2011/6/23

新明和  プラモ
急ピッチでUS-1製作してます。

別に急ぐ事はないけど、こんなでかいのはやく終わらさないと邪魔でしゃーない。

なるべく無改造でいきたいけど、数箇所は改修しました。


テールの形状があまりに違うので、少し短くカットして

クリックすると元のサイズで表示します


エポキシパテで整形。
クリックすると元のサイズで表示します


このヒコーキの特徴でもある消波機構の形状がテキトーなので、
カッターとノミで削って、
クリックすると元のサイズで表示します

プラ板でそれらしくしといた。
クリックすると元のサイズで表示します


涙滴型のバブルウィンドーが三箇所あるけど、キットには2個しか入ってない。
困ったな〜
今回は透明である必要ないのでレジンで複製します。


油粘土をギュッと押し付けて型を取り、
クリックすると元のサイズで表示します

レジン流して適当な板で押さえる。
クリックすると元のサイズで表示します

ハイ、コピーできました。
クリックすると元のサイズで表示します


いよいよ色塗りです。
真っ白に塗ってからマスキングしてオレンジを塗ってます。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は天気が良さそうなので、どんどん塗装を進めます。



0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ