2011/7/3

ヒコーキ見学  
今日はRJBTに行きました。

その前に、加古川で模型店8箇所ぐらい回って、
物色しましたが、特にお宝は無く、
ヴァージンのB734を買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

ヴァージンはどうでもよくて、このキットでJTAの新鶴丸を作ります。


すでに昼過ぎですが、播但自動車道を北上してRJBTへ。
定期便は朝一便と夕方一便だけのローカルな所です。
そんなところですが、定期便の合間に5本も6本も飛ぶヒコーキがあります。
そのヒコーキのパイロットIさんを冷やかしに行ってきました。
すっかり遅くなって到着したのは4時半ぐらい。
エプロンにいってみると、外してたドアを付けたり、ロープで縛り上げたり、
パイロットIさん自ら後片付けをしてる所でした。
パイロットと言ってもTシャツに半パンで、バイトの兄ちゃんにしか見えへんけど。
金網にへばりついて、ニヤニヤみてると、
『変なやつおるな〜〜エェ〜〜』みたいな感じで気づいてもらえました。
クリックすると元のサイズで表示します


操縦席でガチャガチャやらせてもらい、
せっかく片付けたのに、また散らかして、操縦系統や計器類の説明をして下さりました。
コントロールホイールの土台に自前のGPSを付けるらしいです。
このGPSさえあれば他の計器はイラネ〜ぐらいです。
クリックすると元のサイズで表示します


そうこうしてると夕方のJAC機がやってきました。
サーブかっこええ〜
伊丹で見たら一番小さい機材で一般には一番人気の無いヒコーキですが、
ココで見ればスターです。
水平尾翼の上反角がかっこいいでしょ!

クリックすると元のサイズで表示します


伊丹に帰るJAC機を見送って、パイロットIさんと豊岡の飯屋へ。
ライスお変わり自由。
初めからライスてんこ盛り。
そんなに食えません。
もう最高。
クリックすると元のサイズで表示します

今度はもっと早く行って、ホンマにパイロットIさんが操縦してるのか確認しに行きましょう。


3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ