2007/10/1

鉄道員の演劇  
友人と連れ立って、ある芝居を観に行った。G.フェドーとE.ラビッシュの喜劇二本立て。もう古典といってもよいほどのクラシックな軽喜劇。
ビブリオテック・フランソワ・ミッテラン駅近くの仮設のような劇場。だが椅子はそのへんのシネコンと替わらない赤いモケットの座席、200席。
 なにやら、受付が白髪の伯父様たちだし、雰囲気が家庭的。突然やってきたアジア人に「なにみにきたの?」とかくにんしていた。これはもしかして、引退した人々のアマチュア劇団か。そういえば場所も場所だし。と思って、幕間におじさんのひとりにたずねてみた。なんとSNCFの職員による、演劇のアソシアシオンだって。たまには失業中の役者も雇うことがあるそうで、今回は職員のみ。だからアマチュアということだ。
 演技はともかく、アマチュアでも舞台に立っていれば俳優さん。見ていて、愛せる俳優とそうでない俳優は、はっきりとわかる。それだけでも、見る価値があった。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ