さあ,いっしょにサラダをつくろう

2005/7/23

■夜更けのメモ帳 [食器・映画・食事]  ▼映画がすき

クリックすると元のサイズで表示します

 今、新しい食器たちを集めている。結婚して早4年。この間、ほぼ一度も新しい食器を買ったことがない。しかも、この4年間使っていたのは、学生時代の不ぞろい食器と、他人様(しかも学生)からもらったお下がり品のみ。フォークやスプーンも全部バラバラという有様であった。で、最近(3歳長女)用のかわいい食器を集めだしてから、「・・・ステキな食器で食事がしたいっ」という欲求が強くなり、食器収集に開眼。以下2点のポイントを押さえつつ、アンティークショップなどを中心に今後もちょこちょこと収集予定。
1)「今この食器に○○○(料理名)を盛り付けて食べたい」という具体的イメージの沸くもの.
2)自分または他の人(CHUさん,K)が割っても,5秒だけ悲しんだ後「形あるものいつかは壊れる」と立ち直れる価格のもの.

クリックすると元のサイズで表示します
☆ケーキやアスパラを乗せたい.夏の間はきっとガラス製食器の収集が盛んになるな・・.

 映画『タナカヒロシのすべて』を観て来た。極右軍国主義系な毒独演説という独特な芸風の芸人鳥肌実が主演。kahkiさんのBLOG「うさぎ日記」でも取り上げられていた。うう〜んいい映画だった。とても私の好きなかんじ。以外にも(?)好感の持てる真面目な作りこみでありながらそこはかとなく漂うマヌケ感。さてこの映画は札幌では小劇場であるシアターキノで公開された。東京なんかだと大きい映画館で上映されるものでも、札幌くらいの人口だとミニシアターでしか上映されない”そこそこメジャー”級の映画はけっこうある。『タナカヒロシのすべて』もそんな映画。キノは新旧作に関わらずいい映画をセレクションしてくるので好きだ。で、主演の鳥肌実氏がキノを訪れた際のインタビューがHPに載っていた。おもろいので興味のある方はぜひここをクリック。

 『タナカヒロシのすべて』を一緒に観にいったのは、覆面パトカー研究がご趣味のご老体・・・・いや好青年、パトさん。そのパトさんがいいエピソードを紹介してくれた。札幌ローカルケーブルTV番組で放送された鳥肌実のインタビューから。

(以下パトさんの記憶による鳥肌実のインタビュー台詞)
僕はまったく台詞を覚える気がなかったんですね。それで,そのまま現場入りしたものでついに助監督がキレまして『あなた本当に台詞覚えてるんですか!?』って言ってきたんですねえ。そうしましたら(共演者の)加賀まりこ氏が『(助監督に向って)あんたそんな言い方ないでしょ!?この人だってねえ,プロなんだからそれくらいわかってるわよ!(鳥肌実に向って)そうでしょ?ね!?』と言われるものですから,僕も『はいっ!もちろんわかっております!!』と答えたんですねえ。その後同じシーンで5回ほどNGを出しましてですねえ。現場の雰囲気は最悪でしたね。

最高のエピソードだ。この話を聞いたおかげで一気に鳥肌実が好きになった。この話がネタであるのかマジものかということは関係なく、このエピソードがものすごいしっくりくるあたりが最高にイカしている。
クリックすると元のサイズで表示します
☆サントラCDとポストカードを購入.実は密かにポストカード収集が趣味の私.うふ.

 久しぶりにベンベラネットワークカンパニーにスープカレーを食いに行った。美味いなー。なんていうか「スープカレーの王道」みたいなスープカレーらしい味のスープだ(←わかりずらい)。それにしても狭い店にこんなに効率の悪いテーブルセッティングをするとはどういうことだ。これ、もうちょいうまいことやればあと6脚くらいの椅子増やせるのではないか。人気店だというのにこのやる気のなさ。また行こう。
クリックすると元のサイズで表示します
☆5口ほど食べた後なので見栄えがいまいち.

 フォー(ベトナムのライス麺)を作った。本場のフォーは食ったことがないのでスープの味つけは想像で適当に。適当ついでにザーサイを入れたが、入れない方がよかった。トマトピューレを大さじ3杯ほど入れたのはOKだった。今度ベトナム料理の店に行って研究してこよう。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ