2016/1/22

初悪夢…!?  
一幕が終わると、急に客電が上がり、安いちょんまげカツラに三度笠を携えた旅姿の男が、舞台に登場し演歌を歌いだした。な、な、なにぃ!!今回の芝居休憩は無いはずじゃないか、というより何事だ!フランス喜劇よ、この芝居。余興?演出の私が聞いてないじゃないか。走る、制作を探しに。控室にいた制作のO氏何かもごもご言っている。ワカコー(演出助手)と叫ぶ。「なんだよコレ!聞いてないじゃん、あり得ない!!」激怒する私。当然だろう。「優さん、落ち着いてください」って、落ち着いていられるわけないでしょ、そんな。すると、顔に隈取りをしたような隈のある強面の男が、「てめぇの芝居なんか見てらんねぇんだよ」と言いながらトイレから出てきた。「ワカコ、誰あのやくざ?」と言うとなぜか突然の便意。激怒したためか、しかし人前で脱糞するわけにはいかないとトイレに駆け込み用を足していると、また突然トイレの壁が消え、しゃがんだままの私がむき出しに。しかも、男性トイレだった。どうなっているんだ、ワカコー。すると舞台上には今度は、若い男女が15,6人歌って踊っている。「〇〇養成所の若手の方々です」とワカコ。知らんよ。聞いてないよ。言うなり演助に馬乗りになりボコボコにしている自分。そして、泣いているワカコを抱きしめ、「あなたに言っても仕方ないのか…しかしじゃぁ、誰に言えというんだ!」と私も泣いている。あああっ。と声が出て目が覚めた。時計は4時40分を指していた。
 昨日はスピードランの稽古。光明が見えてきたと胸をなで下ろしていたのに…。しかし私の頭の中はどうなっているのだろう!客席が薄かったらどうしようという過度の強迫性障害か。。。クリックすると元のサイズで表示しますたくさんのお客様にご来場いただけますように…!

2

2016/1/4

月曜日  
 ニュースでは三月から四月の気温とか言っている。滞在中の山中も、初めて雪のない年末年始だとか。無くてよかったけど。東南の部屋になってから元気になってきた、矢張りお天道様は大事だ。蒲団を干したりするだけで幸せ。昨日から回復食が始まり、発酵玄米の美味しさに感動する。初めは具のない味噌汁からだが、この味噌が古代味噌で加熱してからの甘味が何とも言えない。二食目からは具も。野菜はもちろん無農薬有機野菜、家では再現不可能。今日夜の四食目で発酵玄米八分粥に味噌汁とこぶ煮だけだが、オリジナルの梅干しをおねだりした。この満足度はいったいなんだろう、日ごろの食生活を思うに恐ろしい。昨日は車を持っている人に便乗して、天然温泉へ。すごい種類のお湯があったが、じっとがまんして腰湯までで出る。痩せる目的ではないが、十数年ぶり!?の数字をマークし感動する。直ぐ戻るんだろうなぁ。林の中のけもの道で体操する。散歩に行く前に話し掛けてきたのは秋田から来ている神学生、語る語る。私が日曜日の礼拝にでていたから話したかったらしい。昨日大阪に帰った宝塚受験に失敗した女子も、演劇の話で盛り上がる。人との出会いは考えもしていなかった。バスを途中で降りて、国道153号線まで歩くと途中に山の上の小学校。昭和の姿の学校。登り綱に触れてみる。そして帰り道、惹きつけられたあの二本杉のところへ今日も立ち寄る。私のことを待っててくれてありがとう、などど言いながら。明日は最後の回復食に、お粥でない玄米飯が出る、これが食べたくてここへ来る人もいるという。合点。今夜も星は満天に。
1

2016/1/2

jeûner  
 沈むように深く寝て、朝のハーブほうじ茶を頂きに行く。甘味はステビアというハーブから出ているらしい。滞在者が円陣になっての健康チェックは、自分の状態を言い合う時間、孤独にならない交流の意味もある。実際、此処に着いて一週間誰とも話さないのかと、不安だった。三日経ち、慣れてきて、人と散歩コースの情報交換なども。元日は、送迎バスの中から見て既に目星をつけていた神社へ一応、初詣。五反田の大杉(夫婦杉)という名木で600年超えとの石碑が。パワーあるだろうなと期待して抱き着いておく。今日は入浴の送迎バスに便乗して里へ下り、そこから紅葉で名高い香嵐渓へ歩く。川のせせらぎが耳に優しい。バスが出るまでに戻らなければ置いて行かれるのでゆっくりはできない。汗ばみながら坂を登る。今朝、向かいの東南向きの部屋に替えてもらったので、日没まで陽が入り快適だ、ふとんも干した。前の部屋は三畳半くらいしかなかったから独房!?のようだった。今夜も快適に眠れそう。時間がたんまりあるからと持参した仕事の物たちには、手がつかない。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ