2010/12/31

eve eve  
30日は、大掃除をして、手はガサガサになったが、気を取り直してちらし寿司をこしらえ、フェットに誘ってくれたフィリップの新居へ行く。昨年ラフカディオ・ハーンの芝居で共演した八雲役のフィリップ。特大サイズの七面鳥をマロンソースでいただく。
クリックすると元のサイズで表示します
 それから、それから、今年念願の再開店を果たしてくれました、私のカンティーヌ、新宿の『彦や』へ。 最終最後の客となり彦さんと一緒に一枚。暖簾が出る前に何度敷居をまたいでしまったことか。一年間の感謝です。何処よりも美味しい料理をありがとうございます。気がつけばもう2時をまわって大晦日に。

 今朝は午前中、横浜・本覚寺へ。昨日は寒すぎて気がひけてしまったが、今日は小春日和で暖かかった。それでも墓石を拭く雑巾を絞る手はかじかんだ。
帰り道、大好きな美貴さんに会って、それから東京へ戻る。来年は一緒にやろうね(芝居)と約束。良い新年が迎えられますように。クリックすると元のサイズで表示します
5

2010/12/19

女優のプロデュース公演  
 朋友、ひがし由貴さんプロデュースの青年座スタジオ公演に、わたしも2度お誘いを受け出演させて頂いたことがある。昨日観に行ったのは、文学座の山崎美貴さんが征矢かおるさんとともに立ち上げたプロデュースユニット、テアトロサンノーブルの第二回公演だ。
 演出も文学座の若手演出家。

女優がたくさん出ているとやはり芝居は華やかである。近未来という設定は今は、ちょっと下火になったけれど、想像する部分が多くて楽しめた。現代的なセリフの台本は、リズムがあって飽きさせない。終演後カフェに現れた美貴さんの手には大きな手荷物バッグが2つ。制作もやってるから大変と言っていたけれど、わたしも自分でやった自主公演の大変さを思い出し、応援したくなったし、自分もまたやりたい!と刺激を受ける。

クリスマスを挟んで27日まで公演は続きます。時期も時期だが、その勇気に声援を送りたい。



☆この星にともる光☆
作:征矢かおる
演出:高橋正徳

出演:津田真澄、村井まどか、谷村実紀、阿萬由美、藤崎あかね、千田美智子、森耕平、征矢かおる、山崎美貴

12月
17(金)19時
18(土)14時
19(日)13時 17時
20(月)19時
21(火)19時
 (22(水)休演日)
23(木)14時
24(金)19時(割引あり)
25(土)14時(割引あり)
26(日)14時
27(月)14時

※チケットは一般3500円を3300円に。学生2000円
24・25日はクリスマスペア割引で2名6000円


0

2010/12/13

しゅんきんとえん  
ナルペクト公演終了し、一週間。月曜日は、2つの本番を経て、ガチガチになっているカラダを緩めるためとりあえず最寄のアロマオイルマッサージ80分へ。ビジネスホテルの最上階。いっとき時間をわすれる。「よく疲れてらっしゃいますね」そーゆー表現があるかどうか、知らないが、担当の方はそう言った。
 火曜日は、20年越し通っている接骨院へ。私の全身の間接を知り尽くしている施術師がいる。股関節は致命的。水曜日。パリのヨシさんが出演中のしゅんきんを観に。共演歴もある、ケートクさんに席をとってもらった。中ほどのいい席。サイモンとこのカンパニーの集大成だと感じた。3回目のコールで立席、ブラヴォーを叫ぶ。ケートクさんの動く寸分の誤差もない身のこなし、完璧で美しい。終演後はヨシさんと、カフェでお茶。またパリで会いましょう、と交わして別れる。
翌日、本番2本とも観に来てくださった、お友達!と一献。
丸の内の、とある和食居酒屋に連れて行っていただいた。温かい桶豆腐という一品を注文して、美味しかったので、お店のお姉さんに、これは、蒸している?とか、湯煎?とかしつこく聴いていた。そしたら、料理長がお出ましに。
「優ちゃんだよね。」とその人は言った。な、な、なんと、パリに行く前数年アルバイトしていた銀座の割烹料理屋の板長、小野ちゃん、だった。
 私が幼少のころ、家が料亭だったので、若い板さんの、厚い木綿の白衣の匂い、あの、ダシの蒸気がしみこんだ、あるいは、ごま油の香りがしみついた、わずかに生臭いともいえるあの白衣と前掛けの匂いが、わたしの原風景にまつわるスメルなのだ。だから、板前さんが大好きだ。
小野ちゃん、また行くね!お見せは個室もあって、タタミの廊下もある。オススメ。
『えん』丸の内店 http://r.gnavi.co.jp/a186416/

 
4

2010/12/3

ナルペクト絶賛!  
 銀座みゆき館劇場で、ナルペクト公演が本番中。わたしはゲストとして初参加の出演。この公演の初日が開くちょうど一週間前まで、『さくらの その にっぽん』という公演が本番だった私は、十分な宣伝活動もできず、稽古もカツカツで、緊張の初日を迎えた。 呼んでくれたナルペクトには、チケット売りの情宣活動ができなかったことが、ホントに面目ない。
 ところが、前の本番のシアターカイにご来場のお客様で、ナルペクトのチラシを渡せた方がちらほらいらしてくださって、本番3日を終了して、これが、観た方すべて大絶賛。こんな公演そう滅多にない。うれしい限り。 ぶっちゃけますと、こないだのイスラエルの演出家とは、2か月半強にわたる長〜い稽古、このナルペクトは、ぎりぎり私が稽古に参加できたのは合計2週間に満たない。はじめから、そのことが、一番気がかりだったけれど、どーしてもというラヴ・コールで出演を決めた。一時は、あまりに休みが無くて辛くて、自分で受けたことを後悔したことも。

しかしですね〜好評です。脚本がいいし。 みんな俳優もいい。
私はですねー実は今年の夏、この同じみゆき館劇場で、ある喜劇の劇団の演出をしました。
今回は、よしもと所属のNARUさんとご一緒して、喜劇のまじめな作り方を、再確認しました。
そのことも色々実りがありました。

そして、今は来るお客様みんな、絶賛してくれています。出演してよかったなと、実感しています。

あと、明日、明後日、2回2回の4回を残しています。この日記読んで興味が湧いた方は、ぜひぜひいらしてください。
お待ちしていま〜すぅ。 優拝
www.narupect.com
5

2010/12/1

本日初日!  
またまた、お芝居の本番の幕が開きます。

『噂のラブパワースポットのラブチャペルで、クリスマスイブにラブソングを歌って、永遠のラブを手に入れよう。二泊三日那須塩原高原教会の旅』

という長いタイトルのお芝居デス

よしもとクリエイティブ・エージェンシー企画・製作

脚本*NARU
演出*成島秀和(こゆび侍)
山上優がゲスト出演します!
若い芸人さん感覚満載のラブコメディーです。カップルで来られること特にオススメします!?
喜劇人は必見!

12月1日(水)19時
12月2日(木)19時
12月3日(金)19時
12月4日(土)15時・19時 
12月5日(日)14時・18時
場所
銀座みゆき館劇場
03−3572−6792
チケット
全席自由
前売り3000円 当日3500円

お問い合わせ
よしもとクリエイティブ*エージェンシー
03−3219−0678(担当*曽志崎)

もちろん山上優

ナルペクト公式サイト
www.narupect.com
稽古場日誌
http://narupect.jugem.jp/

narupectflyer.zip
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ