2009/8/24

B737-900  プラモ
ハセガワのB737-80を900型に改造する。

先月、日本最後の空港と言われる静岡空港が開港しました。

開港当日に韓国から飛んできた大韓航空のB737-900を作ります。

残念ながら、第三世代B737シリーズでキット化されているのは
700型と800型だけですので、800型を900型に改造です。

シリコンで胴体の型を取り、レジン製胴体に置き換え、
それを旋盤でピッタリはまるように加工しました。

1/200で主翼の前で窓三つ、後ろで窓二つ、延長すれば900型の胴体になります。

クリックすると元のサイズで表示します


瞬間接着剤でがっちり接着。
後はパテで仕上げましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ