2017/11/10


壁紙メーカー『TOKIWA』のPINEBULLカタログが新しくなりました

そのカタログに登場するキャラクター

クリックすると元のサイズで表示します

『ぴーちゃん』です

カタログを御覧の際に探してみて下さい

ラーメン情報はまた次回にでも投稿しますね

2017/1/13


今回は、洗面・脱衣所の収納について考えて見ましょう。

洗面で使用するモノ

お風呂で使用するモノ

タオル・衣類などの比較的大きなモノもありますが、

細かいモノが多いですよね〜

新築する場合や、リフォームする場合は、収納するモノのしっかり考えて
(現在使用しているモノを観察するって言うのも良いですよね!!)

本当に必要なモノ そして そこで行われるコト(事)を考えて見ましょう。

例えば・・・

歯を磨く → 歯磨き粉・コップ・タオル・歯ブラシ・その他のケア用品・ストック


毎日使う所をより快適にするために、しっかりした収納プランをたてましょう。


クリックすると元のサイズで表示します
画像 リクシル「ヴィータス」カタログより

2016/8/27

ロールスクリーン  役立つインテリアコーディネート

今回は、ロールスクリーンについてご紹介します。

ロールスクリーンとは、スクリーンを本体に内蔵されたスプリングによって巻取り昇降させます。

昇降機能は3つに分かれます。

用途に合わせて選ぶようにしましょう

クリックすると元のサイズで表示します
トーソーさんのホームページより

最近は、調光型のスクリーンもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

役立つインテリアコーディネートでした。

2016/8/18


今回は、ガラスブロックをご紹介します。

室内の壁にガラスブロックを埋め込んだり、門塀にガラスブロックを入れてもステキですね。

ここで、注意したいのが、ガラスブロックの値段はそれほど高いものではありませんが、

大工さんの手間、ガラスブロックを抑えるためのシーリング加工など施工費が掛かりますので、

施工する場合は、きちんと見積りを取ってから考えましょう。


オンリーワンさんのカタログから、ガラスブロックの種類や施工例をご紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

役立つインテリアコーディートでした。

2016/8/10


今回は、トイレの紙巻器をご紹介します。

置くところが付いている紙巻器は、便利ですよ!! 

それから、ステキにコーディネートしたりすることができます。

プラスボックスさんの紙巻器↓↓

クリックすると元のサイズで表示します


TOTOさんの紙巻器↓↓

クリックすると元のサイズで表示します


リクシルさんの紙巻器↓↓

クリックすると元のサイズで表示します


オンリーワンさんの紙巻器↓↓

クリックすると元のサイズで表示します


役立つインテリアコーディネートでした。

2016/6/20


今回は、扉の形状と開口について考えて見ましょう

建具には大きく分けて、ドア 引戸 引き違い戸 折戸 開戸 などがあります。

開口部分の扉(建具)は使う用途に合わせて選ぶことも大切ですが、

一番大切なのは、使う時の事を考える事です。


間取では、想像しにくいと思いますが、

家具を置いたときの事や、収納した時の事を考えて決めると

使い勝手の良い動線がつくれます。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: ドア 家具 動線

2016/6/2


今日は、無垢(ムク)について、ご紹介します。

無垢とは・・・ 加工しない木の事です。

昔の建物は、全て無垢でしたが、最近は、無垢というと、高級素材になりました!!

現在は、合板にビニールシートを貼ったものが主流です。

ワックス不要 傷に強く ダニに発生なども少ない 色の変色もなし

こんな構造になっています。(パナソニック画像から)

クリックすると元のサイズで表示します


無垢は、傷がつきやすし 床材はワックスも必要 反る など・・・いろいろ手間が掛かります

しか〜し!! 足ざわりが良く、経年一緒に思い出も造る 調湿効果があるなど、ステキな部分がたくさんあります。


アトラスハウスのモデルルームは、無垢の床を使用していますので、是非、ご体感下さい。

役立つ、インテリアコーディネートでした。

2016/5/12


真っ白な外観!! ステキですよね〜

しかし、雨だれなどになる黒い筋ができてしまったら ステキな外観が台無しですよね!!


アトラスハウスでは、雨で汚れが落ちる外壁材を使用していますが、

伝い水の防止金具をつけることで、伝い水による汚れを防止することができます。


今回は、ニチハの「ツタワン」をご紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

施工例です。
クリックすると元のサイズで表示します



役立つインテリアコーディネートでした。

2016/5/1


今回は、収納について考えて見ましょう!!

収納率(%)=収納スペース÷専有面積×100

収納部分の理想は約15パーセントぐらいと言われています。

確かに収納が多ければ、いろいろな物を収納できてよいですよね〜 (^_^)/


しかし、収納スペースが増えれば、床面積も増えます!! 

1坪(畳2枚分)が30万円〜50万円 高いお金を支払って 不要な物を収納する? (-_-;)


収納する物をしっかり考え、定位置を決める事で、無駄な収納スペースを省く事ができます。


無駄の無い、家づくりしましょう!!


役立つコーディネートでした。



2016/4/16


家を建築する時に、注意しなければならない事の1つに、「採光」があります。

平面・立面を見ても、なかなか「明るさ」まではイメージが付かないものです。

そして、デザインや収納などにばかり気をとられて、ついつい忘れてしまいがちです。

どうしても採光が取れない間取の場合は、ドアにガラスが入っている建具を取り入れたり、

スリットや採光ユニットなどを取り入れて、明るさを確保しましょう!!


採光ユニット施工例

クリックすると元のサイズで表示します
暗くなってしまう廊下に光を取り込みました。


クリックすると元のサイズで表示します
暗くなってしまう階段に光を取り込みました。


スリット施工例

クリックすると元のサイズで表示します
暗くなってしまう階段に光を取り込みました。



役立つインテリアコーディネートでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ