2018/11/4

乌镇戏剧节  
 先週訪れた初中国は、Wuzhen Theatre Festival、東洋のベネチアと呼ばれるこの都、行くまでは全く知らなかった。1300年の歴史を誇る素晴らしく美しい街。こんな美しい場所があるなんて中国のイメージが一気にアップ。去年からサポートしているパフォーマンス集団「破天航路」は今年のヨーロッパツアーでパリ公演の後アヴィニョンへ。法王庁前広場でゲリラライブ中、中国からのプロデューサーに声を掛けられた。帰国後直ぐに連絡がありあっという間に招待が決まる。流石の破天航路…(正直こうなるだろうことは読んでいた私…)Out door carnivalに海外からの招致は彼らを含め11組、UK、ロシア、フランス、イタリー、ドイツ、スイスなどと並んで5日間10ステージで中国の、海外からの観客を沸かせた。夜はアーティストバーで、様々な国のアーティストと交流!あれ、ルーマニア・シビウのオクタヴィアに遭遇。またまた知らなかったが、プルカレーテ演出の「ゴドー待ち」でキリアック氏も前日まで居たことを知る!残念ながら舞台は見逃した。が、この後上海→東京と回るキリアック氏に東京で再会できた!のは本当に幸運。。今年25周年のシビウ演劇祭は、あの勘三郎さんの2008年にパリからボランティアで行って以来10年ぶり。(実は去年も行ったけど)その規模の増大さ加減に圧倒された。来年も行きたい。
 それにしても今年6回目のウチン・フェス。アヴィニョンとシビウをお手本にしているらしいが環境整備も素晴らしい。メインストリートにゴミ一つ落ちていない。これからも行きたい演劇祭だ。いいアーティストには美味しい料理も酒も必要だ!その条件も満たしている。この街出身の詩人で画家木心の美術館Muxin Art Museumも行った。「木心」に興味。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ