2010/4/27

延長  プラモ
A321が作りたい。
作りたい指数90。
このタイミングを逃すと、次に作りたくなるのはいつか分からないので、即、作る。

在庫棚を探すと、A321は最後の一機!
A321って廃盤で普通には売ってないんです。
ヤフオクで定価より高く買うしかない。
ならば、現行で販売しているA320からA321を作ろう。
って事になって、昨日のブログのシリコン型取りです。
頭突っ込んでるのが最後のA321。
胴体延長用のプラグを作ります。

そして離型したらこんな感じ。
横の四角いのは747のパーツです。
筒状のがA321の先っちょのメス型。
けして、ナニを入れて気持ちいい物ではありません。
確かに、気持ちよさげやけど。
クリックすると元のサイズで表示します

レジンを注入。
20分ほどで完全硬化します。
クリックすると元のサイズで表示します


機首は要らないので、斬首。

グロ注意!



クリックすると元のサイズで表示します



胴体部だけ使います。
旋盤で、はめ込みの段付けと、軽量化の中ぐりの加工中。
クリックすると元のサイズで表示します


こんな感じに仕上がりました。
胴体断面は真円では無いので、チャックに厚紙を噛まして、偏芯させて楕円に削ってます。
クリックすると元のサイズで表示します

組んでみた。
奥が最後の一機のA321で、手前はA320をA321にした物。
クリックすると元のサイズで表示します


毎回、作るのは面倒なので、この延長プラグも型取りします。
レゴブロックで枠を組んで、アクリル板で底を作り、延長プラグを両面テープで固定します。
バッタモンのレゴブロックなので、内面にアルミテープを貼ってます。
ブロック一個一個の精度が悪すぎて、隙間だらけ。
そのまま行くと、隙間からシリコンがかなりの量こぼれます。
クリックすると元のサイズで表示します

シリコン注入〜〜
一番左のはA321にあってA320に無い部品です。
A321のフラップはダブルスロッテッドでして、そのヒンジのフェアリングです。
ちっこいのでイヤになりそうですが、A321の特徴ですのでちゃんと再現しましょう。
クリックすると元のサイズで表示します


以上、今日までの作業です。

意味わかんね〜っと言うあなた!

それが普通です。



0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ