2012/6/28

Sophia7-717  
 暗号のようなタイトルは、上智大学7号館717号、仏文学科のセミナー室。
縁あって、学科の語劇製作をお手伝いすることになり、今日が初めての学生さんとの読み合わせ。ジャン・アヌイのLe bal des voleurs 泥棒たちの舞踏会、という作品。
 少し早めに行く。廊下も壁も、この7号館は昔と変わっていない。卒論を提出にきたことだけは覚えがあるが、その他には教授を訪ねて来たこともない。
 床のタイルが少し剥げていて、この廊下を20数年前に確実に通ったこと、なんか何か異次元のことのよう。でも、記憶の片隅にある。
 語劇は、12月に発表することになっている、が、今年の始動は例年よりも早いらしい。
担当のフォンヴィル先生、演劇がお好き。そして、意欲満々。わたしも、学生さんとこうして一緒に勉強?するのが、楽しい。
学生時代は、良い生徒ではなかったし、フランス語の成績も褒められたものではない。そんな私が、そこにいることが、不思議で仕方ない。そして嫌でない。誰が想像しただろうか、こうなるなんて。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ