さあ,いっしょにサラダをつくろう

2004/9/24

■続・続・BIKE初乗り―リアル  ▼BIKE―記念日

 BIKE初乗りから丸1日が過ぎた。

 ところで、私はイメージトレーニングが好きだ。スキーや水泳などもイメトレが大事のようだが、私の場合は”出来事や状況”のイメトレだ。食堂に入り座る席を決める瞬間、どの席に座ると一番楽しく食事できるかをできる限りイメトレする(ま、数秒ですが)。確信を持ってBESTな席を選べるときは3割がたで、大抵は「優柔不断な人」になってしまう。

 BIKEを購入契約した後の教習所ではSuperFourにまたがり「これは愛車ZZR400ちゃん,ここは公道」という設定をして、できる限りのイメトレを試みた。愛車4輪で走るときも「これは愛車ZZR400ちゃん」と想定してブレーキ時期や車線変更のイメトレ。自転車で買い物に行くときも「これは愛車ZZR400ちゃん,今玄関前を出発,はいアクセルゆっくり放す」と健気にイメトレ。イメトレ効果の程は全くわからないが、とにかく、納車したての実物ZZR400にまたがり、玄関前を出発するときは落ち着いた出発だった(という気がする)。当たり前だが、イメトレで得られないものがある。
リアルな感動  リアルな緊張感 だ。


 さて、実物ZZR400ちゃんでさっそく玄関前を出発しても、自宅付近は一時停止看板ばかりの住宅街であり、障害物を見つけるのに必死の私。そして、やっと直線優先道路にでた。よしっ加速だっ!

・・・ほわぇ〜〜〜  

かなりマヌケな第一声だがしょうがない。教習中もコケる寸前とかはヒョエ〜とか奇声を発し指導員に「カッコ悪すぎるからやめろ」と言われていた。丸1日経ってようやく活字で表現できるが、私が初めに味わったのは”驚き”だ。このマヌケな第一声を訳せば

”なんでこんなにいきなしビュッって進むのっ?
すごいよ,飛んでるんじゃないんだからさ〜,
おわー速い速い速い速い速いよ〜〜〜

ということになる。このときの速度は50q/hあるかないか。でも私の体感速度は160km/hだった。一度だけ愛車4輪の納車当日に好奇心にかられ1kmほど直線の続く狭い1車線トンネルで160km/hをだしたことがある(もち同乗者も通行車両も誰もいない)。瞳孔が開く感じがし一瞬鼓動が静まり背中に向って血が逆流する。そんな感じだった。そしてあの50km/hもそういう感じだった。だから、正確に言うとマヌケな第一声は、正面の信号付近で減速したときに出たものだ。加速時の自分がどうだったかはよく覚えていない。

 リアルな感動はイメトレできない。そして活字にするのが難しい。丸1日経ってエピソード記憶をようやく言葉にできた。これが私のSHINY-GREEN初乗りの”リアルな感動体験活字バージョン”だ。


 ではリアルな緊張体験はどうか。なぜかこれはすぐに活字化できる。前述したが、白バイ隊とのパレードに参加すべく道警に向っていて道に迷った。ローカルな地名で申し訳ないが、狸小路からススキノに出てしまいしかも駅前通りを右応左応するという、札幌市街の超繁華街スポットを30分も満喫する観光バスもどきの走りをしてしまった。路上駐車のオンパレードの左車線(う…車線変更させるなよ〜)、車が頭をつっこんでくる脇道(おわっ,ビビるじゃねーかいっ)、普通に車道を走る激チャリ(おーいぃ,頼むからこっちに寄って来るなよ〜)、交差点に駆け込む歩行者軍団(うう…低速でも急ブレーキはつらいっす)、常時ウィンカー点灯式かと思うほどの左折右折4輪車(直進車ばかりの道路が走りたいっス…)、間近で右折を強行するCR○WN(のおぅっ,これがうわさに聞いた右直事故の原因か!)、車線変更なんだか蛇行運転なんだか分からんフルスモーク車(あの〜中央線の意味がないんですけど〜)。さすが教習所の学科教本250ページ分がつまった公道なだけある。なぜか普段4輪で走りまくっている道路なのに景色が全く違うのだ。そもそも迷子になること事態おかしい(札幌在住20云年)。ちょっとデパ地下で惣菜買ってくか、なんて考えるゆとりは全くない。とにかく「無事に帰ろう(帰りたい)」としか思えなかった。身をもって交通安全週間を体験したわけだ。

 
さて、本当はここで
”ジャ〜ン♪これがあたしの愛車ZZR400ちゃん,
96年式ダークグリーン,愛称はSHINY-GREENで〜す”
などと可愛らしい紹介文を添えて写真をアップするはずだった。これも前述したが、借り物の新品デジカメを水没させてしまったため写真がないのだ。近日中にはなんとかアップしたい。
0

2004/9/23

■続・BIKE初乗り―Rider達  ▼BIKE―風景

 ”BIKE倒しちゃった”の打撃も落ち着き(デジカメはまだ復活しないけど)、夕飯にカレースパゲティを2杯食い、一段落した。さっそく、BIKE初乗りエピソード本編にいきたいと思う。

 その前に、BLOGを作ったとき、自分のBIKEに乗ったらこれをやろうと決めていたことがある。それはBIKEを通して出合った人達のエピソード回想録だ。私は特に”出会い至上主義者”ではないのだが、BIKEに関してはこれがやりたかった。その1番の理由は、やはりTouringのときなどにRIDER同士のかわす挨拶風景だ。愛車4輪で知床旅行に行くと必ず目にする光景だった。前のBLOG記事で”風”のことを書いたが、ああいうスマート(?)な表現以外で言えば、「すれ違いざまサッと手を上げ合うなんてかっちょちょいい〜〜」ということになる。うん、最高にカッコ良い。BIKE先輩の中尉殿が「Rider同士に漂う連帯感みたいなものがある」と言っていたことがあるが、そのセリフを聞いたときも「かっちょちょいい〜〜」と思った。そんなにカッコ良い体験なら、それを記録として残さない手はないっ!ま、ただ単にBIKEを通じて出合った人達は”おもろい”ということもあるが。

 で、身近なBIKE乗りには中尉殿ミッチさんがいる。中尉殿は私のBIKE熱を煽り教習所通いを実現させた大学の先輩。非常に変わった人で(すんません)、原付免許から取り始め、普通4輪・大型・小型特殊・普通2輪・大型2輪を取った人だ。今度は「けん引」が取りたいらしい。しかもそれが「ネタづくり」のためというからまさに変人の域である(すんません)。しかしその甲斐あって(?)非常に博識な多趣味人だ。ミッチさんはYZF-R6乗りで私を初めてのタンデムTouringに連れて行ってくれた。超礼儀正しい好青年で、峠を攻めるときは「一人乗りの時はそれなりにスポーツライディングを心がけています」と爽やかに言い放つ。ちなみに愛車ZZR400との出会いにも立ち会ってもらった。とりあえず困ったことがあるとこの2人に相談している。

 で、教習所の指導員。お手本スラロームをするK指導員の前にイタズラで立ちふさがりちょっと轢かれかけたT指導員(「おいっ減速しろっ」とツッこんでいた)。とにかく教習は毎回楽しかった。全時間の教習風景をPRIVATE日記に記してあるが機会があればまた引用したい。SHINY-GREENを購入したBIKE屋SATOさんは、まさに私とSHINY-Gの仲人だ。教習に通う前、街中で偶然見かけたライムグリーンのZX-10Rに一目ぼれした私は、買うなら絶対にZZR400が欲しかった。ただ、雑誌や他のBIKE屋での情報から「初心者のうちはNAKEDかニーハンがbetterか‥」という心境になっていた。だが、SATOさんは全く足のつかないオフロードに乗っており、押しがけは当たり前、しかもサイドスタンドだしたまま走行し(ロック解除して)左折時をねらって路面との接触でスタンドをはずすのだという。そういう「ちょっとむちゃくちゃだけど好きだからやっちゃってます」というエピソードをいくつも、しかも実に楽しそうに話してくれたのだ。根がおだちやすい私は「だよなっ、好きならなんとかしてがんばりゃいいのさ〜」とあっさりZZR-400とヨリを戻した。あの時心変わりしたまま離別しなくてよかった。ということで、とても感謝している。

 教習所でBIKE仲間ができた。今日の交通安全祭も一緒に参加した。延長仲間(すんません)のAKちゃんは入店10分で新車のDRAGSTAR-CLASSICを契約した強者だ。今日は道警に行くまでに80kmも道に迷い、私よりも遅刻して参加した(皆ちょっと感心していた)。NONちゃんは、けっこうな雨の中BIKE屋に愛車を引き取りに行った根性のあるFZR-400R乗りだ(私は配達してもらったよ…)。ニーハンオフロード(ごめん名前忘れた)乗りのキクッチーは、短髪に2本線の剃りがビシッとはいった大型免許取得者。私をいれた4人の中で貴重なベテラン中免Riderだ(Touringの際はよろしく〜)。

 今日の祭でRidersCLUB関係の人達と知り合った。喫煙所でダラダラしているときにZX-6RRRiderとお話できた(憧れ〜)。なんとZZR400乗りの方と一緒に参加しているとのことっ。さっそく話しかけてみました〜、K.M.Gt北海道支部所属の
T-cabinさん
。ああ、”ZZR400仲間”というのはなんか嬉しい響きですね。レトリバーの飼い主同士の連帯感みたいな(例えがイマイチですが)。そして、以前から女性RiderのClubに所属したいと思っていたのだが、幸運なことに今日の祭にクラブの会長さんが参加していた。女性Riderならではの苦労話や工夫情報が今から楽しみである(私の場合は今のところ”Jacketのサイズがない”くらいだが)。

 BLOGにコメント第一号を書いてくださったBTADTMさん。私はBIKE生活とBLOG生活が同時期に始まっているし、BLOGを上手くつかってBIKE生活をENJOYすることが目的なのでやはりコメントをいただけたのは非常に嬉しかった。友人でBLOG作成が”趣味”の域に達しているあおさんという競馬+野球好きがいる。数えるくらいしかコメントを書いたことはないが(力の入れ具合がわからなかった)、あおさんはかなりマメに返事をくれる。今なら彼の気持ちがわかる。
 
0

2004/9/23

■BIKE初乗り―直後  ▼BIKE―記念日

 BIKEが納車になった。結局今朝配達してもらった。なぜなら昨日は北海道あいにくの雨だったから。で、午前10時40分に道警中央署に集合して市街を練り歩く(低速走行)するパレードがあったわけだ。しかし、パレードには参加できなかった。なぜなら道に迷い、駅前やススキノといった超繁華街をオロオロと走るはめになったからだ。そして余裕の1時間送れで道警に到着したときは誰もいなかった・・・(涙)。で、祭開催場所であるS自動車学校に直接1人でヨロヨロと向かい皆と合流したのだった。会場である教習道路には出店などが出ており、子どもや家族づれがたくさんいた。BIKE部隊はお客さんの間を縫って教習道路を一周し、その後白バイ隊のデモンストレーション、そして白バイ隊によるBIKE教習を受ける、ということで祭は終わった。

 あれ?今日BIKEが納車でしょ?初めてZZR400ちゃんに会ったわけでしょ?初めて自分のBIKEちゃんに乗ったわけでしょ?感動はないわけ?なんでそんな事務的な報告なわけ?という数々のツッコミがここではいるわけだ。

 うん、とにかくね、全てが超ハイスピードで過ぎた1日でした。で、クタクタなのだ。だから感動報告はまた改めてするの。とりあえずは、無事コケることなく家路に着いた。しかーし、玄関前でなぜかBIKEちゃんを倒しちゃったのだ。ごめんよZZR400…。倒してから、親切な通行人の方のお力を借りて引き起こして、平らな場所に駐車して、という流れに40分程費やしている。しかもその間に借り物の新品デジカメを水溜りにおとしている。で、30分くらいはBIKEを起こしたり押したりしていたのだ。「ああ疲れた」という台詞は好きではないのだが、今ならハッキリと言える。疲れた〜

 今は、家にはいって借り物のデジカメに必死でドライヤーで風をあてて乾かし(かなり弁償決定)、一服してPCに向っているところだ。

 オリンピックには魔物が住む、とか言うらしいが、公道にも魔物が住んでいるらしい。出会いの感動を喜ぶヒマもなく、公道との戦いにさっそく仲間(もちZZR400ちゃんね)と出向くプラトーンな1日だった(プラトーン自体のストーリー忘れたけど)。

 長文を書く場合はある程度の余裕を持って書くのが常だが、今回はマジでリアルタイムに文章を打ち込んでいる。でも、こうして徒然と文章を書いていると、心臓もちょっと落ち着いてきたみたいだ。ああ、
今日1日ありがとうSHINY-GREEN、お疲れさま

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ