さあ,いっしょにサラダをつくろう

2004/12/5

■13年目の×××  ▼娯楽に旅行に

 どうもどうも。sadkoでふ。さて、一昨日は女友達アサヒとおデートに行ったわけですが、今日はちょっとおデート日記でも書こうかなと。

 おデートコースはこれ。
1)うちの超お気に入り中華料理屋でコースディナー
2)J○Lホテル38階のバーで夜景を堪能しつつカクテル
3)KING XMHUにて80年代曲にあわせて踊りまくる
4)ダイニングバーで飲みなおし


まあ、1〜4までひたすら飲んでた。うちはビール→カクテル→赤ワインというのがお決まりコースなのだが、アサヒは初っ端からウィスキー水割りばっかり飲んでいた。

 さて、1〜4の中で読者の皆さまが一番気になるのはやはり「KING WMHU」に違いない。そうに決まってる。そういうことにしないと話が進まん。で、キングムーなのだが、札幌人なら誰でも知っているススキノデスコだ。正式名称でディスコともいう。いや普通にそういうか。

 初めに断っておくのだが、うちが「ディスコ」と名のつく場所に足を踏み入れるのはこれが恐らく3度目くらいだ。要するに全くそういう場所には行かない人種なのだ。高校生の頃は俗にいう「クラブ」に付き合いで出かけていたこともあるが、どうも馴染めなかった。うちはちょっとこ汚なめの居酒屋で焼き鳥と生ビールでぐだぐだ日本の将来についてエセ議論をかましたりするのが大好きな人種だ。だからおっ洒落〜なクラブはどうも落ち着かない。「ワッツァプァメェーン?」なんてちょっと恥ずかしい気持ちになってしまうバリバリ庶民的日本人だ。そもそも「クラブ=What'UP, Men?」な発想をするあたりでもう私は「DJ」や「クラブ系」とやらには無縁の精神構造であることが、皆さまに大バレだ。ちなみに勝手に言い切っておくが、アサヒも私と同じ人種だ。ヤツはさすがCalifornia帰りなだけあり、Native English Speakerにかなり近いわけだが、それでも精神構造はバリバリ日本人だ。「ピーナツバターより味噌が好き」な思考回路だ。まじ勝手に言い切った。訂正があったらコメントで抗議してくれ、アサヒ

 そんな味噌・醤油コンビのうちらがデスコに行った理由?

1)札幌で「ジュリアナ東京」現象を再現する野望があるから
2)キングムーのことを銭湯と勘違いし一風呂浴びようと思ったから
3)酔っ払った適当なノリで
4)恋をしていたから


ん?3番だって?そうそう、なんで分かったの?不思議ー。
聞けば「本日は80年代MUSIC特集でございます」ってことらしい。よしよし。でね、はいってビックリした。いくつかビックリの理由がある。

1)結構空いてる
2)お客さんの平均年齢が30代前半
3)かなりまったり落ち着いたムード
4)飲み物の容器がグラスじゃなくプラスチック


や、80年代特集だったというのもあるが、本当に仕事帰りの会社員やOLさんらしき層が多かったのだ(もち普通にダンサー系の方もいた)。当たり前だが、うちアサヒにとってはものすごい居心地がよかった。「バブリー期にブイブイいわせていたあの青春をもう一度」という雰囲気のなか、皆さんかなり適当な感じで、しかもものすご楽しそうに踊ってらっさる。もうなんつうか、カラオケパブで「YMCA」に合わせて踊るのと似た雰囲気で本当に気持ち的に楽だった。

 初めはアサヒと「東京ラブストーリー世代だね.”ジュリアナ東京”という言葉がここでは活き活きしちゃうね」などとだらだらトークをくりひろげていた。だが、かかる曲かかる曲「なつかしー」という感想を口頭で表明せずにいられないほどのレパートリーを披露されちゃあ、しかも目の前でダンシングされちゃあ、ねぇ。

 ということで、「楽しそー!!」テンションがピークに達したうちらはそそくさと立ち上がり、人一倍の訳分からんノリで踊りまくったのだった。はー、楽しかった。いや、まじで気疲れのない楽しさだった。しかもけっこうカロリー消費した。普通に有酸素運動くらいは動いた。一石二鳥

 まー「お洒落」とは程遠いデスコ体験なわけだが、こういう楽しみ方もあるのかと本当にいいことを知った。札幌には探せばけっこうこういう「落ち着き系楽しイベント」が存在するのかもしれない。穴場だ。札幌在住20云年にして発見した穴場

 バブル崩壊から約13年。「バブリー」も13年寝かせれば味がでるということだ。『バブリー13年目の再評価』。どさんこワ○ド(=北海道のローカルTV番組)あたりで特集組んだら結構いけると思う。ひいては低迷するススキノ再生にだってつながる企画になると思う。S○V関係の方、見てたらぜひご検討を。ひとつ。けっこうマジ。

クリックすると元のサイズで表示します
☆J○Lホテル38階バーにて.夜景をバックにクマちゃん付オリジナルカクテル.夕張メロン味なの.意外に旨い.
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ