2008/5/30

KABUKI-Sibiu  
ルーマニア、シビウで平成中村座の「夏祭り」が初日をあけた。大感動と大興奮の一夜だった。稽古、舞台稽古、初日と観ることができて、この奇跡に感謝。初日終演後は25時から座頭の誕生日お祝いも。こんな初日はこれまでの人生ではじめてと、ご本人も語っていらっしゃいました。はじめて会場のバランツァにボランティアとして足を踏み入れたとき、この廃工場があのような奇跡の空間になるとは想像できなかった。感動に言葉がみつからない。クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/18

トランシルヴァニア  
と聞けばドラキュラしか思い浮かばないのが日本人。今私はルーマニアはシビウという聞きなれない地方都市に滞在中。 今月29日からここで開催される演劇祭の国際ボランティアに参加している。今日は午前中、ベルリンから移動してくる平成中村座の道具と会場打合せを終え、午後からの演劇公演を一本観る。シビウの中心にある国立ラドゥ・スタンカ劇場の裏手。野外に二台のバスが並び黒幕で囲っている。その上に立つ俳優達。その後、観客は黒幕で覆われたバスに乗せられ、移動。車内でも芝居はつづく。到着したのは、共産主義時代の廃工場、黒のパーテーションで区切っただけのエリアに客席を組んである。
ルーマニア語の上演なのでセリフはよく分からない。同じラテン語系なのでフランス語と似た単語だけを拾ってなんとか解ろうとする。東ヨーロッパ!というイメージがど〜んと押し寄せます。今観たばかりなんで、うーん。。頭冷やしてから考える。クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/13

pentecôte  
ペンテコステ、五旬祭というの。復活祭後の第七日曜日だって。聖霊降臨祭。というものの、何の祝日なのか休日続きのフランスは、聞いても知らない人のほうが多い。
今日は父の命日だ。
久しぶりにvelib自転車に乗って出かける。今週木曜には、ルーマニアへ旅立つので、なにか買おうかなぁとか、えーと、でもお店やっているかなぁとか思いながら、シャトレまで出かける。ルーマニアはシビウという、去年欧州芸術首都になったトランシルバニアの文化都市。ドラキュラが本当にいるのか、確かめてくる。のではなくて、演劇祭がある。
日本からは平成中村座をはじめ、4団体が参加する国際演劇祭。私は、国際ボランティアスタッフの一員としてシビウに入る。
 昨夜なかなか眠れなかったのは、父のせいかしら。
ますますつれづれがってしまう、巴里。この、夏のような5月が、巴里はいちばんいい。
0

2008/5/4

KIJÛ  
3月26日から5月19日までポンピドゥセンターでは、日本人映画監督の吉田喜重監督の特集をやっている。亡くなる前に回顧上映があるのははじめてのこととか。
Femmes en Miroir-鏡の女たち、2003年最も最近の作品を見た。
恥ずかしながら、日本では、コノ監督の作品を見たことが無いし、知らなかった。70歳を過ぎてからの作品だと思われる。
 主人公は記憶喪失のひとりの女性だけれど、ニッポン人としてやはり、表現活動に関わる限り、原子爆弾の話を、HIROSHIMAの物語をやらないわけにはいかないのだなと、またしても思うのであった。
二時間10分全編にわたっておも〜い、ストーリーと展開。女が被写体として見られる存在から、見返す存在になり代わる映画をつくると、なにかに書かれていた。けど、
はい。いっしょうけんめい見てみました。ただただ、重かったです。あと、女の何たるか、をやはり追究しているのは、「女ってこういう生き物なの」って言わせたい、男の視線だと少し反感かんじちゃうんだけど。反論をくれるような人、そばにはいなかったので残念でした。でもね、フランス人の映写技師、フィルム交換で、順番明らかに間違えてました。
0

2008/5/1

BIKRAM  
東京にもあるらしいヨガ。41度前後の温室内でやるヨガ。アメリカで考案されたらしいヨガ。ばかみたいに汗が出ます。ストレッチのポーズが辛いのではなく、暑いのと湿度でムンムンなのだ。 マレのスタジオはポンピドゥの向かいにある。友人のjujuのオススメでついに足を踏み入れた〜。90分のレッスン中1Lは水を飲む。というか、飲まずにはいられない。新陳代謝に良いのか、心臓の悪いひとには、初回はキツイだろうなと思う。わたしも途中スタミナ切れ、オツムを下にしてひと息いれました。10日間無限に通えるお試しコース、あと何回行けるかなぁ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ