さあ,いっしょにサラダをつくろう

2005/2/8

■ホウキョウライフ<前編>  ▼こんな家族

 気付けば2月だよ。つわりが最近になりようやく落ち着いてきた。でも本調子ではないので、記事を細切れに投稿しようと思う。

 で、今日は何の話題かといえばバストアップの話題だ。日本語に訳せば豊胸だ(たぶん)。「君はいつの間に豊胸手術を受けたのかね」と思われた読者の皆さま、残念なことに私は豊胸手術は受けていない。まあ落ち着いて先を読んでくださいな。で、私は全体的にやや細身の体型をしている。ま、あくまで自評ですが。で、ここで大切なのは、「全体的に」というところだ。つまり全身くまなくやや細身なのだ。美しい表現を用いればややスレンダーバディ。悲しい表現を用いれば凹凸なし体型。ということになろう。ここで「スレンダーバディで凹凸ありの美人もこの世には存在するぞ」などとつっこまないでほしい。

 さあ、前置きが長くなったが、要するに私はバストがスリムだいうことが言いたいのだ。美しい表現を用いれば微乳。俗的な表現を用いれば貧乳。ということになるのか。余談だが、その昔「僕はビニュウ(=微乳)好きだから大丈夫」と言い放った彼氏がいた。「何が大丈夫なのだ」と思ったが彼なりの優しさだったのだろう。話は戻るが、まあ私は胸が小さい。「そんなことBLOGで書くとは変態め」などと思わず落ち着いて聞いて欲しい。どうどう。

 で、幸運なことに、私は胸が小さいからといって苦労したことやイヤな思いをしたことがない。全くといっていいほどない。いやいやありがたい。なので、私は今までこのかた「もっとオッパイ大きかったらいいのになー」と思ったことがほとんどない。今、「すね毛脱毛」と「5cm豊胸」どちらか選べるとしたら、迷わず「すね毛脱毛」を選ぶ。オッパイよりすね毛。「わき毛脱毛」と「豊胸」でも同じことだ。オッパイよりわき毛。さて、ここで「後編へ続く」とかいって記事が終わったら私は完璧に変態キャラとして定着してしまうので、がんばってもう少し続けたい。

 世の中には”胸の大きい女性”が存在する。さて、人間には「自分が体験しなければわからない事」が多々ある。そして、”大きいオッパイ”もそのひとつだ。胸の大きな女性がどんな心持なのかは、実際に胸が大きくならないと分からない。だから私には胸の大きい女性の気持ちがわからない。いや、わからなかった(=過去形)。パッと思いつく限り、”大きいオッパイ”のメリットはセックスアピールくらいしか思いつかないが、胸の大きい女性の大半は「私のオッパイ=セックスアピール」などと思いながら生活していないはずだ。でもまあ、事実としてオッパイは大きいわけだから、少なくとも私が経験したことのない思考回路がそこに存在しても不思議はない。こう考えると、「あー,オッパイが大きいってどんな気分なんだー!」という心情になる。隣の芝生は永遠に青い。悲しい人間のサガ。

 で、そんな私にめぐってきたのだ。”オッパイの大きい瞬間”が。あのね、妊娠すると大抵の女性は胸が大きくなるのだ。まあ母乳をあげなきゃならんので何かそういうホルモンがでるんだろう。そうなんだよ、K(=長女)を妊娠した頃オッパイがでかくなったんだよ。カップでいえば本当に2カップ分くらいはでかくなったよ。しかも短期間に。自分でもちょっと気持ち悪いくらいのデカくなり様だったよ。ね?いい話でしょ?なんかお徳感がある。ということで、後半はこの豊胸後の生活をお送りするよ。題して・・・

   sadkoの豊胸ライフ!(期間限定)

乞うご期待!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ