2014/1/30

柳行李とボールペン  
午前10時半、岸田國士リーディングに使う柳行李を取りに行く。新橋演舞場楽屋口。知り合いの舞台監督さんに借りに行く。ハイこれね。と言われて持てば、重〜。デカ!笑顔で受け取り担いできたものの…。築地から四ツ谷行きバスに乗ることを思いつく。バス停目前でバスが行ってしまう。30分待つ。次のバスに乗り、四ツ谷駅までたどり着く。さて、ここから徒歩。六尺はあるから、私が担ぐとかなりの存在感。人々の奇異な視線に晒されながら30分歩く、この私って何?頑張り過ぎじゃないか⁈演出家誰だ!わたしでした。
午後、世界堂へ。気に入っているパイロットのボールペン、廃盤。新モデルを買っても1500円たらずだが、二代目のボールペン捨てられず、ダメもとで修理を依頼。そしたら、部品交換して535円で直る。このホスピタリティに嬉しい思い。日本て凄い。苦もあれば、いいこともあるさ。そんな一日。クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/1/5

新生歌舞伎座  
初めて行きました。本日夜の部。マッサージに行って、それから歌舞伎、誕生日の自分癒しです。大好きな彌十郎さんが二つ出演されていて、嬉しかった。他に橋之助さん、扇雀さん、中村座ルーマニア公演の方々がいて、独り思いを馳せる。にしても、ここで勘三郎さんを観られない淋しさは、募るばかり。クリックすると元のサイズで表示します 三本目の、「東慶寺花だより」は井上ひさしさんの小説が原作の新作歌舞伎。人間味があって、楽しい作品でした。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ