2012/1/29

787  
ANAのB787が伊丹に就航して6日が過ぎました。
毎日無線で交信は聞いてるし、エンジン音も聞こえてるけど、
曇りの日が続き、一度もその姿は見れませんでした。
なので、伊丹に見に行ってきました。
一番確実なスカイパークで待ち構える。

やってきました。今日は2号機のJA802Aでした。
10ノット前後の風でしたが、ほぼヘッドウィンドーなので、
スムーズにタッチダウン。
クリックすると元のサイズで表示します


なんかもう色んなモンが展開してしもて、もーたいへん。
クリックすると元のサイズで表示します


到着後、すぐにターミナルの展望デッキに移動。
ターンアラウンドタイムは2時間ほどあるので余裕です。
クリックすると元のサイズで表示します


ここで主翼の付け根とか主翼の上面とかコーションデーターとか細かいディティールをチェック。
特徴的な主翼端。シルバーの塗り分けを見たいんやけど、よくわからん。
クリックすると元のサイズで表示します


みんなでトーイングバーを付けたり外したり、装着の練習、手順の確認、そんな感じでワイワイやってました。
ココはこのような作業が見れるのがいいですね。
トーイングバーはめっちゃ新品でした。
これって、ヒコーキ買うと付いてくるんですかね?
やっぱ別売りやろな。
別にボーイングが売ってるモンでもないか。
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、停止位置はB767-300、B777-200と同じ位置です。
クリックすると元のサイズで表示します


その後、猪名川の土手に移動。
1人やと身軽でええわ。
サビシーけど。

エアボ〜ン
クリックすると元のサイズで表示します


はい、レジ番と日の丸はこの位置です。
クリックすると元のサイズで表示します


エンジン下部のコーションデーターやファスナーはこんなん。
アンチコリジョンライトの斜め上に細長い無塗装部分がありますね。
なにこれ?
胴体に収まらなかったキールがでっぱってるのが分かりますね。
クリックすると元のサイズで表示します


よっしゃ、これでいつでもプラモ作れるぞ。
ハセガワさん、早く作ってくださいよ〜

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ