2019/2/14

奇跡  こぼれ話

こんにちは!コーディネート担当熊田です。

先月の下旬、うちの20歳の猫が老衰で今にも。。という状態でした。

最近なんかヨロヨロしてるなあと思ったら立てなくなってしまい、

餌も水も飲めなくなったのです。

死にそうになると猫は雲隠れするなんていうので

どこかに挟まって死んじゃったら大変だ!と思いまして

急遽、赤ちゃん用のゲートを組みなおして猫用ゲートを作り、

トイレも近くに置いて様子を見たのですが、

立ち上がれないのでその場で失禁。

早速、次男の使っているオムツに穴を開けて尻尾を通しまして、

対応しました。


ネットで検索すると、5日もつかどうかの状態。。。

もう20歳なんて人間なら100歳近くですから、

「いままでありがとうね。。。」と声をかけ介護する毎日でした。


お水はちょっと飲めるようになりまして、

お口にお皿を持っていくとぺろぺろ飲めました。





1週間後、奇跡が起きました!

仕事から帰ると、エサが無くなっていまして、

「きなちゃんエサ食べたの〜?」と声を掛けると

「にゃ〜ん」と立ち上がりこちらへ歩いて来ました。

子供達に「にゃんにゃん元気になったよ〜」と呼ぶと

「すごいね〜えらいね〜♪」とみんなでナデナデしました。


というわけで、瀕死の状態から復活しました!!!!!

今はオムツも取れ元気にしています。

以前より食べるようになって少し体重も増えました(笑)

あれは何だったのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ