2011/2/19

YZR-M1  プラモ
YZRの続き。


フレームにエンジン、マフラー、ラジエターを組みました。
これで本体は完成で、あとは前後のサスペンションと外装。

しかし、
マフラーの色塗りとスプリング追加を頑張って、ラジエターホースもラバー製に交換して、ホースバンドを極細ワイヤーで再現しました。
それでも、この程度です。
なんかイマイチやな〜〜

クリックすると元のサイズで表示します


きっと、スッキリしすぎてるんやわ。
本物はもっとゴチャゴチャなんか付いてるもん。


頑張って、もうちょっとディティールアップします。

マフラーに配管を追加しました。
1番と4番に付いてますけど、何コレ?
先はエアクリに行ってるっぽいからEGRみたいなもんかな?
クリックすると元のサイズで表示します



次にO2センサーの追加。

旋盤で削りだしました。
直径1.2内径0.4ぐらいです。
シルバーに塗ってからクリアオレンジで塗装。
クリックすると元のサイズで表示します


付けようと思ったら、失敗でした。
タミヤの最初からあるセンサーのボスはいい加減な位置でした。
単純にこのボスにセンサーを挿すつもりが・・・
スプリングもずれてます。
しゃーないので、隣に取り付けました。
最初に削っとけば良かったんですね。信用したのがいけません。
クリックすると元のサイズで表示します


O2センサーのハーネス。
カプラーは旋盤で削りだしです。
クリックすると元のサイズで表示します


こんな感じに配線します。
カプラーはフレームに瞬間接着剤で付けました。
その先は、何処に行くのか?
どうせコンピューターでしょうけど、どこにコンピューター乗っけてるのか分かりません。
なので適当にフレームの中へ・・・
クリックすると元のサイズで表示します


他にもゴチャゴチャする部品を作りました。
クリックすると元のサイズで表示します


だいぶゴチャゴチャしましたね。ゴチャゴチャが超シブイです。
クリックすると元のサイズで表示します


これで本体は完成!っとします。


来週からサスペンション製作にかかります。


1

2011/2/18

YZR-M1  プラモ
YZRのマフラーを作りました。

レース用マフラーは市販車みたいにネジで止まってるんじゃなく、差し込んでバネで引っ張ってるだけの簡単な物です。

ガンバリその4

今回はそのスプリングを追加してみます。
見えるところだけですけど。

細い銅線でフックを作って、ゼリー状瞬間接着剤で貼り付けておきます。
塗装後、スプリングを引っ掛けます。

クリックすると元のサイズで表示します



全体をシルバーに塗って、溶接後の再現のため、細切りのマスキングテープを巻いてるところです。
あ〜めげそう〜
クリックすると元のサイズで表示します


本物はチタンパイプですけど、プラモはプラスチックなんです。
プラを少しでもチタンに見えるように頑張ります。

クリックすると元のサイズで表示します


どれぐらいがんばったかと言うと、マフラーだけでこんだけの色を使ってます。
クリックすると元のサイズで表示します


スプリングは直径1mmの長いスプリングから切り出しました。
線が硬くてすっごい難しいです。
クリックすると元のサイズで表示します

目が見えません。
クリックすると元のサイズで表示します


装着してみた。
小さくてもバネですね。
ちょっとテンションかけると、フックが取れちゃいました。
バネに見えるだけでバネでないものの方がいいです。
クリックすると元のサイズで表示します


サイレンサーにデカールを貼って完成です。
クリックすると元のサイズで表示します

たぶん3時間ぐらいかかってます。
工賃18000円ってとこですかね。


0

2011/2/16

YZR−M1  プラモ
エンジンが完成しました。
特に改造してません。
どうせ見えないし。

ガンバリその2
アクセルワイヤーを細い物に交換して、色の塗り分けを頑張ったぐらいです。

クリックすると元のサイズで表示します


続きまして、フレームの組み立てにかかります。

お〜っと!

これはいただけませんな〜

なんじゃこのステップ。

クリックすると元のサイズで表示します

タダの先細りの丸棒です。
先細りなのは抜き勾配ですね。
ハセガワさんはちゃんとステップは別パーツでリアルなやつやったけどね。
タミヤさんは一点でもパーツを減らす為にわざわざ一体成形してくれてるんですね。
有り難いけど、ニッパーで飛ばしたった。

ガンバリその3


あ〜ハセガワのステップを複製しとけばよかった〜
今さら、もぎ取るのもアレやし。
プラの丸棒を削って作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

いくらかマシでしょう。


1

2011/2/15

カーボン塗装  プラモ
タミヤさんのバイクプラモを作ってます。
先日ハセガワさんのバイクプラモも作りました。
ハセガワさん、本気やったんですね。
それとも、タミヤさんが手抜きなのか。

実際、両社の最新バイクプラモを作ってみたけど、ハセガワのは、よー出来てるわ〜って感じです。
なにもしなくてもかなりかっこいいのが出来上がります。

タミヤさんは誰でも、初めての人でも、小学生でも、世界中の人が、何も考えなくても作れるようにしてくれてるんですね。
その分、ディティールがアマアマです。


逆に言うと、タミヤさんのは改造する所が沢山あって、素組みしか出来ない人と、頑張る人の差がデカイって事ですね。
ガンバリます。


ガンバリその1
カーボンパーツはすべて黒色指定なのです。
ハセガワさんはカーボンデカールが付いてるんですけどね。
カーボン部分が多いし、今回は塗装で再現してみます。


定番のパンストを使った方法です。
ひろぽすの使用済みパンストでもいいけど、
作業中にモヨオシテしまったらいけないので、ダイソーで買ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します


シルバーを先に塗っておいたパーツに、こんな感じでパンストをかぶせて、黒を吹きます。
パンストの向きや引っ張り具合で違った感じになるので、
いい具合を見つけるまで何回もやってみるしかないですね。
クリックすると元のサイズで表示します


こんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します


一回で塗れないパーツは面ごとに数回に分けて。
凸面はいいけど、凹面はやりにくいな〜
クリックすると元のサイズで表示します


こんなふうに、チマチマやってます。


1

2011/2/14

さむすぎ  整備
MR-2のショックがO/Hから帰ってきたので、さっそくとりつけっようと思って、外に出たら、雪が積もってました。

クリックすると元のサイズで表示します

たった30分ほどでこんなんです。

どーりで、さぶいと思った。

2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ