さあ,いっしょにサラダをつくろう

2004/12/13

■操縦桿は自分で握る  ▼娯楽に旅行に

 あぁ、今週はいやな予感がする。何の予感か。それはイライラしそうな予感だ。私の心理状態ボルテージを分けると以下のようになる。
              
            クサクサ
              |  
              |  ▲A
    ルンルン―――――――ムカムカ
              |
              |
            ノホホン


1)ルンルン:積極的に機嫌が良い状態.
2)ムカムカ:積極的に機嫌が悪い状態.
3)クサクサ:心がすさんでいる状態.
4)ノホホン:心にゆとりがある状態.


 で、今の私は▲Aの地点あたりにいる。「積極的にムカついている状態であり,心に余裕がなくすさみぎみ」な状態だ。この辺りにいる状態を一般的用語で表せば「イライラしている」ということになる。そうなのだ。もう率直に言えば「イライラしそうな予感」などではなく正真証明「イライライしている」のだ。

 私は基本的には、クサクサしているときや機嫌の悪いときは長文を描くのを避けるようにしている。特にBLOGの場合は、「読み手」が存在するので、記事投稿などは最も避けるべきだ。だが、特にムカムカに近い位置に自分がいる場合は、「避けるべき」であるにもかかわらず心情としては「書きたい」のでやっかいだ。

 うちが、クサクサ状態で長文を書くのを避ける理由は以下。
1)当たり前のようにグチになる
2)当たり前のように誰か(何か)を悪者にする
3)当たり前のように自分を正当化し擁護する
4)当たり前のように自己中心的な独壇場になる

要するに、かなり生産性のない独白(≒毒吐く)をところかまわずまきちらしてしまうのだ。

 このBLOGには3種類の読者が存在する。
1)実際の私を知る,実生活上の知人
2)WEB上のつながりではあるが,ある程度交流のある人
3)実生活でもWEB上でも交流はほぼないが,読んで下さっている人

私は、他人の利益や心情を考慮して自分自身の言動を自重する、いわゆる「できた人」ではない。「できた人」になりたいという欲求のみが存在するだけで、実際にはそのための不断の努力を実行しているかといえば、どちらかといえばしていない。何度かカミングアウト(=ちょいおおげさですね)しているが、私は非常に自分に甘い人間であり、また非常に幼稚な人間である。言い方を変えれば、耐性や自己完結性が薄い、のだ。

 私は基本的にセルフイメージが低めの人間ではあるが、それでも必要以上に自分を過小評価したり卑下したりということは比較的少ない。どちらかといえば、セルフイメージを上昇すべくあらゆる手段を使って自分に自信を持ったり、自分を好きになろうと務める方ではある。ただ、その”手段”の方向性がときどき間違った方向に向くことがあるのだ。

 グチはその間違った手段のうちのひとつだ。弱音を吐いたり、グチを言ったりすることにも何かしらの意味や有意性は存在するとは思う。グチや弱音を全く排除した生き方は少なくとも私にとっては現実的とは言えない。ただ、グチや弱音を「無思考に垂れ流す」ことは自分にとっても相手にとってもやはり害でしかないと、思う。

 ここまで書いてきて、ほんの少しではあるが、イライラは沈静化したように感じる。あー、今は、私にはゆとりがなく、”ある原因”によりムカムカした心情を持っているなーということを改めて把握できたからだ。以下、自分用メモ。
1)ゆとりがない
→即時解決は難しい.自分の持つ長期的計画を1つ1つ消化(=実行)することでしか解決できない.とにかく,今日の仕事をこなし,明日の仕事の準備を終わらせる.明日の仕事準備が終わってから,明後日の仕事準備にとりかかる.明後日の仕事の目処がついてから,○○○の○○○○を受けに行く日程を調整する(担当者に電話連絡,もしくは余裕があれば今日口頭確認)
2)”ある原因”によりイライラ
→相手と話し,こちらの要求を伝え,その理由を説明する.態度や姿勢に関しては,「あのときこうだったがあれはダメだ(=過去),いつもその態度が気になっていた(=一般化)」という表現は使わない.相手と話す中で気になる部分を発見したときその場で「その態度や姿勢は私に対して失礼にあたると感じる(=現在・事実)」と伝える.今後の○○が有意義なものになるための方策を協力して模索したいのだというこちらの気持ちを正直に率直に伝える.言葉は簡潔に.余計なことは言わない.
3)イライラの解消
→仕事準備を終えた後もイライラが持続するようであれば,友人に電話して話しを聞いてもらう.ちょっと奮発してケーキを買って帰る.遊びや飲みの約束をいれて,それを自分へのご褒美にして元気をだしがんばる.

ふぅ、読んでくださった皆さま、どうもありがとう!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ