2014/4/25

春の庭  造園

先週,希望されていたパッションフルーツを植え付けに東京郊外のお庭に行ってきました.

いつもだと5月の連休あたりに伺うので,11月頃に作った春花壇の様子や,花盛りの庭の光景を見損なっていたのですが,初めていいタイミングで見ることが出来ました.

お客様によれば,本当はこの10日くらい前がより輝いて見えて最高だったということですが・・・.

ちょうどチューリップがメインで咲いている時期でしたが,まだ緑の勢いがまろやかな庭でジューンベリー,アオダモ,クロフネツツジがふんわりとしたやさしい雰囲気を醸し出していました.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


玄関横の花壇は春咲きの花たちが最盛期.

クリックすると元のサイズで表示します


リナリア,ビオラは植えたときの3倍くらいになっていました.

クリックすると元のサイズで表示します


上から見るとまた違って見えます.

クリックすると元のサイズで表示します


微妙な陰影が入っているような色のチューリップ.これ,気に入りました

クリックすると元のサイズで表示します


この花壇の反対側は,軒下で乾燥気味のため,植物も乾燥に強いものを中心になっています.

あいだにオルラヤ・グランディフローラのタネをバラバラッと蒔いたのですが,他の植物を覆い隠してしまっています

クリックすると元のサイズで表示します


玄関からまっすぐ視線が届く位置の樹の下には,目に入った途端に元気になってもらえるようにビタミンカラーのチューリップを植えました.

クリックすると元のサイズで表示します


形も面白いクリーム色のチューリップです.

クリックすると元のサイズで表示します



半日陰のユズ山(通称)にも色々芽生えて毎日何かしら新しい発見があるそうです.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


毎日,今日はどんな変化を発見できるかとワクワクしながら庭に出て,昨日との違いに気づいてうれしくなる・・・今の季節はそんな幸せな時間をもたらしてくれているようです.



2

2014/4/12

久々の・・・  造園

今週前半は外構・駐車場工事により,枯れ池をつぶして花壇を拡張することにしたお庭の園路と花壇の縁石をやり直す工事をしていました.

園路はもともとお施主さんの庭に転がっていた(?)らしい丸っこい小さめの石と,何とか短期間で手配できた石のコラボで施工することになりました.

花壇の縁石はやまめが担当.

あまりに久し振り過ぎて,道具も何を使うのかピンと来ない感じで・・・

正直現場で戸惑っていました

でも,最初の石を据えるために小さめの棒で土を突きだすと,あぁ〜

造園技能士試験のための実習の日々を走馬燈のように思い出しました.



やっと持てるくらいの石を抱えてトラックの荷台から足場のはしごをえっちらおっちら・・・

園路も手伝おうとしたのですが,大きな石はビクともせず,あきらめました.

2日目に完成.花壇の中に園芸作業をしやすいように,足場になる石も配置.

クリックすると元のサイズで表示します


3日目は元々あった植物たちの移植や植え付けをしました.

お花が大好きなお施主さんがこれからもっともっとたくさんの花を植えていかれると,さらになじんで来ることでしょう.

クリックすると元のサイズで表示します



1

2014/4/11

庭の様子  造園

今日は夏日のようで,外を歩いていたらバテました

植物たちは日に日にグングン育つ時期.
やまめの庭の狭い花壇も,とうとう緑でこぼれそうな位になりました.

小さなオダマキの苗だったのに,バラの近くに植えたせいか,今年も大変な事になりました.

クリックすると元のサイズで表示します


これからはオダマキ,バラ,ジギタリス,オルレアグランディフローラ,クレマチスなどが順に咲いてくることでしょう.

クリックすると元のサイズで表示します


一才桜も八分咲きくらいになりました.

クリックすると元のサイズで表示します


ヒューケラより一足早く咲き出したティアレラ.

クリックすると元のサイズで表示します


アクイレギア カナデンシス‘コルベット’が寄り添うように,南京サクラソウ開花しました.

クリックすると元のサイズで表示します

0

2014/3/4

次々と  造園

庭のクリスマスローズが咲いてきました.

唯一の地植え.夏の間はチェリーセージの陰になって完全に忘れられてしまうのですが,今の時期は周りに何もないので花がよく見えます.

園芸店の日曜タイムバーゲンでまとめ買いした苗の一つで2年目です.

クリックすると元のサイズで表示します


色がかわいいなぁと思って買ったのですが,花もダブルというより,トリプルくらい・・・フリフリですね

クリックすると元のサイズで表示します


鉢植えなのに下の土に根が入ってしまって今年はそのままにしてしまったボッコネイも咲き出しました.

クリックすると元のサイズで表示します


かすかに青く爽やかな香りがします.2,3年前にクリスマスローズ展で大株の展示を見てどうしても欲しくなって買ったポット苗でした.

成長したなぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します


この白いクリスマスローズはやはり3年くらい前に友人にもらった実生苗.
今年初の開花で,やっと花の形と色を確認することが出来ました.

クリスマスローズの花をじっくり見た後,今度は色々な植物たちの新芽が動き出しているのを見つけていたら,クロッカスの眩しい黄色が目に飛び込んできました.

クリックすると元のサイズで表示します


毎年移動してしまうので,どこにいるのか把握できていませんが,その分,おぉっ!そこにいたんだねと再会の喜びを感じることが出来て得した気持ちになるんです.

3

2014/2/7

冬の庭作業  造園

先週末から今週に掛けて休み休み庭仕事をして,やっと完了.

庭仕事というのは腰に負担がかかるものですね〜

今年はツルバラの生育状態・様子を見守る,というのがひとつの目標です.

下草,スッキリさせて,バラやクレマチスはフェンスに誘引.

ツルバラのスノーグースとバイオレットもまだ枝は細く少ないものの,道路側に誘引してみました.

クリックすると元のサイズで表示します
1月の様子.before.

クリックすると元のサイズで表示します
2月現在.after.


クリックすると元のサイズで表示します
1月の様子.before.

クリックすると元のサイズで表示します
2月現在.after.


宿根草の枯れ葉部分を整理するだけでもすごくスッキリして淋しいくらいになりますね.

ただ,春になってバラの枝が伸び,宿根草も育ち出すと,今見えている地表はすべて覆い尽くされてしまって,日陰を作ってしまうんですよね・・・

この時期には,6月くらいから濃くなる緑の様子を想像しなければならないのにどうしても甘く見てしまいます.

緑が勢いよく空間を浸食していく頃になってようやく,あぁ失敗したなと後悔する部分が必ず出てくるのですが,結局この時期に欲張ったり,ちょっと淋しく感じて植えてしまったがために,ということです.

何となく淋しい冬の庭に彩りを・・・・´_`

でもこれがこの庭の冬の光景なんだから,それはそれでいいとするか・・・

毎年悩みます.毎年変えたい部分もあるし.

庭は完成することがないとよく言われますが,まさしくその年,その時で気持ちや考えが変わって,永遠に変化させ続けてしまうものなのかも知れませんね.

植物がより素敵に見える庭になっていってもらいたいです.

こんな小さな小さなスペースでも悩みはつきません.







1

2013/12/15

年末のお掃除  造園

今日は東京郊外のお庭に,メンテナンスと年末のお掃除に出かけました.

9時に到着すると,なんとお庭中霜が降りたり,シモバシラが立っていました.
やまめの庭ではまだまだのような気がしていましたが・・.

クリックすると元のサイズで表示します


今日の作業は,原種バラの移植・寒肥,背の低いカンボク類の移植,カロライナジャスミンとアケビの絡んだフェンスの整理,草花の花がら摘み,ハマナスの剪定と寒肥,ギボウシやレモングラス等の枯れ葉を根元からカット,株の間に落ちた落ち葉のお掃除.

年末に向かって,すごくスッキリ

また来年,お庭の四季を見守って行きたいと思います.


クリックすると元のサイズで表示します
環八を家路に向かっているときに.信号待ちで,ふと横を見たらとてもきれいなモミジだったのでパチリ

クリックすると元のサイズで表示します

新横浜近くの橋の上で.日の入りの空が何とも言えず美しく輝いていました.

クリックすると元のサイズで表示します

その反対側には真っ白な月.

今日はきれいなものをたくさん見ましたキラキラ

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ