2009/9/2

平成21年8月6日 親海(およみ)湿原  植物観察

平成21年8月6日 親海(およみ)湿原

6日 広島駅 07:37 発 新大阪08:58 着の新幹線に乗り、新大阪から、バスで一路長野県白馬村を目指して、参加者22名添乗員一名運転手一名で出発した。
高速千円乗り放題の影響で、名神高速が可也混んで、結局親海湿原に、午後四時過ぎに着いた。
雨が少し降っているので傘を差しての植物観察となった。
現地ガイドさんの案内で二十二名だと、中々説明も聞き取りにくい。

オオハナウド セリ科 「大花独活」 

セリ科の仲間で、オオハナウドは、花弁の大きさが不揃いで、中心部が小さくて、周辺部が大きいと言う特徴は、目立ち、判別の根拠として、判り易い。

クリックすると元のサイズで表示します

アカソ イラクサ科 「赤麻」

茎、葉柄、雌花が赤く、茎の繊維から、麻に似た布地を造る事から付いた名

クリックすると元のサイズで表示します

ユウガギク  キク科  「柚香菊」

柚の香りがするので付いた名

クリックすると元のサイズで表示します

ヤグルマソウ ユキノシタ科 「矢車草」

花後の根葉だけ この五枚の根葉が、鯉のぼりの先端の矢車に似ている事から付いた名

クリックすると元のサイズで表示します

ボタンズル  きんぽうげ科 「牡丹蔓」

葉がボタンの葉に似ていることによる。つる性の半低木

クリックすると元のサイズで表示します

ウバユリ  ユリ科  「姥百合」

花が咲く頃には、葉が無くなってしまう事から付いた名前

クリックすると元のサイズで表示します

コバギボウシ  ユリ科 「小葉擬宝珠」

葉の小さい擬宝珠の意

クリックすると元のサイズで表示します

コオニユリ  ユリ科  「小鬼百合」

オニユリと比べて、少し小型と言う事だが、一緒に見なければ大きさの違いは判りにくい。オニユリは、葉の脇にムカゴが付くが、コオニユリには付かない。此れが見分けるポイントになる。

クリックすると元のサイズで表示します

サワギキョウ  キキョウ科  「沢桔梗」

沢、湿地に咲く桔梗の意

クリックすると元のサイズで表示します

ドクゼリ(オオセリ)  セリ科  「毒芹」

有毒の芹の意  全草に毒が有るが、特に根茎は強い。

クリックすると元のサイズで表示します

ドクゼリの群生

クリックすると元のサイズで表示します

サワヒヨドリ  キク科  「沢ヒヨドリ」

沢、湿地に咲くヒヨドリバナの意 ヒヨドリバナは、鵯の鳴くころ花が咲く事による

クリックすると元のサイズで表示します

花が咲いている。ヨツバヒヨドリもほぼ同じ、白花もある。

クリックすると元のサイズで表示します

ミソハギ   ミソハギ科  「禊萩」

祭事に使うので禊(みそぎ)が詰まってミソハギになった。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤブカンゾウ  ユリ科  「藪萓草」

クリックすると元のサイズで表示します

親海湿原を一回りして、植物観察を済ませたら、六時に近くなった。
予定では今夜の宿栂池高原ホテル五時だったが、六時半頃になってしまった。






トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ