2010/11/22

テーブルの花  フラワーアレンジメント

今日はフラワーアレンジメント教室でした.

ローラン先生のアトリエは数日前からクリスマスバージョンに衣替えしたそうで,手作りの作品がいっぱい飾られていました.

クリックすると元のサイズで表示します



製作する作品もクリスマスを意識したテーブルアレンジメントということで,半円のオアシスをジョイントすることによって,くねくねとした曲線をうまく使った作品です.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


細いオアシスで,花材を使い切れるのか心配でした.

両端から真ん中に向けて枝ものや葉から差していきます.

クリックすると元のサイズで表示します


最後に松ぼっくりやリボン,バラやアストランチアなどを差して終了.

ローラン先生の作品

クリックすると元のサイズで表示します


やまめの作品

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


モコモコしていますが,これはこれでアリかなと思えるものが出来ました.

小さめな作品でしたが,細かい枝ものを使うので,いつもより一時間オーバー.



作り終わってから改めて先生の作品と見比べてみると,なんだか先生の作品の方が長く見えました.

何故かなぁ・・・・と思ったのですが,

たぶん先生の作品は葉の使い方で高低差を大きくしていてうねりのようなリズム感が生じているせいではないかと思いました.

さらに,内側と外側の花材の長さをきちんとコントロールして曲線を殺さないように出来ていることと,周囲のグリーンが横から上の方ではなく,テーブル側に向かっていることでボリュームを抑えて形がより強調されているようです.

実際に自分で作って,その差を比較しないとなかなかポイントがわからなくて気づかないものですね・・

(気づいたとしても初めて作るので,うまくできないわけですが.)

先生よりうまくできたと感じることが一回もないのは当たり前のことかも知れませんが,なんだか悔しいです.

技術もそうですが,いつも終わってからしか気づけないことが.

こういうポイントを見抜く目が備わることが上達する,ということなんでしょうね.

0

2010/10/30


懲りずにアレンジメントのお稽古に行っています.

今月から新しいシーズンに入り,三年目に突入です.


月一回のたくさんのお花に囲まれた,楽しく幸せな時間です


今月はシーズン初回という事で,初心者の人も入っている事から,基本のスパイラルブーケですが,色を少しずつグルーピングしたモザイクブーケで,表面は非の打ちどころのないドーム状,が目標です.

クリックすると元のサイズで表示します


ドーム状の曲線がビシッと見えるローラン先生のお手本.

クリックすると元のサイズで表示します


やまめの作品.上から見て円になっている事と,隣り合う色の組み合わせが美しく見えるように・・・が目標.

先生曰く,ベストとは言えないけど,悪くない.という,何とも微妙なコメント.

今回はやや残念でしたで賞,という感じかな.

クリックすると元のサイズで表示します


横から見たラインも甘いですものね

ローラン先生の作品.色の使い方が計算されていて洗練された印象です.

なかなかそのイメージに近づけないです...

クリックすると元のサイズで表示します



先月も使用した新しい?花材.

ライステリア.

クリックすると元のサイズで表示します


何となくクズとかが生えていそうなところに自生していそうな植物です.

秋の初めに白っぽい花が咲き,今は実になっているようです.

何科のどんな性質の植物なのか?

調べたけれどわかりませんでした.新しい品種でしょうか??


0

2010/9/11


先日,フラワーアレンジメントのお稽古日でした.

スパイラルブーケですが,丸ではなく,ホライズンブーケ,つまり,縦も横も細長くて四角いブーケを作りました.

普通にスパイラルを作ると自然に丸くなってしまいますが,四角い枠を作る事で平べったい花束をし来る事が出来ます.

クリックすると元のサイズで表示します


その枠をブーケの元になるグリーンの上に載せて骨格の完成.

クリックすると元のサイズで表示します


あとは普通のスパイラルよりラクに植物を組んでいく事が出来,植物にとっても茎をつぶされる事が少ないので長持ちするそうです.

ローラン先生の作ったブーケは見事に四角くなりました.




クリックすると元のサイズで表示します




ちなみにやまめの作品はこれ.

ちょっと裏表ができてしまったと注意を受けましたが,何とか完成.

四角に出来るものなんですね・・・

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: ブーケ

2010/8/8

夏から秋の気配  フラワーアレンジメント

今日はフラワーアレンジメントのお稽古日でした.

今日のテーマはこの時期にふさわしい花束.

中心にバラ,ケイトウでモザイクブーケを作り,周囲にユキヤナギ,コデマリ,ハンゲショウ,ブバリア,ワレモコウ,ワックスフラワー,ナルコ,ブバリア,ゼラニウム,レモンリーフ,スモークグラス,ラステリアを使ったものです.

クリックすると元のサイズで表示します


モザイクブーケは同じ色の花を小さなかたまりとして花の色のグラデーションを楽しむ手法.

なかなかきれいなグラデーションにならないところが難しいのです.

さらに,横から見て以下に平らに,凸凹なく花を組めるかが重要ポイント.

「ツルッツルニ,シテクダサイネ〜」と,ローラン先生.

何度も注意されて手直しされました.

クリックすると元のサイズで表示します


それぞれ形の違う花で真っ平らに揃えるというのは,簡単そうで実際にやってみると難しいのです・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ラウンドを保ちつつ,モザイクブーケの外側に枝ものやグリーンを入れていきます.

今日の素材はハンゲショウやコデマリ,ユキヤナギなど,何となく夏の庭先の緑をイメージしているようです.

クリックすると元のサイズで表示します


ローラン先生の作品.

最後にツルも使ってよりナチュラル感もプラス.

やまめの作品.

クリックすると元のサイズで表示します


何が違うかな〜と,比べてみれば,外側のグリーンのバランスが全く違いますね・・・

先生のブーケは全体的に均一で円になっているから,とても安定感を感じますが,やまめのブーケはしまりがない感じ.

言い訳になりますが,ブーケを作るうちにどんどん大きくなっていきますが,このくらい大きなブーケになると,腕の長さが足りない分,全体のバランスを捉えるのが難しいのです.

ちなみにつるがいい加減にかかっているように見えるのは,この写真をとる直前にイスから真っ逆さまにブーケが落ちてしまったからです.

とりあえず,逆さになっても壊れない,丈夫な花束完成です

1

2010/7/14

アレンジメント作品  フラワーアレンジメント

最近,アレンジメントの作品を紹介していなかったので,先月分と今月分まとめてアップします.

先月はイタリアから帰国して2日後,風邪気味で自由が丘の教室に行きました.

テーマはウェディング用キャスケードブーケ.

クリックすると元のサイズで表示します


シックで渋い色合わせです.

オールドローズの芳香と花の形が豪華にしていますが,緑が多いので自然な感じもしますね.

ウェディングドレスはどんなものが似合うのかな.

花嫁はナチュラルな大人の女性,といったところかなぁ.

クリックすると元のサイズで表示します



今月は久々のキャンドルを使ったアレンジメント.

長いキャンドルに3方からクレマチスの支柱になっていた細竹をワイヤーでくくりつけ,足にします.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


3本のキャンドルを立てたら植物を大きい順に入れていきます.

クリックすると元のサイズで表示します


クレマチスなどを使ったときはワイヤーを適度に曲げて支柱にします.

ワイヤーワークでつくる先端のグルグルはローラン先生曰く,「かたつむり」だそうです.

クリックすると元のサイズで表示します


ワイヤーがクロコスミアやクレマチスの支柱としての役割と作品の遊びを演出しています.

容器のストロー材質と白いろうそく,緑の葉で夏らしい爽やかさを感じることができます.

クリックすると元のサイズで表示します


全部終わってから,あぁ,ここはこうなっているからうまくいかなかったのか・・・´_`と,気づくことばかり.

やっているときは何かが変と思っても原因がなかなかわかりません.

先生の一言ではっと気づかされるわけです.

簡単そうでいて簡単じゃないんです.いいなぁと思わせるレベルに仕上げるのって・・・

少しは何か上達しているのかなぁ〜

と,毎回思いつつ,結構楽しんでます.
1

2010/5/23

コーニックブーケ  フラワーアレンジメント

今日はフラワーアレンジメントのお稽古日でした.

今日のテーマは「コーニックブーケ」.

コーン(先が尖った形)のようなブーケです.

珍しい形なので,プレゼントにしたり,結婚式などパーティのテーブルに置いたりするとインパクトがあって効果抜群らしいです.

今日のコツは,真横から見て45°の輪郭線を決して崩さないこと.

そのためにふわりとしたスパイラルではなく,キツキツに組んでいくことが大切です.

左手は花を入れる際に徐々に降ろしていきます.

クリックすると元のサイズで表示します


ここまでで第一段階とし,ローラン先生は別ですが,生徒である私たちはヒモで固定し,さらに下半分にスパイラルをかけていきます.

クリックすると元のサイズで表示します


上から見るともちろんきれいな円になっています.

クリックすると元のサイズで表示します


コンパクトにまとまっていますが,実はかなりたくさんの草花を使っています.

出来上がりは結構鋭角でスリムなラインになっています.

クリックすると元のサイズで表示します


以上,ローラン先生のデモンストレーションでした.


自分の作品.

先生のものと比べて葉がふわふわになってしまったので,しゅっとしたラインは出ませんでしたが,それでも何とか円錐形になったので,ホッとしました

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


完成です.

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ