さあ,いっしょにサラダをつくろう

2005/5/29

■水筒記念日  ▼こんな家族

 今日はとても天気が良かった(最高気温21度)。CHUさんとママと私で円山動物園に行ってきた。お弁当と水筒と敷物を持って。

 実は、先日、保育園でKの遠足があった。お弁当は持たせたが、水筒はいらないものだと勘違いし持たせなかった。ところがなんと皆水筒持参だったのだ。Kは保育園では泣かなかった。先生の話によれば、「水筒なくてもへいきだもーん」という素振りだったのだとか。でも、その日、家に帰ると、夕飯を食べながら「・・・みんなスイトウあったのにKだけなかったの・・」とつぶやきながらポロポロ涙をこぼすK。ああ〜、保育園では強がってがまんしてたんだなー(ほんとこういうところって子どもはいじらしい)。そうとう悲しかったんだろうなーごめんねごめんねK。うちももらい泣きしそうになりながら、Kを抱っこしてゴメンネしか言えないうち。「朝,おとうさんもおかあさんもいらないって言ったもん」と泣きながら訴えるK。うん、そうなんだよね、いらないと思ったんだよ、ほんとにごめんね。保育園に電話して先生に電話口でKをなぐさめてもらう(先生どうもありがとう)。ちょっと落ち着いたKと一緒に公園へ。即興で作ったお弁当と水筒を持って。・・・夜7時の公園は暗いなーしかも寒いなー・・。一応敷物をひろげ、誰もいない公園にすわり水筒でお茶を飲む。でもさすがにKも寂しくなったのか「怖いから帰る」と。うんうん、じゃ、お茶飲んだから帰ろう、そして日曜日は一緒に遠足に行こう。

 ということがあったので、今日は動物園へ遠足に行ったのだ。Kの泣き顔にあまりにも心が痛んだので、今日のお弁当は気合をいれた。昨晩のうちに2時間も仕込みをした上に、今朝も2時間がかりで弁当づくり。エビフライ、ピーマン肉詰め、アスパラベーコン巻き、キンピラれんこん、から揚げ、サラダ、おにぎり、いちごにアメリカンチェリー。正直つくりすぎた。ピーマン肉詰めはいらなかった。冷凍ハンバーグ使えばよかった・・。つかれた・・。Kの胃袋のサイズを忘れてた、スモールサイズじゃんか。まあ、とにかく、ちょうどいい木陰を見つけてお昼ご飯。ものすごい嬉しそうに水筒でお茶を飲むK。よしよし、ピーマンの肉詰めも食えよー(結局ピーマンはエビフライに負け,Kには食べられずじまいだった)。

クリックすると元のサイズで表示します
☆木陰にはいると涼しいなあ.奥にはゾウさん,手前にはヤギとウサギのロケーション.

クリックすると元のサイズで表示します
☆すぐ脇でアヒルのヒナに餌をやっていた.かわゆい〜.クローバーの葉をちぎってあげてたよ.毛ポワポワだー.

 あ、そうそう、動物園とは全く関係ないけど、ついに『Xファイル』全9シーズンを見終わったよー。いや〜長かった。さすがに9年経つとスカリーも老けるなあー。次のシリーズものは何にしようか今検討中。『24』か『ダークエンジェル』か『バーナビー刑事』、どれにしようかな。結構『CSI:科学捜査班』も気になる。んー。
0

2005/5/25

■夢のタバコ  ▼娯楽に旅行に

 おはよう。朝起きて、ケンケンさんのところのBLOGをみたら、24日の記事は「タバコはやめません」だった。購入したてのすてきな携帯灰皿の写真がUPされていた。

 その記事をみて、昨日の夢でタバコを吸ったことを思い出した。吸い込んだ瞬間の”一休み感”といい、煙を吐き出すときに「うまいな〜」と思ったあのダラダラした感じといい、とてもリアルな夢だった。妊娠してから早くも半年以上が経つわけだが、その間に5・6回くらいタバコを吸う夢を見ている。そして大抵そういうときはストレスがたまっているときであり、夢の中でもイライラしながら火をつけて、投げやりに煙を吸入して、ため息とともに煙を吐き出す。しかし、今日の夢はそうではなく、友人達とイスに座ってのんびりしているときに一服する、まさに”一休み感”あふれるものだった。

 いつ3人目を妊娠するかもわからないし、今回の妊娠を期にタバコはやめようか、と思っている。だから、今後現実的にはもうタバコは吸わないかもしれない。だが、大げさな言い方かもしれないが、私は「充足感」とも「安堵感」ともいえるような、あの一服の瞬間に訪れる”一休み感”が好きだ。タバコをやめると、あの”一休み感”と同じものは得られなくなるので、それだけが寂しい。

 夢を思い出して、なんか得したなー、よかったなー、って思った。ありがとう、ケンケン。

クリックすると元のサイズで表示します
☆愛用のタバコ入れ.CHUさんのイタリア土産.革製.
0

2005/5/23

■ミニーの耳をつけよう  ▼娯楽に旅行に

 ただいま。整体からカムバックしてきました。ああ〜スッキリした。さすがA部先生っ。

 ところでディズニーランド話なんだが、「記事にするっつってももう時間も経ってるしな〜」と実はちょっとめんどうくさくなってきいた(←ズボラ)。しかーし、私のかわゆい後輩(になるのか?)yokoちゃんがコメント欄で「ネズミーランドのこと全く触れてませんね」などとのたまうので、しょうがないから写真をUPすることにした(←やる気なしおだな,おい)。

クリックすると元のサイズで表示します
☆ミニーちゃんの耳

 これ。うちが頭にくっつけたやつ。入場して一番先にこれを購入した。もちろん2つ。Kの頭にもくっつけた。ふふふふ。娘と一緒に耳つけてれば、「あー娘につきあってつけてあげてるんだーお母さん.ほほえましいなー」ということになるもんねー。子どもがいると何でもできるなあ。はっはっは。・・・って、Kはほとんどはずしてたけど。うちは午後12時の入場から夜8時半のパレードまでずーっとつけっぱなしだった。ということで、実際は1人で耳つけてた状態なのだった。でもディズニーランドだもんね。耳つけて”当たり前”の空間だもんね。うんうん。

 実は私は2年ほど前にディズニーシーに行ったことがある。友人の爽やか貴公子あおさんが無料券をくれたのだっ(天使だっ)。で、そのときもミニー耳を一番先に買いに行った。しかーし、シーにはミニー耳が売ってないのだよ、君っ!。何でもミニー耳は東京ディズニーランドにしか売ってないものなのだとかっ。おお、そんなこだわりが。ということで、シーでは仕方なくミッキーの耳をつけて歩いた。それがこれ↓

クリックすると元のサイズで表示します
☆ミッキーの耳

 で、今回、ようやく念願のミニー耳でディズニーランドを練り歩けたわけなのだ。えへー。いいでしょ。今回はCHUさんの妹ナーちゃんも一緒だった。なんとナーちゃんは千葉に住んでおり、ディズニーランドには何度も行ってるらしい。うらやましい。25歳のナーちゃんにも「一緒に耳をつけよう!!」と誘ってみたが、「いや・・恥ずかしい」とあっさり却下された。むむむむう。クールだな。じゃCHUさん。「一緒に耳つけようよ,ミッキーとかプーさんとかあったよ」って爽やかに誘ってみる。一応、ちょっと店で耳を試着するCHUさん。・・・・・ぷっ。一瞬の私の笑いを見逃さず即座に耳を却下するCHUさん。うーん、チップ&デールの耳がよくなかったな。似合いすぎた。

 アトラクション(=乗り物)にもいくつか乗った。まあKが乗れるものということで、ティーカップやメリーゴーランドなどの小物に乗ったり、ボートで人形の国を回ったり、船でジャングルを巡ったり、大きい観覧船に乗ったり、というのんびりコースであった。それにしてもよく歩いたなー。結局ランド内はなんとなく全体を見ることができた。いやー、なんていうか”徹底”してるなー。どこもかしこもキレイにしてあるしなー。途中でにわか雨が降ったのだが、雨が上がった瞬間にスタッフがベンチというベンチをくまなく拭いていた。おかげですぐにベンチに座れる。あと、空調がよかった。屋内のアトラクションだと、暑すぎたりカビ臭かったりして空気が淀んでいることがあるのだが、ディズニーランドは混んでるわりに空気の淀みが気にならない。そういうとこの徹底ぶりがすごい。”利用者の快適”が何かを把握し実施してくれている、という安心感が、客にミニーの耳を心おきなくつけさせているわけだ。なるほど(←全てがミニー耳につながる)。

 余談だが、アメリカのディズニーランドで働いていた知人に聞いたエピソードをひとつ。彼女は職場の同僚とドライブをしていてハイウェイをぶっとばし、スピード違反でPOLICEにつかまったことがある。職業をきかれたので、すかさず彼女達は満面のスマイルをぶちかましながら「ディズニィーラァーンドッ」と答えた。するとPOLICEのおっちゃんは「オウッなーるほど,そうかいそうかい.じゃーいいや,あばよ」とあっさり見逃してくれたのだとかっ。すげー、ディズニーパワー。彼女いわく、「アメリカでもディズニーっていうのは好印象だから,職員だということでいろいろと便利だった」とのこと。なーるほどねい。これぞディズニーマジック。やっぱりそんなディズニーリゾートに不透明な黒い疑惑が持ち上がったりすると寂しいですなー。

はー、また行きたいなー、ディズニーランド。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ