さあ,いっしょにサラダをつくろう

2005/6/30

■男のリアリティ?『電車男』  ▼映画がすき

クリックすると元のサイズで表示します

 先日、映画『電車男』を観て来た。結論からいうと私は好きな映画だった。おもしろかったしいい映画だった。で、私は観にいく映画を決めるとき、参考にする映画評論家のHPがある。前田有一の超映画批評。前田有一さんはいつも辛口批評なのだが、『電車男』はなかなか高得点だった。そして何よりレビュー記事の文章が気になった。「これこそが本物の恋であり、電車男が悩む姿こそ、世の中にありふれた真実のドラマである。こちらから引用)」。・・・お、おお、あの毒舌前田さんがそこまで言うとわっ(別に知り合いじゃないが)、そんなに心ゆすぶられる恋愛模様なんですかいっ。期待っ。

 ということで映画館へ。ほほーなんか上手く構成されてるなーおもろいおもろい、と思いつつ観ているうちにストーリーはクライマックスへ。・・・ジ〜ン・・・(ちょっと感動して泣きそうになる)。このとき、私は感動しつつも頭の片隅で「これが前田さん的には”本物の恋”であり”真実のドラマ”になるのか.ふう〜んなるほど.」などと考えていた。確かにご都合主義でお気楽な恋愛ドラマよりはよほどリアルだと思ったし、感動もした。でも正直、「そこまで言うほど”本物の恋”か〜?」とも思っていた。で、ふと気付くと一緒にいった友人(♂)が泣いていた。私は相当涙もろいほうなのだが、その私が「泣きそう」になっている場面で彼は「マジ泣き」していたのだ。そしてこの日は結構客席が混んでいたのだが、周囲も結構泣いている。たぶん女の子だけじゃなくて男の子も泣いていただろうな。・・・・。

 映画本編が終わってエンドロール。あり?ほとんど誰も席を立たない。『電車男』を観にいったのは普通の大きい映画館。ミニシアターだと「通」な客が多いのでエンドロールで席を立つ人は少ないのだが、こういうでかい映画館では普段はほとんどの客がエンドロールの最中で退席してく。なのに、この日はみんな最後までエンドロールを観ていく。へーみなさんそんなに『電車男』が気に入ったのね。

 映画館を出てブラブラ歩きながら「いやーいい映画だったー観てよかったー」と話していると、友人がこう言った。「あれはねー,オタクとかじゃなくても,男って何かに没頭したり熱中したりする時期があるんだよねー.そしてあるときああいうふうに気付くんだよー.あれは”男になる”っていうときのまさにその場面なんだよねー・・」(映画を観ればたぶんこの台詞は意味が通ります)。

 ・・・・おお、なるほどっ。
そうか。『電車男』は単なる”恋愛ドラマ”ではなく、”男の通る道”というか”男の一皮向ける瞬間”というかそういう描写が丁寧かつリアルなのかもしれない。となると、男性である前田氏があれほど「真実の・・っ」と力説していたのも納得がいく。私じゃなくて友人の方がマジ泣きしていたのもうなずける。そして、あまりにリアルな共感を覚えたために、エンドロールも席を立たない客が多かったのだなと理解できる。友人が力強くこう続けた。
あれは男にこそ共感できる男にこそ観てほしい映画だ」 
 
クリックすると元のサイズで表示します
☆本文とは全然関係ないけど,アサリとカブが安売りだったのでクラムチャウダー.反省1)コンソメを入れる必要はなかった.反省2)ベーコンは上等のものを使用するべき.
0

2005/6/29

■オッケーショー  ▼Beauty!

クリックすると元のサイズで表示します
☆(左から)化粧水,乳液,保湿クリーム,美容液,アイクリーム,パック

 化粧品てほんとーにたくさんの種類が出回っている。新しい商品が次から次へと出るし。そして値段は超ピンキリ。しかも高けりゃいいかというとそうでもなく。外国のブランド物の化粧品なんて「バカッ!?」ってくらいに高いけど、なんか成分が強いのか何か知らんが肌が負けて炎症を起こしたりする。かといって旅行先で仕方なくコンビニの安いやつを買ったりするとこれまた吹き出物がっ。お肌ツルツル友人の使ってるものが必ずしも自分の肌に合うとも限らず。まじで、自分にピッタリの化粧品との出会いは正に人生の宝。ほんと。大げさじゃなく。

 現在愛用しているのはロクシタンというところの基礎化粧品。今のところ相性はいい。このままぜひとも相思相愛でいってもらいたい。

 ところで、化粧品は高い。さっきピンキリといったが、やはりがかかっているだけにそれなりの値段のものを選ぶのはこれ女心の常である。私は色を顔に塗るメイク(=アイシャドーとか口紅とか)をほとんどしない。眉毛も地毛がフサフサしてるもんであんまり書かない。朝時間がないときはマスカラもしない。だもんで、普通の27歳女性よりは化粧品代が安くすんでいるはずである。それでも、それでも、なくなった化粧水を補充したり新商品を購入しちゃったりするたび「たけえ〜・・・出費が・・・」と思う。だからといってやはりがかかっているだけに、ここの費用はきりつめられない。長持ちさせるために週2回してたパックを月1回にケチるとかもできない。「したくない」んじゃない。「できない」の。

 いやーなんで化粧てするんだろ。ねえ?なんでだと思う?民俗学的にというか社会学的にというかジェンダーの観点からというかそういうあたりからいえば、「化粧」にはいろいろと意味づけがされてはいるんだろうな。んー、「無人島に1つだけ持っていけるなら何持って行きますか?」っていう質問があるけど、あれで「化粧品」て答える人なかなかいないだろうな。んー、じゃあ「無人島にスーツケース1個分持っていけるなら何入れますか?」だったらどうだろ。いるかな「化粧品」入れる人。微妙なラインだけど、やっぱりあんまりいないような気がするなあ。やはり「化粧」は「自己表現」の一種なのかね。表現する相手がいないと意味ないのかね。どうなんでしょ、先生(誰?)。

 そうそう、あと、「化粧」ってセックスアピールなのかね?以前、何かでビートたけしが女子アナについ「どんなに頭よさげな発言してても,”ていうかお前化粧してるだろ”ってアホくさくなる」みたいなことを言っていた。「化粧をしている=セックスアピールに気をつかっている」みたいな文脈だったと思う。ま、かなり昔の記憶なんで。うーん、どうなんでしょうか、sadkoさん。確かに男の子とおデートに行くときは念入りに化粧しますなあ。対して保育園のバザーに出かけるときなんかはかなり適当ですなあ。んー、でもそれだけで「化粧=セックスアピール」の図式を定式化するのはちょっと無理あるだろ。だいたい男うけの悪そうな化粧てけっこう流行ってるし。なんか妙に濃い頬紅つけたり、目の周りパンダみたく黒塗りしたり。どうなの?何のために化粧してんの?自己表現?原始的本能に基づく美の探究?マンハンティング?

 まーそんなこんなで、今日は新しく買ったパックをやってみます。どうなんでしょ。効果のほどは。ドキドキ。
0

2005/6/28

■チキンガンボA  ▼食べて飲んで

クリックすると元のサイズで表示します

 今日はK(3歳長女)が風邪をひいたので保育園をお休み。日中は熱がなかったので、天気がいいから公園へ行く。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

 それから六花亭へ。六花亭は帯広に本店のある北海道のお菓子屋さん。おいしくて価格も庶民的。そしてどの店舗もとてもステキな造りをしてる。外観も内装も。自然に調和するようなデザインで、光の取り込み方とか緑の配置とかがとても落ち着く。なんでも六花亭の社長さん自身が古書や美術品などの収集に興味があるのだとか。中札内に自社美術館まで持っている。で、大抵の六花亭は店の中に喫茶コーナーがある。ちゃんとした喫茶店つきの大きい店舗もあるが、私がよくいく小さい店舗には売り場の一角にテーブルと椅子が設置されている。そこで買った商品を食べられるのだが、けっこう落ち着ける空間なので重宝する。珈琲はセルフサービスで無料。そんなわけで、Kと105円のチーズプリン珈琲ゼリーを食べる。子連れで入れて2人で300円以内で済む喫茶店なんてなかなかないから、本当に嬉しいスポットである。しかも、六花亭の店員さんは皆感じがすごくいい。聞いたところによると、雰囲気や人柄が社員の採用に大きく影響するのだそうだ。うん、納得。
クリックすると元のサイズで表示します

 さて、前置きが長くなったが今日の夕飯はチキンガンボ。そう、第二段です。昨日作っておいたものを今日食べる。前回の反省を活かし、今回は野菜のみじん切りを丁寧にした。パプリカは皮に厚みがあり野菜臭さがなかなか消えないので、特に細かく切って火の通りをよくしたが正解であった。 

 さて反省点は・・・。
反省1)ディル
 今回味の決め手ともいえるハーブの生タイムが手に入らなかったので、かわりに生のディルを使用した。・・・失敗だった。サーモンの包み焼きなどでよく使うハーブだが、これは魚に合うハーブであって、チキンガンボにはNGだった。味にとても特徴があり、なんかガンボの調和を乱す。何といっても私の苦手な風味のハーブ。匂いをかいだときにイヤ〜な予感がしたが、「ものは試し」と入れてしまったのだった。もっと自分の嗅覚を信じるべきだった。
反省2)冷凍エビ
 前回は鶏胸肉を使用したが、今回のガンボは鶏ひき肉エビを使用した。エビは冷凍むきエビを500g使用。うーん風味とダシがあまり出ない、その上水気が多いためバター炒めの段階でベチョベチョになった。失敗。ケチらずきちんと丸ごとブラックタイガーを使用するべきだった。そうすればバターとワインで蒸して裏ごしした頭からダシも取れた。ガンボは景気良くいかなきゃダメだな・・。
クリックすると元のサイズで表示します
☆それにしてもやはりお洒落感にはとぼしいガンボ.なんで?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ