

彫るのはちょっとアレなので・・・





1
タグ: ハロウィン

2013/10/21

カボチャでハロウィン  イベント

寄せ植えとイベントのやり方を勉強したくて,お友達の教室に参加してきました.

場所は石川町駅から歩いて5分,イタリア山庭園の中にあるブラフ18番館です.

クリックすると元のサイズで表示します


台風のような雨で,せっかくの公園も外交官の家も見ず,教室に参加してブラフ18番館のハロウィン用のディスプレイだけ見て帰ってきました.

寄せ植えはハロウィンを意識してコンテナや植物にダークな色を多用し,カボチャやトウガラシもオーナメントとして使いました.

もうひとつ,西洋カボチャを使って,ジャックオーランタンに挑戦.

予想より大きなカボチャに不安になりましたが,へたのところを段ボールカッターなるものでギコギコやって頭をきり,中の種などを掻き出すころには夢中になっていました.

顔も水性ペンでフリーハンドで描き,ちょっと慣れてきた段ボールカッターで,さくさく・・・

面長のカボチャだったので,いまいち強面にすることが出来なかったのですが,結構手早く作れました.

生ものなので,3日くらいしか保たないらしく,ハロウィンでは本当に直前に近くなってから作るのだそうです.

作る前は,日本のカボチャを想像していたのですが,中身は意外と空っぽで,日本のものより実が薄く,柔らかい気がします.
だから子供も作れるのかぁ〜と,感心.

こういうことは,実際作らないと感じられないですからね.

出来上がった作品達.

クリックすると元のサイズで表示します

右から2番目の作品です.

クリックすると元のサイズで表示します
寄せ植えと共に・・・

クリックすると元のサイズで表示します
全員の作品が大集合.

家に持って帰って,中にちいさなキャンドル入れてみました.

クリックすると元のサイズで表示します
火がついているので,頭の部分ははずしてみたのですが,何とも表情がいいです.

クリックすると元のサイズで表示します
今度はふたをぴっちり閉めました.

クリックすると元のサイズで表示します

キャンドルの火が心配なので,やっぱりちょっぴり開けておこうか・・・
と,色々考えた末,頭部の帽子に見えるフタははずして横に置いておくことに.

暗い中で光っているカボチャのランタン,ワクワクしましたv▽v
1

2013/10/3

スパイスの話  イベント

突然ですが,スパイスって植物ですよね.

ということで,先日のRHSJガーデニングコースは「植物の力・スパイス 食と生活を彩るとっておきアドバイス」と題して朝岡スパイス会社の朝岡久美子社長にご登壇いただき,スパイスの話とそれを使った料理の紹介などしていただきました.

まず最初にウスターソースを野菜とスパイスを使って煮るところから始まり,それを作っている間にカレーのスパイスをブレンドしたり,チャイティーのスパイスをブレンドし,実際にミルクティーに入れて味がどんな風に変化するか試したりしました.

カレーはさすがに作る時間が限られていたのであらかじめ朝岡先生が作ってこられたキーマカレーに作りたての(本当は絶対熟成させて使いたい!のだそうですが)ウスターソースを混ぜて試食したりしました.

さすがにスパイスの会社だけあって,目の前にズラリと並ぶ様子は圧巻です.

クリックすると元のサイズで表示します


こんなにたくさんスパイスを使う料理などほとんど作らないやまめですが,

スパイス自体をフライパンでから煎りしてから使うといいものとか,
原型と粉末の使い分けとか,
割って中の種を使うものとか,
ティッシュをぬらして上に乗せておくと発芽するので,スプラウトとしても使えるスパイスがあると聞き,スパイスに改めて関心を持ちました.

クリックすると元のサイズで表示します

ミルクティーとキーマカレー,各自カレー用にブレンドする前のスパイス.

これはお持ち帰りとなりました.
どんな味になったのかなぁ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

出来上がったウスターソース.

ソースが茶色い秘密とか,トンカツソースとの違い,熟成や防腐に関するお話はとっても面白く,さすがスパイスの専門家,知り尽くしているからこそ,のお話でした.

個人的に一番使えそうな豆知識は,スパイスとは関係ないのですがカレーつながりで・・・・

タマネギを飴色になるまで炒めるコツは,最後に砂糖を少し入れるといいんですって(^-^)/

今度カレーを作るときにチャレンジしてみたいと思います



1

2013/9/22

一坪ガーデンの工夫  イベント

昨日,RHSJガーデニングコースの第3回目の講座,玉崎弘志先生による「わが家の一坪イングリッシュガーデン」がグリーンギャラリーガーデンズさんで行われました.

お店のSall初日と重なって,ドキドキしていましたが,何とか混乱もなく無事終了しました〜(^-^)/

朝から準備で行っていましたが,何がハードだったかというと,前日におなかを壊してゲッソリした体調で,30℃を越えていた暑さが身にしみました・・・・

熱中症でフラフラになりかけだったような気がします汗

クリックすると元のサイズで表示します


14:00から始まったお話は,狭いスペースにガーデンを手軽に作る工夫や,フォーマルな感じにしたいときはどうしたらいいかとか,自然風にしたいときはどうしたらいいか・・・場の「骨」になるポイントをわかりやすく説明してくださいました.

クリックすると元のサイズで表示します


フォーマルは左右対称,高いところにポイントを置いて,目線をあげれば広く全体が見えてくる・・・

自然風は活け花の様式にもなぞらえて説明.

クリックすると元のサイズで表示します


話は膨らんで,国バラのガーデンショーなどでも使っている方法も紹介してくれました.

そして,時間がなくなりかけたところでスタッフ数人がわさわさわさっと下草系の植栽を完成し,何とからしく見えるようになりました.

狭い土地でも,高さやバランス,骨になる樹木の位置を工夫することで,色々な表現が可能になり,例え人工地盤上でも応用出来る施工のヒントがたくさん詰まった,玉崎先生ならではの内容でした.


残りの50分は併設のレストランで,ケーキと飲み物付きのスライド中心の講義.

クリックすると元のサイズで表示します

おいしそうなスペシャルセットのケーキハート

暑さにやられつつも,何とか現場力で乗り切ったイベントでしたが,参加してくださった方々からはよい反響が届いていたようなので,帰りの足取りは軽くなりました〜

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ