2010/4/4

雨上ガリに  
お花見盛りの週末は、小雨まじり。世田谷は千歳船橋の小さな劇場で上演中のお芝居
『雨上ガリに』は本日千秋楽を迎える。3日目の昨日の夜やっと初日が出た、という気がした。連日予想を上回るお客様に、初日2日目は役者が呑まれていた感じだった。
 劇場がかなり特殊な空間でもあるし、客席がまじかで、観客との距離感がむずかしい。舞台側からも客席側からも牽制しあってしまうのだろうか。
 ともあれ、本番の良し悪しは本当にお客様がカギを握っているという定説が毎日証明されている。昨晩その現場に居合わせただけでも、コレほどまでに差があるものだろうかと思い知らされた。それはもうchanceでしかない。時の運だ。その日の天候、お客の体調、温度とかいったもの。
 芝居は稽古も楽しいけれど、やっぱり、劇場でのこの化学反応がたまらない。。。。
お客様がいなければ!!!終演後の演出家と私と役者まいちゃん。クリックすると元のサイズで表示します
3

2010/4/2

J バーキン  
深夜のニュース番組のコーナーにジェーン・バーキンが出ていた。世界平和のために自分ができること。。みたいなテーマについて語っていた。日本に来ているのはなぜだろう。誰が呼んだんだろう。
 パリから帰りのCDGで、チェックイン中、カウンターのお姉さんが、Jバーキンご存知ですか?っていきなり聞くから、ええもちろんと答えると、お客様のお隣でチェックインされてます!と緊張した声で言う。
 私も演劇人で、彼女と一度だけ話をしたことがありますよ、というと、たまげていた!えええ、ではお客様も有名なかた。。。いいえ、ちがいます。と言ったけど。

 3年前だったか、パリに公演にきた世田谷パブリックの公演のパーティーの時、日本人だから、間違えて、「サイコーによかったわよー」と駆け寄られ握手を求められた。
白いTシャツに洗いざらしのジーンズ。ジェーン・バーキンでなければ許されない格好ですから、直ぐに彼女と分かった私は、人違いでもなんだか嬉しく、握手を返し、二言三言おはなししちゃった。。。。のだった。

4月1日から本番中。千歳船橋APOCシアターで4日まで。

『雨上ガリに』セルジ・ベルベル作 ディディエ・ダブロフスキ演出

日本語上演、フランス語字幕付 上演2時間

http://apoc-theater.net/
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ