さあ,いっしょにサラダをつくろう

2004/11/24

■振り向いて中尉殿  ▼書物と活字と

 今日は私の大学の先輩中尉殿のことについて書きたい。特別了承は得ていないので差し支えが判明したらきっと修正をいれる。さて、タイトルは「振り向いて中尉殿」なのだが、私は中尉殿大好きだ。言うまでもなく恋愛感情ではない。私には”男性”ということが全く気にならない男友達が数人いるが、そのうちの貴重な1人が中尉殿だ。ちなみに肩書きは「先輩」だが、私の中では「親友」になっている。

 中尉殿はBIKE乗りだ。彼のBIKEツーリング話に魅了され、私は自動2輪免許を取得した。そういう意味ではBIKE先輩であり、BIKE師匠だ。BIKEに限らず、私は中尉殿をよく頼りにする。パソコンの事からメイド喫茶の事まで何でも相談する。彼はなんといっても博識であり、趣味の幅も深さも深海のように広い人なのだ。しかも非常に冷静合理的。私にはないものをたくさん持っている。羨ましさを軽ーく越して尊敬の念を抱かざるを得ない。

 さて、そんな魅力満載の中尉殿なのだが、彼は替え歌がものすごく上手い。替え歌の歌詞を書くのが非常に上手いのだ。機会があればぜひともご自身のBLOGで公表していただきたい気持ちだ。たまにカラオケ屋で自ら作詞(=編詞)した唄を聞かせてくれるのだが、本当に感心するほど鮮やかで面白い編詞なのだ。

 では、ここでようやく本題にはいる。私は前回の六面体アワーでポエムを書いた。だってサイコロ振ったらその面が出たから不可抗力なんだもん。で、中尉殿がそのポエムに対して編詞をしてきてくれたのだ。コメントで。それが最高なの。私の中のグラミー賞。そうそう、要するに、あまりにもおもろい編詞だったから皆様とその感動を分かち合いたいのだ。で、まず編詞自体を読む前に3つ見て欲しいものがある。1つめは中尉殿のBLOG記事。2つめは「働いたら負けかなと思ってる」。3つめは元ネタであるsadko作のポエム。

1)中尉殿のBLOG記事
まずはこちらをクリックして、中尉殿のBLOG記事をお読みください。

2)「働いたら負けかなと思ってる」
中尉殿の記事でも指示があったと思いますが、「働いたら負けかなと思ってる」のキーワードでGOOGLE検索をし、画像と記事をお読みください。

3)元ネタ:sadko作のポエム
■クレーンと金星
穴の淵に指をかけて 這い上がろうとする手がある
穴の壁に額をつけて 顔をもたげようとする後頭部が見える
穴の底に爪先立つ 足元だけが暗くて見えない
先に登りついた方が勝ちだと思っている
先に地面を踏んだ方が勝ちだと思っている
先に地上を見渡した方が勝っていると信じている
押し上げてもらう事が得なのか
押し上げる事が徳なのか
引き上げてもらう事が恵みなのか
引き上げる事が望みなのか
重力の方向を知らない私とあなた 2つの地上 2つの穴


読んだ?読んだ?じゃ、さっそく。これが中尉殿による編詞だっ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

親の脛に噛り付いて 堕落しようとする奴がいる
ガレージに後頭部をつけて 何本か抜け落ちている前歯が見える
今の境遇に無思考に立つ 5年後すら暗くて見えない
働いたら負けかなと思ってる
今の自分は勝ってると思ってる
養ってもらう事が得なのか
養う親はどうなのか
未来の収入は恵まれるのか
未来に望みはあるのか
世間を知らない彼 ニート君 2つのキャプチャ 2ちゃんねる

                           中尉  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

すてき。すてきよ中尉殿。こっち向いて中尉殿。振り向いて中尉殿。

クリックすると元のサイズで表示します
☆大通り公園のイルミネーション見てきた.今ミュンヘン市もやってる.
クリックすると元のサイズで表示します
☆大通り公園でクラーク像ポーズの私.
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ