2008/11/17

武蔵野  
 オーストリアから帰国して早10日。今日は稽古が休み。
武蔵小金井にある、三光院という尼寺に行く。2年前パリで出会った韓国舞踏家、金利恵さんに会うため。利恵さんはそのとき、太陽劇団でのワークショップに来ていた。アリアンヌの誕生日の為に、一緒に韓国料理をつくった。
 その武蔵野の尼寺で、利恵さんは今日舞った。山門から真っ白な衣裳をつけた踊り手が本道に向けて入ってくる。その姿が庭の緑に映えて美しかった。
こうして、出逢った人と何処にいても再会できることがよろこびだとつくづく感じる。
秋の深さを感じながら、帰路につく。クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/11/12

川島映画  
『赤坂の姉妹』をスクリーンでみた。 母の姉にあたる叔母も第1回目の上映にやってきた。叔母ももう八十をすぎている。
 若き日の蜷川幸雄氏、太陽にほえろ、の山さんこと露口茂さん、共演した俳優さんのお父さんも出ている。スクリーンで見ることができて満足だった。45年以上も前の作品なのに、今も新しい。私のメールで、わざわざ足を運んでくれた友人たち、感謝です。。クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/11/10

夜の肌  
『赤坂の姉妹〜夜の肌』という映画が11月12日、池袋の新文芸坐で一日だけ上映される。
去年、mixiのちからをかりて、長年さがしつづけていたこの映画を、ビデオでみることができた。1960年川島雄三監督のこの映画は製作後の監督の移籍などが関わって、なかなか上映の機会がないのだという。
 原作は由起しげ子作の芥川賞受賞作品、わたしの母たちの三姉妹がモデルになっている小説だ。
 母の3回忌を終えて、スクリーンでみられるのを楽しみにしている。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ