さあ,いっしょにサラダをつくろう

2004/12/21

■実験5『隊長っ!体調』  ▼恋だの愛だの

今日はBLOGで実験。今回は『隊長っ!体調』だ。つまり、自分の体調が体調が悪いときから体調が万全のときに随時文章を書き、体調と心理状況及び文章能力との相関性を調べようという試みなのだ。ちなみにタイトルの「隊長」にはゴロ合わせ意外の意味はない。

 定番人気シリーズであるこの「実験」も今回ではや5回を迎えた。めでたい。今回はどんな実験かというと・・・。私はこれから体調が悪い状態で記事を書きます。ですので、そのうち適当な頃合を見計らって「更新」ボタンをおしてください。すると”体調が良くなった私の文章”が追加投稿されています。いつごろ「更新」ボタンを押せと?それはまさに生体内免疫ブログリンのみが知るところ。

はいはいはいはいっ,実験開始ー

−−−−−−−−−−−−第一段階−−−−−−−−−−−−−
12月 21日 14:24pm 「体調悪い」

 こんにちわ。17日から更新がなかったわけですが、理由は以下2点。
1)ドラクエ[で忙しかった
2)最近どうも(身体の)調子が悪い

ドラクエで徹夜しすぎということもあるのだろうが、いや、むしろそれが主たる原因だろうが、最近胃が痛い。あ、初めに断っておくが、「体調悪い」といっても別に通院+検査を必要とするような体調の悪さではない。いたって日常生活がちょいつらいなーくらいの体調の悪さだ。で、胃痛なのだが、私は強度のストレスに遭遇すると胃が痛くなる。ただ、これはとてもまれにしか起こらない。20歳すぎてから、ストレスで胃が痛い、なんて1年に1回起きるかおきないかだ。そして27歳の今、不眠や食欲不振にはよく遭遇するが、胃痛に遭遇したのは実に2年ぶりくらいだ。たぶん。

 胃痛のせいなのか、どうも具合が悪い(=吐き気がする)。しかもめずらしいことに頭もなんだか痛い、しかも何やら寒気が。・・・・ん?あり?もしやー!そうそう、ご名答。風邪をひいていた。普通に胃腸にくる風邪だったので胃が痛いのだった。なーんだ。てっきりドラクエ[で思うように宝箱が発見できないストレスによるのかと思ったよ。ホッ。

 人間、具合が悪いと、必然気持ちも暗くなる。なんだか思考も下向きになってくる。全般的に弱気になってくる。で、そういう気分のときに長文を書きたくない。そして、具合が悪い(=吐き気がする)のでパソコン画面をながめつつキーボード打ってると、さらに吐き気が増長される。まー、こんなわけで更新できなかった。でも、それではこの年末さみしいではないか。ということで、こうやってがんばって記事を投稿したのだ。えらいぞ、うち。よしよし。それにしても「実験」シリーズつくってよかった。

−−−−−−−−−−−−第二段階−−−−−−−−−−−−−
12月 22日 15:44pm 「熱は下がった」

 昨日、解熱剤と栄養ドリンクを飲んで、仕事が終わってからスープカレーを食いに行った。月曜日、3件も歩きで梯子して全部に振られた腹いせなだ。辛いものを食って栄養補給だ。旨かった。今朝、起きてから眼鏡がないことに気付いた。余談だが、私は通常眼鏡を愛用している。眼鏡が好きなのだ。周囲(特に男性)から「コンタクトの方がいい」という指摘を受けることが多々あり、調子にのってたまにコンタクトにする。しかしコンタクトをすると以下のような不具合が生じる。
1)目がかわく(車の運転に支障がある)
2)コンタクト装着のまま夜更かしすると目が痛い(夜遊びしずらい) 
3)調子こいてコンタクトで生活すると「やはり眼鏡の方がしっくりくる」という周囲の反応に遭遇する(おいっ,この間はコンタクトの方がいいと言ったろ!)
4)私は眼鏡が好き


 で、眼鏡がないのだ。どこを探してもない。しかも今、ワンデイ使いきりのコンタクトが切れている。車を運転しないといかんのに、困る。で、よーく考えると、昨日のカレー屋に眼鏡を忘れてきた気がする。ボーっとしてたからたぶんそうだと思う。今日は、別の眼鏡をして仕事に行くことになった。通常眼鏡とはデザインが大幅に変わるので、当たり前だが顔の印象も大幅に変わる。別に支障のない範囲のデザインなのでまあいい。それにしても具合の悪さと胃痛が治らない。がんばれ、がんばるんだ免疫グロブリン!

−−−−−−−−−−−−第三段階−−−−−−−−−−−−−
12月 23日 15:43pm 「体調は回復」

 体調は回復した。熱もないし、頭痛もおさまった。ただ、胃痛が治らん。たぶんきっとおそらく「嫌なことがあるから」に違いない。私は何でも「言葉」に変換した状態で物事を何とか理解して自分を落ち着かせたいタイプではあるのだが、ときどきすぐに上手いこと「言葉」に変換できないときがある。キャパ自体は狭い人間なので、すぐにテンパるのだが、そういうときは上手い「言葉」を見つけられずにモンモンとする。こういうときの対処方法としては以下が考えられる。
1)忍耐力でがまんする
2)自分の中で消化して自己完結するよう努力する
3)誰かに相談するorアドバイスをもらう
4)泣く


”世界の不条理”とやらに遭遇したときはもう「4)泣く」くらいしかないのだが、今回の場合は、明らかに解決可能(と思われる)事象が存在するのだ。ただ、その事象の「困った本質」をみごとに指摘して「言葉」に変換できない。ちなみに私は忍耐力がないので「1)がまんする」とかはちょっと現実的ではない。となると、「2)自分で消化努力」か「4)誰かに相談」が現実的なのだ。消化努力は忘れないようにしよう。これは自分向けメッセージ。消化努力を放棄すると、何をやったところで結局解決などできない。で、相談相手なのだが、「誰に」相談するかという人物特定作業がなかなか重要になってくる。人物選択を誤ると後からいろいろと大変だ。数うちゃあたる方式でいろんな人物にちょこちょこ相談というのも、私の場合だめだ。最適な人物1人だけに的をしぼって直球をなげるのが、私にとっての最善方法となる。

 で、この相談相手の特定をこの数日間やっていた。相談相手の特定のために、他の人にアドバイスを聞いたりと、なんだかそりゃ意味あるのかどうなのか自分でもわからなくなる行動パターンであった。で、とりあえず1人に特定した。いろいろい検討した結果、その人になった。「相談相手」の検討項目は以下。
1)自分と相手との間の信頼関係度
2)相手の忙しい度(キャパシティ)
3)相手の思考・分析能力
4)相手の持つ行動力
5)相談内容の事象に対する相手のもつ影響力


あとはまさに「託すのみ」だ。私はおみくじというのが嫌いで、そういうものに自分の運勢を「託す」気には全くならないのだが、誰かに相談事をしたときは、そこから先は相手の領域になるので「託す」しかないなーと思っている。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ