2012/6/11

椿山荘庭園を歩く  庭園見学

昨日の日本庭園学会のシンポジウムに出席する前,午前中は去年の震災によって破損していた般若寺の灯篭が半年かけて修復され,新たに三重塔のとなりに設置されたので,見学に行きました.

クリックすると元のサイズで表示します
フォーシーズンズホテル4階から眺める三重塔.その向こうには,昔,早稲田の気持ちの良い田園風景が広がっていたのでしょう・・・

クリックすると元のサイズで表示します
三重塔の向かって左側に般若寺形灯篭(本歌・鎌倉時代後期)が据えられました.ちなみに灯篭はすべて山縣公の死後,庭園を引き継いだ藤田平太郎氏以降の方によって導入されたのだそうです.知りませんでした・・・

クリックすると元のサイズで表示します
皆さんに説明する師匠.パッと見てもどこが修復されたのかわかりにくく,指摘されてみると,なるほど・・・と納得する京都の石工職人技.
灯篭の重量は相当なものなので,沈み込まないように地下にはマツの杭が埋め込まれたそうです.昔ながらの造園の知恵なんですね.


クリックすると元のサイズで表示します
角に石を貼り,掘り直しています.

クリックすると元のサイズで表示します
立派な笠も,震災の時に下から突き上げるような揺れのために落ちてしまったとのこと.割れてしまったそうですが,よぉく見ないとわからないくらいです.


冠木門の近くの無茶庵の前にある蹲踞に水琴屈を設置したそうです.
ひしゃくで水を流してみるとコーーーン,コーーーンと,よく響く音が

5日前に完成したばかりでまだ一般公開されていないそうですが,そのうち,看板などを立て,公開されるということです.

クリックすると元のサイズで表示します


ご神木の樫の木は,今まで見た中で一番元気がありそうに見えました.

クリックすると元のサイズで表示します


ずっと弱っていて養生中・・・といった感じだったのですが,足元にはタマリュウ(?)がびっしりと植えられ,神々しい空気に包まれているかのようでした.

クリックすると元のサイズで表示します


ご神木とともに山縣公の時代から引き継がれている,古香井(ここうせい)

クリックすると元のサイズで表示します


未だにここの水は湧水として,豊かに流れ出てきているのだそうです.

十三層塔は,別の場所にあったものを地震による倒壊の危険性を考えて井戸の後ろに移設されてきました.


伊藤若冲が下絵を描いたという五百羅漢が並ぶ園路の分岐にある庚申塔.

昔は野道だったそうで,江戸時代(1669年)に作られ,ずっとここにあったそうです.

うっそうとした谷戸の風景の中を一本の道が通っていたんでしょうね.

不思議な時間の流れを感じます.

クリックすると元のサイズで表示します


この立派な庚申塔の横には小さな石像が.

クリックすると元のサイズで表示します


四方に仏像のようなものが彫られていたように見えます.



人の営みと思い,自然,時の流れ,色々なものが重なって「庭の歴史」になっているんだなぁ・・・・

椿山荘庭園に対して,今までより一層深く知ることができてよかったと思いました.


0

2012/5/30

バラの園3  庭園見学

深谷で2軒オープンガーデンを見学した後,バスは道の駅経由熊谷へ.

口コミの宣伝しかしていない,ル・ジャルダン・サクレ(秘密の花園)に行ってきました.

途中からバスでは行けないほど道が細くなるので,みんなで畑に沿って歩いていくと,かなたにバラに囲まれた家が見えてきます.

クリックすると元のサイズで表示します


近づくとものすごい量のバラの花がフェンス一面をおおっているのがわかります.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


外壁に差し掛かると,みんなそこで写真を取り始めるので,なかなか入場出来ません

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




コンテナも見応えがあり,ただ単にツルバラが咲いているよりもポイントがあることで,その場にメリハリが生まれます.

クリックすると元のサイズで表示します


ツルバラがしだれています.
こんな使い方も出来るんだ・・・と思いました.


このル・ジャルダン・サクレは,個人邸ではあるのですが,オープンガーデンではなく,ちゃんと入場料1000円を支払って見学するローズ・ガーデンです.

1000円は,見学料とお茶・お菓子付きの値段です.

なので,庭園内には,かなりたくさんのテーブルセットが置いてあります.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


おとなりのテーブルを気にせず,自分たちだけの庭であるかのような感覚に浸れるように,うまく配置されています.

クリックすると元のサイズで表示します


12メートルはありそうな,巨大スモークツリーが中央にドーーンと立っています.

ちょうど頭上の高いところで花がわんさか咲いていました.

こんなふうになるなら,庭にスモークツリーがあるのもいいなぁ

自然樹形,いいですね〜.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


このローズガーデンの特徴は,バラの最盛期2週間だけ庭を開放し,バラの素晴らしさと草花とのコラボレーションを楽しませてくれることです.

クリックすると元のサイズで表示します


バラとほぼ同じ丈の下草系が色々と植えられ,バラの間から顔を出します.

クリックすると元のサイズで表示します



2週間のバラの季節のため,オーナーのGさんは冬に毎年構想を考え,バラの位置そのものも時には変えてしまうほどの凝りようです.

クリックすると元のサイズで表示します


園内は自由行動でしたが,時々すれ違うみんなの声は,

「あ〜ハート感動,感動」

「しあわせ〜キラキラ

どうやら,とても気に入ってしまったようです.

クリックすると元のサイズで表示します


そして,新しく作出されたバラの導入も怠りません.

‘ポート・サンライズ’

クリックすると元のサイズで表示します


16時近くに団体で行ったのですが,他のお客さんが少なくなっていたため,ゆったりとお茶を飲んで,心ゆくまでバラの庭を楽しみました.

みんなからは,「ここが一番時間を長くするべきだったんじゃない?」
とか,
「帰りたくな〜い
と,残念がる声しきり.


1

2012/5/28

バラの園2  庭園見学

深谷オープンガーデン見学2軒目はP石材店さんのお庭です.

バスを降りると,遠くからでもオレンジとムラサキの対比が鮮やかなバラで壁面を飾っているお宅が見えました.

クリックすると元のサイズで表示します


ご自宅なのですが,石材店をやっていらっしゃるということで,庭の壁面から園路から,門柱,門扉,ガーデンアイテム,すべて石で統一されています.

バラの下の外壁は,ぴかぴかに光っている大きなみがきの御影石です.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



個人邸で,この石の密度,なかなか経験できない空間です.

クリックすると元のサイズで表示します


しかも,御影石に囲まれているけれど南国を感じる,しかもバラいっぱいの庭.

とても個性的なのです.

すべてオーナーのご主人が,ただ好きなものを趣味で集めたらこうなった,とおっしゃっていました.

以前は本当にトロピカルな雰囲気だったらしいのですが,3年前に芝をはがし,普通に園芸店で売っているサイズのバラを植えたら石に囲まれている環境が最適なのか,みるみる大きくなって立派に咲くようになったそうです.

これが本当の遠石(赤)外線効果!!

クリックすると元のサイズで表示します


玄関の両脇にいる2体のチャイニーズライオン(中国獅子).

ド迫力のこれらの像と,大きなドラセナが植えられているために,みんな南国にいるような錯覚を感じてしまうのでした.

中国から輸入したそうですが,見る人々は勝手に,狛犬がいたとか,シーサーがいたとか,マーライオンだとか思っていたようです.

更に勝手に,ご主人は沖縄の人だから・・・・とまことしやかにデマも流れていたのですから笑えました

クリックすると元のサイズで表示します


夏になると風がニオイシュロラン(ドラセナともいいますが,ドラセナ属ではありません)の葉擦れの音が,本当に南国にいるような気分にさせてくれるんですよ,とご主人.
かなりうれしそうに話してくれました.

さらに高さ2メートルくらいある石の噴水.

そこに浮かぶロマンチックなバラの花たち.

あくまでもトロピカルです.

クリックすると元のサイズで表示します


高さ150センチ,笠が横に大きく張り出した石灯籠にもバラが巻き付けられ,何の灯籠かよくわかりませんでした・・・

そこで咲いていた薔薇はとてもかわいい花でしたハート

クリックすると元のサイズで表示します



ブルーフォーユー.

濃いムラサキの花は結構沈んでしまって花が目立ちませんが,中心が白いこの花は,他の植物とも結構相性良く自然な雰囲気で,アリだな,と思いました.

クリックすると元のサイズで表示します


ここでもバラは木に登る・・・

庭に樹があったら,是非バラを登らせてみましょう

あっっ汗
でも,樹木の剪定は大変ですね汗

クリックすると元のサイズで表示します


このお庭にぴったりなバラ.

トロピカルシャーベットハイビスカス

クリックすると元のサイズで表示します


バラと石の競演をたっぷり堪能しました.

訪れた人たちの中には,

「男らしい庭ねぇ・・・」

とつぶやく人も多かったです.

石の力強さとバラの豪華さがドーーーーンと味わえたからでしょうか.

2

2012/5/27

バラの園1  庭園見学

土曜日に深谷のオープンガーデン見学ツアーに行ってきました.

昨年は4月のオープンガーデンに行き,草花が美しいお庭を見て回ったのですが,今回はバラ自慢のお庭見学です.

一件目は昨年の草花の美しい時期にも訪問したOさんのお庭.

遠くからでもあふれんばかりのバラで目立ちますハート

クリックすると元のサイズで表示します


上の写真の右半分を占めるバラはポールトランソン.

クリックすると元のサイズで表示します


左側,お庭の入口に誘うように誘引してあるのはポールズヒマラヤンムスク.

クリックすると元のサイズで表示します


バラのゲートですね.

やまめのあこがれのバラのひとつで,数年前から家に欲しいと思っていたのですが,ツルバラなので,どうにも誘引や手入れが難しいというお話を聞き,断念´_`

クリックすると元のサイズで表示します


お庭の入口に来ただけで,むせかえるようなバラの香りに包み込まれてしまいます.

オーナーのご夫妻は次々と訪れるお客さんに取り囲まれて,とても忙しそうにされています.

そしてすぐにバラの名前や病虫害,剪定,肥料などについて矢継ぎ早の質問が始まり,ちょっとしたミニ講義のような話題にまで広がっていきます.

クリックすると元のサイズで表示します


お庭の中にはバラだけでなく,ガーデングッズや寄せ植え,下草,色々な工夫がいっぱいです.

見に来た人は前後左右,空中に視線を漂わせているうちに,すっかり現実から隔離されて異空間に迷い込んだような気持ちになるようです.

クリックすると元のサイズで表示します


ゲートの正面にはご主人お手製のパーゴラ.

今はバラに埋もれて形もよくわからない状態です.

クリックすると元のサイズで表示します


屋根を覆うように咲いている薔薇はアリスターステラグレイ.

クリックすると元のサイズで表示します


その向こうで咲いているのは,たぶんアルベリックジョセフ.
先日国バラで見かけたジュビリーセレブレーションに似ている花色です.

クリックすると元のサイズで表示します


玄関の前も,とにかくバラで埋もれています.

クリックすると元のサイズで表示します


空を見上げるようにすると,大きなクスノキに登っていったアイスバーグが満開です.

白いバラが上から降り注いでくるように感じます.

クリックすると元のサイズで表示します


こちらはピンクのバラとクレマチス.

やはり樹をつたって登っています.

クリックすると元のサイズで表示します


高いところに登ってしまっているので,もう,細かな剪定作業などは出来ないそうです.

何年か楽しんだら思い切って強剪定,でしょうかね...


モミジの陰になっている半日陰でも満開のカーディナルドゥリシュリュー.

クリックすると元のサイズで表示します


人が7,8人入ってもまだ余裕を感じる大きなアイアンのパーゴラ.

昨年は屋根部にもバラが誘引してありましたが,今年は空が抜けて見えました.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


壁泉もお手製です.

周りのグッズのディスプレイも楽しいですね.

クリックすると元のサイズで表示します


細い園路をバラに見とれて歩いていると必ずこんなオブジェに出会います.

クリックすると元のサイズで表示します


すごくたくさんガーデンアイテムやオブジェがあると思うのですが,植物の間にうまく配置してあるので,植物の中に自然に存在して時間が経過しているような印象を感じます.

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


バラに囲まれたクレマチス.バラの帽子を被っているように見えて思わずパチリ

2

2012/4/26

都会のガーデン2  庭園見学

先週の金曜日に,六本木のアークヒルズに続いて勝ちどきの駅から徒歩5分,晴海のトリトンスクエアに行ってきました.

春物の服装には凍えてしまいそうなくらい寒い日でしたが,出来てから10年くらい経過した人工地盤上に作られた庭園は花盛りでした.

やまめはトリトンに来たのは3回目でしたが,今までで一番色々な花が一度に咲いて華やかな印象でした.

花壇の植栽もデザインの方向性かコンセプトが変わったように感じられ,メリハリがきいて樹木との相性もいいような気がしました.

ここは人工地盤上に10年前に新品種だった樹木がたくさん植えられていて,当時はずいぶん画期的で実験的な試みがなされたところです.

10年経って,根鉢がせいぜい深さ50〜60センチしかないにもかかわらず,樹木も大きくなり,景色にも風格のようなものも出てきているのではないでしょうか.

クリックすると元のサイズで表示します


白いハナミズキ(ミズキ科ミズキ属)が満開でした.

学名:Benthamidia florida

珍しいところではトキワガマズミ,ビブルナム・ティヌス.

クリックすると元のサイズで表示します


スイカズラ科ガマズミ属

学名:Viburnum tinus L.

よく見かけるサイズの2倍以上.よく育ちました.

放っておくとこんなに大きくなるのかぁ・・・それにしても少し整枝してもいいのかも知れません.


冬になると枝が楽しめる樹木もあります.

クリックすると元のサイズで表示します



サンゴミズキ‘ウィンタービューティー’

学名:Cornus alba ‘Winter beauty’

冬の寒さに当たると枝が赤くなるそうです.

新枝が特に赤くなるそうですが,古くても色が変わるらしいです.

よく海外のガーデンで株元から新枝を出させて灌木のように仕立てていますが,このように普通の樹木にしても色の変化が楽しめるとは知りませんでした.

クリックすると元のサイズで表示します


花は散形花序で白い花が咲くそうです.

クリックすると元のサイズで表示します


結構山の自然な雰囲気が出て夏は涼しげな感じでいいではないですか.

クリックすると元のサイズで表示します


スモークツリーも新しい葉が出てきたばかり,という風情です.

ウルシ科コティヌス属

学名:Cotinus coggygria

枝を切るとニオイが強くてちょっと大変そうですが,この時期葉の香りを試してみてください.

ミカンの皮とかレモンの香り,柑橘系のさわやかな香りが楽しめます.


ユニークな樹はこちら.

クリックすると元のサイズで表示します


オオデマリ.

スイカズラ科ガマズミ属.

学名:Viburnum plicatum var. plicatum

ヤブデマリの変種で,すべて装飾花であり,最初は黄緑色の花がだんだん白に変わるそうです.

クリックすると元のサイズで表示します


やまめが見たときは全部グリーンの花なので樹全体が緑色,そこに名前の通り丸いボールがたくさん貼り付いているような感じでした.

クリックすると元のサイズで表示します


それにしてもぎゅうぎゅうです.

風情も何もありませんね.面白いと言えば面白いですけど・・・・



やまめがここで一番きれいだなと思った花はこのヨシノツツジ

クリックすると元のサイズで表示します


ツツジ科ツツジ属.

学名:Rhododendron yosino

2002年にフロリアードで金賞を受賞したそうです.(そういえば今年も10年に一度のフロリアードの年でしたね.)

日向でも日陰でも大丈夫だそうです.

とても可憐な花,全体の雰囲気もいいです

クリックすると元のサイズで表示します


シャクナゲっぽいなぁと思ったら,シャクナゲとツツジの交配品種だそうです.

なるほど,葉がシャクナゲですね.




0

2012/4/22

都会のガーデン1  庭園見学

先週の金曜日は冬みたいに寒い一日でした´_`

RHSJ-CGS専門講座の現場研修で,都会の人工地盤上に作られた庭園の見学会がありました.

一つは六本木一丁目駅から歩いて10分もかからないところにある,アークヒルズです.

ここは1986年に誕生した屋上庭園で,約40000本の樹木が植えられ,大小7つの庭から成り立っています.

その中のメインガーデンとフォーシーズンズガーデン,コンテナガーデンヤードを見学してきました.

昨年初めてこの研修にスタッフとして参加したのですが,今年は寒い日が続いているせいか,木や草の花が一度に咲き出しているような感じがしました.

つまり,花ざかりでとても美しい状態を見ることが出来たのでした.ラッキーです

フォーシーズンズガーデンでは日本原産,及び古くに渡来し日本の気候風土になじんだ植物を集めた庭ですが,ここで気になった植物を少し調べました.

クリックすると元のサイズで表示します


ダンコウバイ(壇香梅),の花

地味〜に咲いています.

学名:Lindera obtusiloba

クスノキ科クロモジ属

クリックすると元のサイズで表示します


シロヤマブキ

学名:Phodotypos scandens

バラ科シロヤマブキ属

シロヤマブキは4弁花,ヤマブキは5弁花だそうです.

クリックすると元のサイズで表示します


イワガラミ

学名:Schizophragma hydrangeo ides

ユキノシタ科イワガラミ属

ツルアジサイとよく似ているそうですが,属が違うそうです.

東京でこんなきれいに繁茂することは珍しいのだそうです.


クリックすると元のサイズで表示します



オオチョウジガマズミ

学名:Viburnum carlesii

スイカズラ科ガマズミ属

丁字の花形,香りにちなんでつけられた名前みたいですが,確かによく似ています.

特に香りは強く,個性的です.

クリックすると元のサイズで表示します


ヤマアジサイ‘清澄沢’??

このヤマアジサイは去年も気になってブログに書いていたような気がします.

この葉っぱの色は銅葉といわず,烏葉というらしいです.

烏葉の代表的な品種は清澄沢がわりと代表的な品種なのでしょうか.

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ