2014/10/11

sayonara  
 今朝八時、母の妹のほうの叔母より電話が入る。伯母が旅立った。山上磨智子享年87歳。9月30日蓮田病院で、「じゃ、稽古に行ってくるね。」と手を振る私に、幾度もうなづいていた伯母。それが最後になると心の中では思っていた。目を閉じてしまった伯母には会いたくないと思っていたから。14時過ぎ、赤坂に帰ってきた。心の準備はしていたはずだが、やはり現実になると、改めて重いものだ。伯母を寝かせる為とっさにネットで検索した赤坂のふとん店は、一ツ木通りの「阿比留」の頃からお座布団やお布団を収めてくれていたお店だった。「女将さんが亡くなったのですか」と車で届けてくれたご主人が言った。伯母が二年半前料亭をたたんでから、今日まで、病院や施設のこと、いろいろといろいろとあった。今は何も考えられない。赤坂に帰ってきた伯母に、「お帰りなさい。」と言うだけだった。母たち三姉妹をモデルに映画を撮った川島雄三監督のことば。いつも。サヨナラだけが人生だ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ