2014/9/3

ドライヴ  
 9月に入ったが、前週からの雨模様。2日は晴れた。しばらくぶりにクルマの運転をしたくなったし、物を運んだりする用事もあり、レンタカーを借りる。そして朝から転がして伯母の病院へ叔母を誘って行く。埼玉県蓮田市。近くはない。これまで何度行ったことか…。
療養病棟という静かな病棟に移された伯母は、87歳。目をしっかり開けて、窓の方を見ていた。私の顔も認識できる。名前も呼ぶ。「さみしい。」「家に帰りたい。」と訴える。私も、妹の叔母も、「みんなひとりよ、みんな同じよ。」と話し掛ける。たくさんの人の中に長年暮らしていた伯母は、孤独に耐えられないのだなと思う。今日から稽古初めのリーディング公演は、認知症を扱った台本だ。初めは鬱と認知症の曖昧な時期があるという、正確な診断で回復する人もいるらしい。伯母にとってこの2年半の療養が正しかったかどうか、今となっては分からない。ただ、できるだけ会いに行くこと、話し掛けること。それしか、もうできないのだ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ