さあ,いっしょにサラダをつくろう

2006/9/9

母と砂ネズミ  ▼こんな家族

わたしの実家では、3年前から砂ネズミを飼っています
ネズミの寿命は一般的に2年前後なので、けっこう長生きです
その他にもミニウサギとハムスターと金魚を飼っていますが
動物の世話はすべて、実家の父がやっています
父はとてもマメで、毎週、飼育ケースを掃除します
エサも毎日キャベツなどの野菜をあげています

今日、実家に行ったら、そのネズミが死にそうでした
もうグッタリと横たわっていて、水を飲みにも立てません
ときどきケイレンするそうで、父がつついてもピクっとするだけです

さっき、ネズミが死んだというお知らせのメールが
実家の母から届きました
母は動物の世話は(めんどくさいから)全くしませんが
やはり死んでしまうと寂しいようです
母は、パソコンや携帯電話の使い方にはとんとウトい人ですが
最近がんばって携帯メールの使い方をマスターしました

そのメールを、ちょっと紹介したいと思います

------------------------------
サトちゃん      
とうとうすなねずみがしにました。
お父さん明日ホテルでランチたべながらおそうしきをするそうです。
でもしんぞくだけでするのでお父さんとままだけ出席します。  
お父さんって3年半もお世話したのにけっこうドライだよね。
じゃあね
ママ
-------------------------------


・・・(おかしくて読みながら肩がプルプルふるえている
ポチッポチッ(返信を打っている
・・・(母へ返信


--------------------------------
ママ
そうかあ、それは残念だったね。結構長生きしたよね。
ホテルでランチしながら密葬ということで、私はでませんが
心ひそかにねずみのことを思い出すよ。
でもやっぱりホ乳類だからいなくなるとさみしいね。次は魚だね。
おやすみなさい
サトコ
-------------------------------

そういうわけで、明日の昼時は
ネズミの思い出にひたりながら黙祷をしたいと思います

では
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ