2013/12/25

Holy night  
イヴの夜、場当たり二本ゲネ一本を終えて駅に降り立つと、イグナチオの明かりが目に入った。食べられなかった夜のお弁当を片手に、自然と教会へ足が勝手に歩き出した。ちょうどクリスマスの御ミサが始まるところだった。神父さまのリーディングを聴き、ラテン語で聖歌を歌う。折しも、クリスマスが初日の今回のお芝居は、隠れキリシタンのお話。疲労した身体の中身が、ふと緩んだ。いいお芝居になりますように。
Lord, hear our prayer!クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/12/21

Omoteura 表裏弥勒島傳  
おもてうらみろくじまでん
ブログ座談会〜裏〜

2013.12.16
12月25日(水)〜29日(日)@笹塚ファクトリーにて上演される第八回直也の会「表裏弥勒島傳」の夜の部「裏」に出演するキャスト陣のうち、現在、ブログをお持ちのキャストのみ集まっての座談会を開きました。
その内容を各々のブログにて掲載する特別企画「ブログ座談会」
参加していただきましたキャストは、各々ブログをやっておりますので、この機会に是非ご覧ください。


明美里(以下、明)
http://ameblo.jp/amiri-sagittarius/
橋本真実(以下、橋)
http://www.tencarat.com/ (テンカラット有料コンテンツ)
花ノ本以津輝(以下、花)
http://ameblo.jp/kavkimon-izki/
楊原京子(以下、楊)
http://matsunagakyoko.com/blog.shtml
山上優(以下、山)
http://green.ap.teacup.com/youyamagami/
吉川亜州香(以下、吉)
http://gree.jp/yoshikawa_asuka

聞き手は宮田幸輝さんです。(以下、宮)
http://ameblo.jp/hoippu200/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮)まずは通し稽古お疲れさまでした。
一同)おつかれさまでーす!
宮)それでは早速、質問をさせていただきます。お稽古はどうですか?
吉)毎日楽しいです。ストレスもまったくなく、芝居に集中できています!
宮)楊原さんはいかがですか?
楊)私は…稽古初日から通し稽古が始まって…びっくりしました。
一同)笑
吉)だよねー!!!
山)朝も早くてね!!!あっと云う間に時間が過ぎています。でも、良い雰囲気ですよね。
宮)花ノ本さんはどうですか?
花)三味線に太鼓に…てんやわんやですが楽しい稽古場です!
一同)イエーイ!!!
橋)和の音がカッコイイですよね。聞くだけで感動しちゃいます!!!
明)とにかく楽器が大変です。今回、私は三味線に挑戦していますが、本当にてんやわんやしています。でも、毎日がとっても楽しいです。
宮)もともと花ノ本さんと明美里ちゃんは和楽器をやっていたんですか?
花)私は二歳から日舞をやっていたのでその影響で和楽器もやっていたのですが、そんなには。
宮)聞いた話によると明美里ちゃんは直也さんに自分から三味線を弾く役をやらせてほしいと自分発進したそうですね。
明)いやいやいやッ!!!!私は受け身です!!!!いったいどこから…。半年くらい前にこの役の構想を聞いて直也さんから「弾けるならこの役を任せる!」と云われました。それで習い始めたのが最初ですから、この芝居のために三味線をはじめました。
一同)すごい!
吉)本番が楽しみー!

宮)次は、今回の役どころについて聞かせてください。橋本さんからどうぞ。
橋)私は千代と云う役です。罪人ではなくて、香川耕二さん演じる宗吾さんと共に、ひたむきに、もがきながら強く生きる女性です。
宮)橋本さんは今回、なんと26日の夜の部のみ二役を演じますね。
吉)スペシャルゲスト!
一同)笑
橋)…はい。ネタばれになるので多くは言えませんが、千代とは正反対の役です。その役を演じる事で、近童弐吉さん演じる深江と云う人物の見え方が変わりましたね。
宮)まさに表と裏ですね。
橋)このお芝居は是非、両方観ていただきたいです!
宮)そうですね。次は花ノ本さんおねがいします。
花)私が演じる夕は…おそらく、対人恐怖症。
一同)笑
花)大きなトラウマがあって…それを抱えながら生きて来て…それがだんだん仲間と話すようになってうちとけてゆく…みたいな。あれ、こんなのでいいのかな。笑
宮)いいと思います!山上さんはいかがですか。
山)加代は、島の罪人の中で一番島暮らしが長くて歳も上。女達のリーダー的存在。島暮らしが苦しい苦しいと言っていたらやっていけないから逆に明るく振る舞っている人。けど、実はそれも自分の弱さを隠すため、みたいな意地っ張りな役どころですね。
宮)なるほど。楊原さんの役どころは。
楊)罪人のお定と云う役です。島暮らしに絶望したりして弱くてもろい部分もありますが、信じるものもある。闇と光を持ち合わせた女性だと思います。
山)今回のお芝居ってまさに光と闇でさ、モラルの問題だとか、現代社会に通じるテーマがあるじゃないですか。私は演出補も担当していますが、最初に比べて稽古が進むにつれてよりそれが明確になってきていると思います。
吉)ただの嘘の世界、ではない感じがありますよね。
橋)劇的だけど、とてもリアル。気持ちとか、心の部分もとてもリアルにかかれていますよね。
吉)誰が書いたの!?
山)一応あの人も考えてんだね。いろいろと。
一同)爆笑
明)舞姫の時には、この芝居の構想は出来ていたみたいですよ。
楊)ちらっと聞きました!!
吉)あ、私も観に行った時に聞いた!!今度は時代劇をやるって!!!
山)そうなの!?私、演出補だったのに…知らなかった!!!
一同)爆笑
宮)では話を戻して、吉川さんの役どころは?
吉)私はお品と云う役を演じています。江戸から流されて来た女で、自分に迷いが無いんです。それは直也さん演じる「いち」と云う人物がいるからなんです。けど二人きりのシーンって少ないので、表と裏でお互いの想いなんかも表現出来ればなあと思っています。

宮)それでは、早くも最後の質問になりますが…今回のお芝居のみどころをお願いします。
吉)みどころは、キャストがそれぞれに見せる「笑顔」ですね。くまなく見てね♪
楊)今年のしめくくりですからね。暗闇に差す一筋の光のような芝居を見てほしいですね。
一同)おおおーッ!
宮)男性陣と違って女性陣は随分とオシャレなコメントですね。笑顔、光。
一同)笑
宮)花ノ本さん、お願いします。
花)そうですね。昼の部は観終わった後にスカッとなるような芝居ですから、そこがみどころですかね。夜は、観たお客様によって感じ方がそれぞれ違うと思います。そこがまたみどころでもありますね。
橋)ハラハラしたり、感動したり、最後にはこうだったのかあって思えて、すべてが繋がった時は本当にスカッとしますよね。とにかく楽しんでいただければと思います。
明)昼は痛快時代劇。夜は推理劇とでもいいますか、色がまったく違う作品ですので、観て、聞いて、感じて、楽しんでいただければ嬉しいです。
山)お祭り騒ぎみたいな芝居になると思うので、年末の忙しいなか来てよかったねって思っていただければ一番です。片方だけ観ても楽しいですが、表と裏、両方観ていただきたい!!!何回も言う!!!!三回は観て!!!笑
楊)何回観ても、その度に発見がある芝居ですよね。
山)やはりみどころは、両方観ていただいてさ、お客様でいろんなものを見つけていただけるのが、みどころだよね。
吉)まとめた!!!さすが演出補!!!!
一同)拍手
宮)なるほど。ありがとうございました。
吉)あとさ、宮田さんの女装もみどころだよね!!!!
一同)笑
宮)あ、言ってくれた!!!そうなんです。いろいろとサプライズがあります!!!笑
吉)喰われないようにしなきゃ!!!!
一同)笑




【お知らせ】
25日昼の部
特別ゲスト・内堀克利さん出演決定

27日昼夜特別トークショー開催
昼の部/男性キャスト
夜の部/女性キャスト
※終演後、舞台にて。


2013年12月25日〜29日
劇場/笹塚ファクトリー
25日13:00/19:00
26日13:00/19:00
27日13:00/19:00
28日13:00/19:00
29日13:00
(全9回公演)

【チケット予約】
専用アドレス【naoyanokai-8@mail.goo.ne.jp】
※お名前、連絡先、住所、希望日時、枚数を明記の上、送信ください。
料金/4,500円

電話予約/受付時間・10:00〜18:00
専用tel:080-9430-3330

※事前購入は終了しました。今後のご予約は当日受付お取り置きのみ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/12/1

buto  
もしかしたら初めてかもしれない、舞踏公演を生で観るのは。パリ日本文化会館で、大駱駝艦の公演を見る。symphonie Mと題された公演は、まろあかじさんが出突っ張りのまさに交響曲。解る解らないは考えない。疑問が沸きながら見ているも、その美学だけで見ていられる。
これも初めて、最前列のどセンター席。千秋楽だった。美しい者を見ました。終演後偶然にヨシ笈田さんとお会いして、
その後カフェで呑む。ご馳走になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ