さあ,いっしょにサラダをつくろう

2004/11/11

■実験2『気分差:テンション』  ▼そんな日常

 よしっ、今日もBLOGで実験をしてみよう。設定したひとつの題材について、初めの投稿から次の投稿までに気分差をつけてみるのだ。投稿した記事も後から「修正」可能なWeb活字ならではの試み。とりあえず3段階に分けて時間設定をしてみよう。開ける間隔は・・・気分次第だな。「低いテンション」「普通のテンション」「高いテンション」・・・うーん。まあこんなもんだね。

 とうことで、性懲りもなく心の声から始まった今回の記事。でね、どんな実験かというとっ、今の気分が「低いテンション」だから、そのうち「普通のテンション」に移行した頃「更新」ボタンをおしてみてくださいな。するとほら”あ〜ら,さっきの記事に別の文章が追加されてるよ〜(低声で)”という現象がおきちゃうのだ。ここではいるツッコミをいくつかイメージトレーニングしましたが、あまりにもたくさんありそうなので割愛。だから普通にツッコんじゃだめ。


はいはいはいはいっ,実験開始ー

−−−−−−−−−−−−第一段階−−−−−−−−−−−−−
11月11日 午前11:06 「低いテンション

 は寝起きです。、いい歳こいた一応仕事人のくせして今起きたのかね。 あー頭ガンガンする。、人の話を聞きたまえ。 ボーっとする〜一服させろー。、いい加減にしたまえ。 頭働かねーよー。、そんなんで21世紀の日本を生き残って行けるのかね。 うっせー!ほっといてくりやがれっつーのー。、なんだねそのダラシナイ格好と言葉使いは。 あー今日の予定はーーーうーんとぉーー手帳・・手帳・・・あ、手帳は職場に忘れてきたんだ。、君を見てると本当に心配になるよ。 どーもどーもご心配センキューベリーマッチョだすーー。、そんなことよりさっさと本日の題目を設定したまえ。 ううーんとねぇ、そうだなー、「仕事」にする。、それはきちんと思考した上での判断かね。 あたしが「仕事」にするっつたら「仕事」なんだから「仕事」でいいんだよーーー。、他人様に紹介できるような「仕事」ネタを持っているのかね。 ねーよ、ねぇーよー、ねぇったらねぇーんだよぉーーー。、一応仕事人のくせにそのダラシナイ朝の諸言動はいかがなものか。 うっせー!!!!!。、君は本当に動物だね。 アニマル・サトコでーす。

−−−−−−−−−−−−第二段階−−−−−−−−−−−−−

11月11日 午前13:32 「低い」から「普通」への「初期移行期テンション

 シャワーはいって化粧終わった。ピアスとネックレスも装着。本日のお洋服は花柄ピンクのゴシック調パンク風むちむち7分袖Tシャツ。わけわからん。はあー、どうよ。今時分はまっとうな社会人の人々のお昼タイムくらいか。「あんたは人間にとって必須な部品が何か欠落してる」と母に言われたことがある。しかも真面目な人生相談の最中に。こういうことかなー。人々が尊い勤労の鼻水を流している最中に、本日の洋服を描写してるとこ。そういうところが「部品」の欠如に一役買っているとか。・・・・いや!あたしだってあたしだって仕事している時間があるよ!職務に従事してるときがあるもん!職責遂行タイムがあるんだもん!

だけどそれが大抵の人々と時間的・労働形態的に異なっているだけだもん

 で?で?そこまで言っといて「ヒ・ミ・ツ」はなしっこだよ。何やってんの?仕事。そう。君の仕事。何やってお金もらってんの?
そ・そ・・そ・・・・そっ・・そりっ・・そりゃ オフィスレディ だよ!

あー、これ嘘です

ちなみに母の台詞の真意はもっと崇高なところにあるに違いない。しかしわからん。崇高な部品欠落?がぁー活字にするとつらい響きだ。

−−−−−−−−−−−−第三段階−−−−−−−−−−−−−

11月11日 午後 5:27 「普通のテンション

 ただいま。今外出先から帰ってきた。で、これからまた出かける。少し時間あるから寄りました。私の仕事はいたって普通程度の会社勤めです。会社勤めだがオフィスレディではないということです。

 仕事・恋愛・下ネタ3大罰ゲーム分野は、本当に「罰ゲーム」をやって遊ぶときまで取っておく算段でした。しかし思わず口がすべってしまった。そして、今日は本来であれば「100の質問」シリーズに関する話題でしたが、これもすっかり忘れている。アホだ。朝のあたしアホだ。朝でなくとも。いや、それ言っちゃいかん。ただ崇高な部品が欠落してるだけだ。

 もう出る時間になりました。これから一服して便所行くので失敬。

−−−−−−−−−−−−第四段階−−−−−−−−−−−−−

*「高いテンション」にはならないので<前編>はこれにて終了致します.<後編>は15日に投稿してございます.

【実験途中結果:<前編>段階】 失敗


0

2004/11/8

■ついに岸田さんも言っちゃったね  ▼書物と活字と

 「100の質問」シリーズってあるじゃないですか。いま流行ってるみたいですよ、すごく。この間「B型に100の質問」ていうの見つけたんですよ。あたしB型じゃないですか。すごいやってみたくて。だけどあれ時間かかりそうじゃないですか。ムリ。あたしはムリですねー。っていうか根気ないじゃないですか、あたし。

 ・・・・・ぶはぁっっはぁっはぁっはぁっっーーっすぅぃーっはぁぁぁー

あー苦しかった。あ、今の深呼吸ね。冒頭の数行記入してる間息止めてたから。いや、いつの間にか止まってた。がんばったなあ、私。

 さて、こんな息苦しい出だしなのだが、さっそく質問させてください。冒頭の文章を読んでどう思いますか?・・・・うんー・・うん・・あーうんうんわかるーあーそうねーそうねー非常に気持ち悪いよね。私もジャストミートでそう思ってた。その他は?・・あーうんうんわかるー「じゃないですか」という表現が気になるよね。私も今それ言おうとしてた。他には?・・うんうん「ムリ」ではなく「出来ない」という用語を使うべきだって?まったそんな小姑みたいな細かいこと言って。嫌われるよ。他は?アナザーワンは?っていうか「っていうか」っていう接続詞を使うなって?でもほれ、今使ってたよ。っていうか「っていうか」って言ってたよ。や、っていうかそうじゃなくて「っていうか」ってそっちが・・・や、そっちだろ、っていうかそっちが言って・・あ、また言った・・いやあたしじゃないしょっていうか・・・あ、また言った・・っていうかちょっ・・ちょっとしつこいじゃないですか!・・・・・あ、また・・

 「じゃないですか」を筆頭に、続々と「ムリ」「っていうか」「〜的には」「・・・、みたいな。」などの新語が市民権を得た。いや、こんなこと改めて書くのもアホくさいほどすっかり定住している。こう書いたからと言って、では私が井上ひさしのごとく日本語の荒れを指摘できるのかといえば、それはムリ。そう、私も今やすっかり”っていうか族”。略して「ってーか族」・・ってーかぞく・・んってーかぞく・・うんてーかそく・・・・・運転加速?

 さて、私が20歳の頃だから今から7年ほど前は「じゃないですか」という用語は「いいじゃないですかっ,10歳年上だって!直子さんは俊夫さんが好きなんでしょう!?」という場面でしかシックリこなかった。「私B型じゃないですか」の場合、「君はO型だよ,なんて嘘ついて,ひどいわっ!ずっとだましてたのね!」という境遇以外であれば、「そういう台詞は献血センターでどうぞ」としか返しようがない。とにかく、20歳くらいのときは「じゃないですか」のフレーズが聞こえる度に鳥肌が立った。「なぜ君自身の情報をそんなに無防備に私の記憶に委ねてしまうのだね.私が否定したらどうするのだね.帰るお家はあるのかね.」という親切心も起こるには起こる。しかしやはり一番初めに沸き起こる感情はといえば、

気持ち悪い。

もう率直に言って気持ち悪い。だが忘れもしない21歳の夏。実家で母と2人テレビを観ていたら岸田今日子が「じゃないですか」と言ったのだ。「直子さんは俊夫さんが!」という文脈以外で。気持ち悪い文脈で。もう終わった、と思った。事実上、私の「じゃないですか,は絶対言わないぞ運動」は終焉を迎えた。「ついに岸田さんも言っちゃったね」という母の残念そうな横顔が今でも忘れられない。

 その後、押し寄せる”じゃないですか市民権取得ウェーブ”の波にさらわれ、私は記念すべき第一回目「じゃないですか」発言を経験する。今は年1・2回の頻度で「じゃないですか」を使用させてもらっている。なんといっても便利なのだ、この言葉。目上の人なんだが、かしこまった場面でもなく、かといってタメ口は難しく、しかし語調のキツイ言葉は避けたいときなど、本当に重宝する。もうこれは家宝だ。よしっ、これからはなるべく家宝の希少価値を高めるべく、4年に1回の露出頻度に抑えよう。オリンピックじゃないですか。え?っていうか「っていうか」の常用は平気かって?いやそれとこれとは・・っていうかまた言ったな・・いやそっちが・・・・・あ、また・・・。 
 
 今日は本当は「100の質問」に関する話題のはずだった。次回持ち越し。
0

2004/11/7

■レディース・デビュー!  ▼BIKE―外出記録

 どひ〜疲りたー。え?「疲れた」って台詞はキライじゃなかったけ?うん、嫌い。でも大して疲れてもないのに口癖みたいに言うのが嫌いなだけ。疲れたときは事実報告として言ってもいいの。だあー疲りだー

 今日は以前から予定されていたBIKE系クラブの主宰するツーリングに行ってきた。朝8時過ぎ家を出てさっき(午後5時頃)帰宅した。私が所属してるのは北海道女性ライダーのクラブ。もち女性Rider限定。非常に元気の良い集団。平均年齢はー、ううぅーんとねぇ、精神年齢は23歳で、肌年齢は19歳、戸籍年齢にするとーまあ昭和3・・2?・・・30年代生まれくらいかな。そうそう、そこのメンバーからメールとかくるとさ、件名が「レディース美雪です(仮名)」とかになるの。レディース美雪です、だよ?夜露死苦ぅだよ?ロンタイBABYだよ?

 そいでさ、もういっこあるの。うちの女性ライダーズクラブでは、BIKEツーリング以外にも色々イベントがあるのよ。月1回くらいで。ボーリングとか、昼食バイキングとかに行くのさ。で、そういうイベント日のことをレディースDAYっていうの。チーンチーンドンジャララララピコーンピコーンパラリラパラリラー、あ、これパチンコの音ね。パチンコ行かないからよく音がわからん。ちょい脱線するけどパチンコでどやって女性優遇すんだろ。釘に細工?

 本日のツーリング、目的地は富良野の予定だった。うほーふっらのー♪最近行ってなかった。久しぶりだ。うれPー!パッチワークの丘観ないとっ!ら〜らぁーーららららら〜♪ジューン!という観光客状態で大喜びしてた私。しかし、途中からが降り、しかもみぞれに変わりだした。母さん、激寒なわけで、カイロ背中に貼ったわけで、引き返す話にはならないわけで、根性なわけで、希望的晴れ観測なわけで、僕らは、芦別に向った。ということで、富良野は却下。寒すぎる。幸い雨とみぞれは止み、後半は日も照ったりしたが、それでも激寒いことに変わりはない。だって摂氏3度だからね。

 寒かったけど、防寒はいつもよりしっかりしてたからなんとかいけた。それより、今日は疲れた。ところで、クラブは女ばっかだけど皆すっげーサクサクッサバサバッとしてて、そいういう性格とか何とかはマジ楽。喫煙者もいるんで気がねなく煙草吸える。メット脱いで髪ぼっさぼさでもOKだし(これはいつものことだが)。で、疲れるのは千鳥走行。以下K.M.Gt関東支部による説明文。
「千鳥走行:複数のバイクが同一車線上を走行する際に使われる走行.(中略)主に一般道や高速道路を団体で走行する際によく使われる.順番などはとくに決められていないが,先頭と最後尾にはほとんど場合リーダーとサブリーダーが付く.(中略)前車の斜め後方に自分を位置させる. (K.M.Gt関東支部HPより)

要するにジグザグに並んで走行するの。先頭は次の目的地まで先導できるベテラン。最後尾はトラブルに対処したり連絡係となるベテラン。私のように初心者のライダーは真ん中あたりに位置する。これはねー、楽。ただし真ん中にいた場合。先行のベテランがちゃーんとペース配分してくれて、右折も左折も追い越しのことも考えてくれて、カーブ角度に応じた進入速度つくってくれて、広い休憩場所に誘導してくれる。改めて活字にすると本当にありがたい先導ライダーさん(ありがとうございます)。で、何かトラブルがあっても最後尾ライダーがちゃーんと見ていてくれる。どんなにトロくても絶対に追い越したり置いていったりしない。改めてありがたさ実感(ありがとうございます)。

 じゃあ、何が疲れるんだい?君。どうせ今日も真ん中走ったんだろう。至れり尽くせりで、何処の誰が疲れただのと贅沢ぬかすんだねっ!・・・うん、今日もやっぱり真ん中だったよ。楽だった。景色ものーんびり眺められて。休憩もたくさん入れてもらって。お茶とかお菓子ももらって。千鳥走行に何も不満はないの。っていうか疲れない。むしろ大歓迎。疲れるのは、千鳥走行の合間にはいる
仲間待ち」の時間。信号などで集団間の距離が開いた場合は、先導者の判断で、道路の左側に停車して後方集団を待つの。・・・君は、そんなによくしてもらった仲間を待つのが、そんなにイヤなのかー!バッカもーん!・・いやいや、違うの違うの。「待つ」のは疲れない。というか誰も「イヤ」って言ってない。疲れるのは「先行車の左ウィンカーを確認して自分もウィンカー出して左に車体寄せて先行者の後ろにつける形で縁石ギリギリに停車する」という、これ。もう、まいった。神経擦り減る。

 これ、他のRiderは疲れないと思う。私は初心者なので、今は自分の走行で手一杯の状態。だから、常に前にも後ろにも気を配り、かつ周囲の状況などを観察し、とっさにトラブルに対応できる姿勢をとり続ける、というのがすっごい下手な状態だ。そしてきわめつけ、低速でのノロノロ走行下手。しかも致命的なのが、低速からの停止ふらつきやすい。で、当然、集団で走行しているわけで、集団行動なわけで、迷惑をかけるわけにはいかない。自分の走行は最善の努力で自己完結しなければならない。たぶん精神統一の根性発揮してた。仲間待ちで左停車する時間。まった多いんだよ「仲間待ち」の回数。気遣いとチームワークのレディースだからさ。いや、そういうロンタイBABYなとこも大好きだよ。査胃粉鵜!

クリックすると元のサイズで表示します
☆本日合同ツーだったので男性もちらほら.真ん中の銀色に輝くブツも参加車.うそ,犬と猫の散歩してた通行人の方の.動物は女性子ども男性のアイドルだ.
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ